インテリア衣食住のあれこれ

いよいよ本書き!逆算手帳心の冷えとり☆2019年のライフ&10年&1年逆算シートが完成

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

私は昨年会社員を辞めて、これからの人生をどうしようかと思い悩んでいる時にFACEBOOKで知り合った逆算手帳認定講師の菊川美紀さん(関西在住)から勧められて、東京の講座を受けました。その1年の私の伸び代はものすごかったんです!←自画自賛!!!

逆算手帳は、冷えとりとは関係ないじゃないの〜という声も聞こえてきそうですが、私の心の冷えとりにとても役に立ちました。
今日のブログは、逆算手帳ユーザーや、逆算手帳をこれから始めてみようと思う方に向けて、実際にどのように逆算手帳を作っていったのかをお届けします。

ようやく来た!Plan逆算シートの本書き

逆算手帳は、vision→plan→action→reviewという4つの部分に分かれています。

Visionをようやく完成して、次はPlanの部分へ。

まずはwishlistを完成させ、

いよいよ本書き!逆算手帳|心を温かくする2019年のMy wish listが完成私は昨年会社員を辞めて、これからの人生をどうしようかと思い悩んでいる時にFACEBOOKで知り合った逆算手帳認定講師の菊川美紀さんから勧められて、逆算手帳を始めました。 今日のブログは、逆算手帳ユーザーや、これから始めてみようと思う方に向けて、お届けします。...

ライフヴィジョンを完成させ、

いよいよ本書き!逆算手帳2019年のLife Visionが完成♡画像はWordで簡単に加工逆算手帳は、冷えとりとは関係ないじゃないの〜という声も聞こえてきそうですが、私の心の冷えとりにとても役に立ちました。 今日のブログは、逆算手帳ユーザーや、逆算手帳をこれから始めてみようと思う方に向けて、実際にどのように逆算手帳を作っていったのかについてお届けします。...

デイリーヴィジョンを完成させ、

冷えとり的1日は変わっているけれど充実!私の24時間は逆算手帳デイリーヴィジョンで!先日、Zoom de冷えとり茶話会を開催しましたら、茜の冷えとりの1日を教えて欲しいというリクエストがありました。 冷えとり歴が11年になると、私が普通に思っていることがちょっと変わったことが多かったようです。それがとても面白く、アイディアがあれば取り入れたいという参加者の方からのご提案でした。自分では普通だと思っているけれど、変わっているのかな〜???そんな私の冷えとり24時間を逆算手帳ともにお知らせします。...

ついにPlanへ。
Planはライフヴィジョンがベースになっています。
それをベースに思いつくままに下書きをしてみました。

まずはライフ逆算から。
人生の大きなプランを考えてみました。

まずは下書きからです。

次に10年間を考えてみました。

この10年間を書くと、自分の時間をはっきりと自覚することができます。
10年後には私も60代に突入です。

茜
そう思うと、くよくよとつまらないことに時間を費やしている場合ではないな〜

そして、この10年後になりたい姿をベースに2019年のプランを考えます。

今回の私の柱は、

  • 仕事とお金
  • 自分お姫様プロジェクト
  • 母の楽しみ

という3つの柱に決定しました。

今年は私生活を充実しすぎて、仕事が思うようにならなかったので来年は仕事に重きをおくことにしました!

ライフ逆算

生きているうちに実現したいことを書いて、10年、そしてそのためにはこの1年をどう過ごすかを3つの柱をもとに考えた結果、こんなイメージになりました。

茜
1年以内にしたいことにブログコンサル勉強会に継続的に参加すると書きましたが、それがなんと2019年が始まる前にスタートしました!

10年逆算

ライフ逆算から10年の計画を立てました。私も10歳の年をとるわけですが、子供も成人するわけです。

茜
なんだか10年先が楽しみ♡

1年逆算

そして、10年逆算から2019年のプランを立てて行こうとした時に、仕事とお金のプランでまだどちらの方向へ進むかの悩みが出てきて、書けなくなりました。
そこで、今年逆算手帳の講座に通った先生に相談しました。

茜
2つの方向を悩んでいて、まだどちらかに決められず、どうしたらいいのか悩み中です。でも、これが書けないと、Actionの1year Goalや15ヶ月ガントチャートに進めない。どうしたら?

逆算手帳講師
逆算手帳講師
茜さんは12月まで待って、その後、お金と仕事の方針が定まってから、その部分を書いてもいいと思いますよ!

というわけで、仕事とお金の部分が空白のままで進むことになったのです。

というわけで、2019年の大体のプランが決まりました。
この1年でやらないよりは失敗してもやることで、何らかの成果を出せることを学んだ私は、100パーセントでなくても大丈夫というだいぶフレキシブルな人間にも転身したのです。

これは心の冷えとりにとても効果がありました。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

逆算手帳記事の続きはこちらもどうぞ!

来年の手帳はどれがいい?手帳ジプシーの私がリピートするほど逆算手帳がおすすめの理由今年もあとわずかとなりました。毎年、手帳コーナーで悩んで、手帳をいろいろ試してみましたが、そんな手帳ジプシーだった私が逆算手帳を2年続けて使うことに決めました。 逆算手帳は高い!そんなに書き込めない!続けられない! そんな方もいるようですが、手帳ジプシーをしてきた私が逆算手帳を続行しようと決めたのには、こんな理由があるんです。...

まとめ

逆算手帳は人によって、目的や進行も違うので、12月までに必ず来年の予定を決めなくても、随時変更が可能。

仕事でもそうですが、うまく進んでいなかったり、変更せざるを得ない状況になれば臨機応変さは大切。

冷えとりと同じですが、こうでなければならないと思い込まないことも必要。

逆算手帳は、手帳にしてはお値段は高いですが、それ以上の効果が私にはありました。

書き方や他の人の手帳のやり方などはこちらを参考にすると良いです。

風茜の提供するサービス