夏の毒だし(心臓)

冷えとり 夏の毒だしが始まりました!

投稿日:2018年5月7日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき本当にありがとうございます。

912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_s

2018年の土用の毒だし(4月17日から5月4日まで)の18日間が終わり、5月5日の立夏から暦の上では夏となりました。

夏前の土用の毒だしにつきましては、

冷えとり 2018年・土用の毒出し(夏前)1

冷えとり 夏前土用の毒出し(2018)☆2風家の例

冷えとり 夏前土用の毒出し(2018)☆3風家の例・後半」をご覧くださいませ。

夏には夏の毒だしがあります。

夏は、心臓の毒だしの季節です

暦の上では5月5日の立夏で夏となりました。

春には肝臓、夏には心臓、秋には肺、冬には腎臓の毒出しがあります。

季節は、旧暦に従って、立春、立夏、立秋、立冬で季節が分かれます。

この旧暦に従って、症状も現れます。人も自然の一員なんですね。

そしてこの季節が切り替わる前に、各20日間の土用の毒出し期間があり、ここでは消化器の毒出しが行われます。

一つの臓器の毒出しは1年に一度ですが、消化器の毒出しは驚くことに年に4回もあります。

いかに私たちが食べ過ぎているかわかりますね。

2b3c4d9f829f4de9db755d30f66da0c1_s

昔はキンキンに冷えたビールが喉を通ると美味しい!って思いました。

 

夏は心臓の季節で、心臓の毒出しによって、心臓の病気を治そうとします。

この毒は汗となって出てきます。

暑いからといって、汗をかかないで冷房の部屋で過ごすと、秋になって辛い思いをしますので、汗をかくことをためらわないようにしたいものです。

汗は表面の毒を出しますね!(吐くのは中ほどの毒、下痢は奥の毒を出します)

現代は心臓の病気が増えたのも、冷房のおかげで夏に汗をかかなくても済む環境になったからなのでしょう。

そして、暑いからといって靴下を脱いで素足で過ごすのも、冷えを作る原因です。足元が冷えるから、血液が足先に行くことができず、頭に上って冷えのぼせになり、暑さをさらに感じるようになりますので、靴下を履くのは大切なことです。

そして、お風呂の暑いからといってシャワーだけで済ますのもよくありません。

しっかり半身浴をしないと後で苦しみます。

うちの家族は真夏でも半身浴は欠かしません。

心臓が悪いとその毒を出そうとリウマチ、高血圧、結石などで毒出しをします。

夏は食欲が落ち、夏バテになるため、土用の丑の日で栄養をとるためにうなぎを食べる習慣もありますが、現代では食べ過ぎの傾向がありますし、冷房で食欲が落ちることはないのであえて食べる必要はないと私は思っています。

丑の日には、うなぎではなく、「う」のつくものを食べても大丈夫なので、私は「卯の花」「梅干し」で対処していますよ。

この食欲が落ちている時にあえて食べる必要はないです。

食べないと免疫力が働くので、心臓の毒出しが進み、秋も体調良く過ごすことができるのです。

夏には、そうめん、冷麦、麦茶など麦でできたものを食べる機会も多いですが、麦は肝臓にいい食品です。

IMG_0523

五臓の相関図

 

肝臓は心臓の親に当たりますので、心臓の毒を引き受けてくれる肝臓が良く働けるようになりますから、積極的に摂りたいものです。

(麦がいいからといって、ビールやウイスキーなどのアルコールは体を冷やしますからNGです!)

夏の野菜は体を冷やしてくれる食べ物ですから、暑ければ冷房に頼らず、そういうものを食べる工夫もしたいものです。

でも食べすぎると体を冷やしますので、ほどほどにしなければなりません。

また、最近夏によく言われるのが熱中症。

その予防のために水をたくさん飲むことを奨励されていますが、水の飲み過ぎで腎臓が冷えてしまいますので、飲み過ぎには注意して、水分を飲むときはワインを飲むときのように、口に含ませ、ちびちび飲むことをお勧めすると柳沢さんは教えてくれました。

実際、水をがぶがぶ飲むと、7月半ばくらいに体の節々が痛くなるそうです。

その痛みは水を飲むのをやめると、痛みが止まるとのこと。

体は本当に面白いです。

そして、不調はだいたい治るまで時間がかかります。

その人の毒のため方と免疫力が違うので、一概にこのくらいと言えないのかもしれませんね。

例えば、前立腺が悪く、耳が聞こえなくなった人が靴下6枚で半年で補聴器が取れ、治ったと思ってやめると元どおりになってしまったこともあるそうです。

冷えとりは病気を治すのではなく、間違った生活を治していくと考えると良いとお話ししてくれました。

冷えとりは体治しではないのです。

間違った生活を治す=間違った生き方を治す

全くその通りです。

だって、間違った生活のせいで病気になったのですから、その元を治さなければまた元どおりというのは納得いきます。

とは言っても、できない〜!と言ってしまうのが人間です。

無理せず、気にかけながら冷えをとるのも、長く続けられるコツです。

 

冷えとり 夏の毒出しのポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

夏の水の飲み過ぎは良くないとのことで、だったら温かくして飲めばいいのでしょうか?

温かくしても、大量飲めば腎臓に負担はかかるとのこと。

ただし、温かければがぶがぶ飲むことはできず、ワイン飲みはできるので、そちらの方がいいでしょう。

夏に糖分を摂りすぎると秋に影響がありますので、くれぐれもジュースやソフトドリンクの飲み過ぎには気をつけたいものですね。

麦茶は1年を通して冷えとりにはよい食材です。

緑茶も毒を消してくれますから、積極的にとりいれたいですね。

 

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-夏の毒だし(心臓)
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと34日です。