あって当然。嫁姑問題9 〜孫は”オモチャ”〜

孫に食べさせる生き物   じいじとばあばは、孫に食べ物を食べさせる生き物です。 いくら食べさせないように阻止しようとしても無理です。 だって、彼らだって食べさせるのに必死です。 それが彼らの …

冷えとり 冷えとりスタイルでスポーツ

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます❤❤   今回はスポーツの話題です。 さて、冷えとりをやっている皆様は、スポーツをするとき …

あって当然。嫁姑問題8 〜ママとばあばになっても……〜

赤ちゃんとの初対面でミスコミュケーション   音ちゃんが生まれたその日、”ばあば”となった母は、九州の病院のベッドに寝ていたという、まあ、なんともトホホなタイミングなのでありました。 このタ …

あって当然。嫁姑問題7 〜嫁の周りは敵ばかり〜

親は自分の子供に優劣をつけるし、贔屓する。   奥さんの主張はこうです。 「親が子供を贔屓(ひいき)するのは仕方ありません。うちの親にもありました。あんな父親でも,父は妹よりわたしをいつも贔 …

あって当然。嫁姑問題6 〜噛み合わない主張〜

親のありがたみ   脳腫瘍の術後、目が覚めた時、目の前には奥さんや両親、兄、義母が立っていました。 「あなたは誰ですか?」 「えっ?風宏です」 「じゃあ、これ、なんて書いてあるかわかりますか …

あって当然。嫁姑問題5 〜冷戦から開戦へ〜

冷戦期間   1999年、大晦日に「引越し事件」が起き、恐怖の大王(茜さん)が舞い降りて以降、嫁と舅姑の関係は、完全にギクシャクしたものになりました。 奥さんは、両親の前では普通に受け答えは …

あって当然。嫁姑問題4 〜冷戦〜

正確には、”嫁姑舅問題”   父は、本当に奥さんのことを”娘のように感じよう”と、してくれていたのだと思います。 父の言葉の端々から、奥さんに対する気遣いというか、そういうものは感じられまし …

あって当たり前。嫁姑問題3 〜迷バイプレイヤー〜

男兄弟で育った彼の兄と、女姉妹で育った彼女   さてさて、今回は「バイプレイヤー」について語っていきたいと思います。 わたしは、兄と二人兄弟です。 奥さんは、妹と二人姉妹です。 てことは、 …

あって当たり前。嫁姑問題2 〜姑のトラップ〜

真実は、見えないほうがいい   「嫁と姑は仲が良い」 そんな現実が、果たしてこの世の中にあるのだろうか? う〜ん。わたしは正直、そんな現実を見たことがない。 そもそも、他人にはわかりません。 …

あって当たり前。嫁姑問題1 〜あてにならない夫に息子〜

2015/10/10   -嫁姑問題
 ,

ファーストインプレッション   知人女性・静子さん(仮名前)の話です。 29歳OL。彼氏と結婚を前提とした同棲を始めたばかり。 先日、初めて彼氏の母親と兄の4人で食事をしたときの話です。 つ …

できない女のスパイラル 〜転職できない女〜まとめ 目的と目標を明確にするだけで転職できます!

転職は、ゴールではありません。   転職したいあなた、目的は転職ですか? ちょっと、質問を変えて、 結婚したいあなた、目的は結婚ですか? 家を欲しいと思っているあなた、目的は家を買うことです …

できない女のスパイラル 〜転職できない女〜3 できる女、風茜さんの場合2

乗り越えられない壁はない   「だって、その証拠にみんな生きてるでしょう。生きているということは、壁を乗り越えてきたということ。あなただって壁(脳腫瘍)を乗り越えたからこうやって生きてるじゃ …

できない女のスパイラル 〜転職できない女〜2 できる女、風茜さんの場合1

転職したくてしているわけではない   奥さんは、今まで、転職を1回、2回、3回………。数えるのが面倒臭くなるほどしてきました。 そのうち、社員採用が新卒1回、中途が4回。契約や派遣採用が4回 …

できない女のスパイラル 〜転職できない女〜1 「転職は、とても簡単!」

我慢をし続ければ、いずれ爆発する   「今までお世話になった会社を裏切るようなことはできない」 「今日まで勤めた会社にまだ恩を返してない」 これが、かつてのわたしの転職できない理由でした。 …

冷えとり 仲間になるとき4

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつも、たくさんのブログの中からご訪問いただき、感謝しております❤ これからも引き続きよろしくお願いいたします。   さて、前回までのお話 …

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと9日です。

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須