風茜の冷えとり本
冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み45「お風呂に長く入れない」

冷えとり100の声45
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。
今日のお悩みは、「長くお風呂に入れない」というお悩みについてです。
冷えとり100の声は無料メールマガジンにて、毎回詳しくお伝えしています。

お悩み45/100 お風呂に長く入れない

→熱くて入れない場合は、湯の温度を自分の体温プラス
3~4°Cにする。
それでも熱い場合は、風呂のドアを開けて露天風呂状態に。
頭が冷えると長く入れます

――――――――――――――――――――――――――

冷えとりでは24時間体を温めるのに、
半身浴を一番におすすめしています。

ぬるま湯で20分から60分できれば
よいのですが...

お風呂に長く入ることができない
20分もできない
と悩み方も多いのです。

考えられる原因は、
お湯の温度が熱すぎること。

お湯の温度はどのくらいですか?
温度は自分の体温にプラス3〜4℃です。

私の体温は36.7℃なので、お湯の温度は、
39〜41℃くらいがベストです。

お湯の温度は熱い方が好きという方は、
明らかに冷えすぎています。
ベストな温度でないと長くつかることはできません。

そして、
頭が暑くなければ、長湯できるんです。

露天風呂は、頭は外気に触れて涼しいので、
熱々の温泉につかっても大丈夫なのは、
そういうわけです。

もし可能であれば、お風呂のドアを開けて、
入浴すると長湯できますよ。

あるいは、冷たいシャワーを頭に浴びると、
長く入れます。
湯船に浸かったまま、頭だけ出して、
冷水シャワーを頭にかければ、
体に水がかからないので冷たく感じません。

冷えとりで半身浴タイムを長くすることを
勧める理由は、長く入ることで体の芯まで
温めるためなんです。

お魚を焼くときに、強火で焼くと
中は生焼けになることがありますが、
弱火でゆっくり時間をかけて焼くと
しっかり火が通りますよね。

半身浴の効果もそういう理由から、

適切な温度で長くじっくり入る

ことをお勧めしているのです。

また、別の理由でお風呂に長く入れないという
お悩みもあります。

それは、家族が多くて
お風呂の占有時間を短くしなければならない
というような理由です。

半身浴できないから、
冷えが取れないという
お悩みの方は、ぜひ足湯をしてみてください。

足湯をすることで、

  • 足先が温まる
  • 足の間から毒が出て行く

という半身浴の効果を得ることが
できるんです。

半身浴に関する記事は、こちらの記事もご覧下さいね。

半身浴を長くできない人への提案は体温+2〜3℃で長時間可能に!

冷えとりで大切!おすすめ半身浴の入浴剤と過ごし方

初めて冷えとりをする人に向けて&家族に不評の半身浴対策に簡単に作れる足温器を|冷えとりおはなし会2-3

次回は
「46/100 冷えとりをきっちりやれない」です。

冷えとりを始めたからには、しっかりやりたい!
でも、きっちりしっかりやるのは難しい…
そして、挫折しちゃう...

そんなお悩みを抱える方に
どうしたらいいかについてはこちらをご覧ください。

冷えとり100の声46
【冷えとり100の声】お悩み46「冷えとりをきっちりやれない」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。 今日のお悩みは、「冷えとりをきっちりやれない」というお悩みについてです。 冷えとり100の声は無料メールマガジンにて、毎回詳しくお伝えしています。...

******************************************冷えとり100の声はメルマガで詳しく解説しています。

毎週月曜日配信のメルマガで詳しくお話ししています。

メルマガご登録読者の方にお悩み目録をプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎週月曜日21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は255人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本