冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み54「我流(心配)をやめて、学ぼう」

hietori100voice54
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をご紹介しています。

今日のお悩みは、「我流(心配)をやめて、学ぼう」です。

お悩み54/100 「我流(心配)」

→生き方、生活習慣には個人差があります。
冷えとり勉強会に参加してみると
他の人の冷えとりがわかり安心します。

――――――――――――――――――――――――――

冷えとりをしていると、
めんげんが現れます。

冷えとり歴も長くなると、めんげんが起きたときに

毒が出た!

と喜べるようになるのですが、

冷えとり歴が浅いときには、

健康になろうとして始めた冷えとりで
逆に体調を崩すなんて!

と悲観的な気持ちになることもありました。

そんなときは、ぜひ他の人の冷えとりの状況を
知ることも大切です。

私も冷えとり勉強会に出たことがありますが、
自分のやり方が間違っていたことに気づき、
訂正することができました。

冷えとり歴の長い先輩の体験談を聞いて、
今起こっているめんげんは、やがてこんなふうに
なって行くのだという安心感も得られることが
できたのです。

一人でくよくよ悩んでいるのであれば、
ぜひ冷えとりの勉強会やお話会に参加してみては
いかがでしょう?

都内では冷えとりショップ繭結さんが不定期で
冷えとりお話会を開催されています。

冷えとりショップ繭結開催の冷えとりおはなし会1冷えとりをやっていて、行き詰まった時はどうされていますか? 進藤先生の著書を読んだり、 冷えとり関係のネットに質問してみたり... そんなある日、冷えとりショップ繭結さんからお葉書をいただき、冷えとりおはなし会に参加してみることになりました。...

冷えとりアドバイザーの進藤幸恵さんの勉強会も
開催されています。

進藤幸恵さんの冷えとり勉強会に行ってみました♡冷えとりをしていると、毒出しが起こりめんげんがでてきます。初めて起こることに不安もいっぱい。そんなときは、うじうじ悩んでいないで冷えとり交流会に参加してみませんか?進藤幸恵さんの冷えとり交流会レポです。...

遠方で参加が難しいという方には、
私が開催している冷えとり茶話会や、
個別コンサルもございます。

個別コンサルは、ひと月メールで質問したい放題サービスもついていて、
フィードバックがよいというお客様からも評判がよいです。

お客様の声

冷えとりでは、
「取り入れ、めぐらせ、捨てる」が基本。

物事が停滞したら、今までのやり方を変えてみたり、
新しいことを取り入れてみることも大切です。

次回は、冷えとりは、
グッズを買わないとできないのか?
または買わされないか?
についてお伝えいたします。

冷えとりってあの靴下をたくさん履くやつでしょ?
グッズとか、靴下を揃えないとできないんじゃないの?
そんな心配についてはこちらをご覧くださいませ。

冷えとり100の声55
【冷えとり100の声】お悩み55「冷えとりグッズを買わないとできないか?」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をご紹介しています。 今日のお悩みは、「冷えとりグッズを買わないとできないか?または買わされないか?」についてです。...

******************************************

メルマガご登録読者の方に冷えとり100の声お悩み目録をプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

風茜の冷えとりメールマガジン
冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎月ゾロ目の日の21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は355人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴14年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本