風茜の冷えとり本
女性の冷えとり(風茜)

手作りの逆算手帳3年目!バージョンアップのデイリーヴィジョン活用

SPONSORED LINK

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜(Pinterest@hietorimama/)です。

私は3年前より、逆算手帳を使っています。

会社員をやめて、これからどうしたらいいのかと思い悩んでいた時に、認定講師だった友人に勧められて、逆算手帳を知りました。

逆算手帳は自分の夢をかなえるために、時間を逆算してプロジェクトをたてます。

わくわくとともに...

ライフヴィジョンは、将来、10年、1年と細かく考えていきます。

その中で24時間という1日をどんなふうにわくわく過ごせばいいのか?

今日の記事は、毎日ハッピーに暮らしたい人や、逆算手帳ユーザーでデイリービジョンを作成する人に参考になる記事です。

逆算手帳デイリービジョン

私がうまく24時間を使えるようになったのは、逆算手帳という手帳のおかげです。

2018年から使い始め、来年で3年目になります。

この手帳の中にデイリーヴィジョンという理想の1日のタイムスケジュールの平日と休日を書く欄があります。

それに沿って、スケジュールを書いてみました。

デイリービジョンとは、こんな感じのものです。

逆算手帳デイリービジョン

逆算手帳2年目のデイリービジョン

平日のデイリービジョン

2年目はかなりすごい理想だったので、現実とのギャップがすごかったです。

 

休日のデイリービジョン

基本的に私はズボラな人間なので、計画通りにスケジュールをこなすのがあまり好きではありません。

だから、休日は自由にやりたい!

理想も現実も一緒にしてしまいました。

逆算手帳2年目の私の理想の休日は、起きてから決める!という出たとこ勝負にしてみました!

スケジュールに管理されていると、たまに苦しくなってくるときもありますので、こんな休日も私には必要です。

逆算手帳3年目のデイリービジョン

3年目の平日のデイリービジョン

3年目になって、理想と現実が近づいてきたように思います。

逆算手帳

休日のデイリービジョン

3年目は2年目からさらにバージョンアップして、イメージを中心に言葉を少なくシンプルにしました。

逆算手帳デイリービジョン

実は、シンプルになるのはいいことなんです。

逆算手帳考案者のコボリジュンコさんから教えていただきました。(逆算手帳を使うと入れるFBのグループ「逆算手帳でビジョンを実現!」投稿より)

コボリジュンココメント
茜
休日のデイリーはとても気に入っています。

逆算手帳3年目にむけて

できあがりのデイリーはこうなりました。

逆算手帳

この逆算手帳を使うようになってから、次々といろいろなことが実現できるようになりました。

最初は4,000円もするし、使いこなせるか心配でしたが、なんとなく感覚がつかめてきました。

いろいろなことが大きく変わり始め、4,000円で人生が良くなるならお得だなと思います。

逆算手帳に興味がある方は、こちらをどうぞ!

逆算手帳公式ページ

他にも手作りの逆算手帳作成した記事は、こちらです。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

自分の24時間をうまく使うために逆算手帳がおすすめです。

理想と現実を比較すると、改善点がわかります←これは本当。

デイリービジョンには事柄を書くのではなく、わくわくした気持ちを書くと良いです。
ex)起床→娘ちゃんの優しく起こされて、爽やかに目覚める

スケジュールをうまく管理して生活すると、豊かなライフスタイルが送れます!

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本