親子の冷えとり 育児

冷えとり 子供とのつながり

投稿日:2017年3月26日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問頂きまして誠にありがとうございます。

 

 

このブログを読んでくださる方は、家族がいたり、一人暮らしであったりなど、いろいろな人生を送る方がおられることと思います。

どんな人でも、親がいたからこそ、子供として、生まれてきたということは皆同じです。

今、子供を持っていない方もいずれは子供がやってくるかもしれませんし、子供を得る機会がなかったとしても、その方も誰かの子供です。

今回のブログは、親と子供の不思議なつながりを冷えとりから探っていきたいと思います。

どうぞ、おつきあいくださいませ。

 

親との関係

恥ずかしながら、私は自分の親とはあまり関係がよくありません。

簡単にいうと、両親が仲が悪く、母からいつも父の悪口を聞かされて育ってきました。

父は、家庭を顧みず給与の半分をお酒に使ってしまい、家はいつもお金に困っていました。

おまけに酒に酔うとDVなどもありました。

そのために、今でも大きな声で怒鳴られたりすることがあると、異常なくらい萎縮してしまいます。

(怒鳴られることが異常に怖いので、もしかしたら腎臓が悪いのかもしれません。怖がりと腎臓は関係があります。)

一緒に暮らすことがなくなっても、ここまでの爪痕が私にも残ってしまいました。

それほど親の子供に対する影響は大きいものです。

そんな私は、子供を持つのをとても恐れていました。

どう接して良いのかわかりませんでした。

それでも子供は成長するのを待ってくれないので、なんとかここまでやってくるしかありませんでした。

おまけに子供は生後8ヶ月の頃からアトピーを発症し、自分のせいではないかと自分を責めたりしました。

(*アトピーのことに関しましては、以前のブログ「冷えとり 子供アトピー 」シリーズと「子供がアトピーになった!〜闘うアトピー 」シリーズをご覧くださいませ。)

現在、子供は脱ステロイドを始めて、約1年半経過しています。

ステロイドなどの薬をやめる前は、アトピーの症状に一喜一憂していました。

冬になると、乾燥のためにアトピーは悪化し、夏になると、湿気が出てきてよくなるというのがうちの子供の症状の特徴でした。

それから、ストレスがあるとよくかいたものです。

この行為は、皮膚科の先生によると、カーミングシグナルと言って、落ち着くためにアトピーの人がよくやるものだと教えられ、かき癖がつくといけないからなるべくかかせないように、抗アレルギー剤を飲むことを勧められました。

子供が赤ちゃんの頃は、冷えとりも知りませんでしたし、医者の言うことに間違いはないだろうと思っていましたので、とにかくかかせてはいけないと必死でした。

それでも、子供や赤ちゃんは手加減を知りませんので、痒いと思い切り、皮膚をかいてしまい、朝起きると顔が血まみれになっているということもありました。

その対策のために、手袋をはめて寝かせたり、手を押さえつけながら寝たりしたこともあります。(自分自身がそのためいつも寝不足でした)

それでも、子供はかくことはやめませんでした。

これは、冷えとりをやっている今でしたら、子供は毒出す力が強いので、皮膚をかいて毒の出口を広げて、毒を出そうとしているとわかります。

でも当時の私は、なんでかいてしまうの?と、異常なくらい気にしてしまい、かかせないようにすることに必死でした。

外に子供を連れて行くと、他人に「あら、この赤ちゃん、かわいそうに。アトピーなの? ちゃんとお母さんに薬を塗ってもらってる?」など言われたりすると、ますます自分を責めて落ち込みました。

そして、いつしか子供の健康よりも、他人にダメなお母さんと見られているのではないかと本末転倒な考えを持つようになってしまったのです。

この時は、そんな母親の私の気持ちを察し、うちの子供のアトピーの症状もマックスでした。

 

アトピーのひどい頃の子供

 

私は自分の子供の健康よりも、他人に自分がどう思われるか(ダメなお母さんではないかと思われること)の方に重きを置いていたのですね。

これは、冷えとりでは、自分本位です。

あの時は、もっと他人本位にならなければいけなかったと今ならわかります。

皮膚は、排毒をつかさどる肺や大腸と同じくくりにあります。

もともと生まれながら持っている毒に加えて、赤ちゃんの頃からステロイドや抗アレルギー剤を使っていたので、肝臓の毒が皮膚から出ようとしていたのでしょう。

(肝臓は体に入ってくる毒を分解して排出するところです。また、経皮毒と言って、皮膚から入ってくる毒もありますが、それは全てを出すことができません。口から入ってくる毒はほとんど出せます。そのため、紙おむつなどを使っていた子供は、薬に加えて、経皮毒もたくさんあったのだと思います。)

アトピーは体の強い毒を出す症状です。

妊娠・出産&子育て お母さんのための冷えとり術』(進藤義晴 進藤幸恵著)によれば、

特に肺と肝臓の、がんになりやすい毒を排出します。

と、ありますから、出してしまったほうがいいのです。

(うちの子供の場合は、それを薬で止めてしまったので、皮膚から出ようとする毒が肺に戻って言ってしまい、恐ろしい喘息を引き起こしました)楽天本

現在、子供は冷えとり歴9年生ですが、靴下は6枚の重ねばき、絹のスパッツ、就寝時には湯たんぽ、半身浴30分を行なっています。

冷えとりを始めて、4年目くらいに完全に喘息の症状は出なくなりました。

その代わり、肌の状態は本当にひどくなりました。

肺から直接毒を出すのではなく、皮膚から毒を出そうとしていたのだと思います。

冷えとり6年にかかる頃に脱ステロイドを始め、一時的にひどくなったりしましたが、くじけそうになると冷えとりおはなし会に参加して、励ましてもらったり、他の人の体験を聞いたりして、子供には大丈夫と言えるように少しずつ私も成長しました。

すると、子供のひどい症状も気がつくときれいになってくることに気がついたのです。

冷えとりおはなし会や繭結さんのスタッフの方に、「大丈夫」と言い続けると良いと教わり、半信半疑でやってみましたが、本当にそのように心がけていると症状が改善してくることがわかり、本当に本当だったんだなと思います。

子供は親の態度を敏感に感じ取り、親が不安だと子供も不安になってしまうものなのです。

親と子は、本当に深い関係があるのですね。

冷えとりでも、五臓六腑の親子関係などがあります)

私も冷えとりを始めて、もうすぐで11年になりますが、冷えとりをする前に比べれば、だいぶ心も安定してきました。

以前に比べれば、自分の頭で物事を考えれるように少しはなってきたのではないでしょうか・・・

親が安定すると、子供も安定します。

10年間、抗アレルギー剤を飲ませ、ステロイドもぬってきたので、早く良くなることは難しいですが、少しづつ子供のアトピーも回復の兆しを見せています。

もしかしたら、自分本位に早く治したいという気持ちを手放し、長い目でゆったりと構えて、取り組んでいきたいと考えを変えたのが良かったのかもしれません。

現在、脱ステロイドを始めて、2年半になりましたが、これからも子供の脱ステロイドの経過をご報告できればと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

冷えとり 子供とのつながりのポイント

子供のアトピーで、多くのお母さんが思ってしまうことは、

自分のせいではないかと自分を責めることです。

自分の経験から言って、それはやめたほうがいいと思います。

自分を責めても状況は変わるわけではありませんし、お母さんがくよくよしているとその空気は子供に伝わり、子供はとても不安に思ってしまうので、明るく振舞うことをオススメします。

子供が赤ちゃんの時に、他人からあまり他意のない言葉を

言われることがありますが、気にしないことです。

その人は、あなたとあなたの子供の人生を引き受けてくれる人ではないですし、深く考えずに言っているだけです。

気にしない。

なかなか難しいですが、そのように心がけることが一番です。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-親子の冷えとり, 育児
-,

執筆者:

関連記事

子育て論 1  〜イライラしてなにが悪い!〜(パパも読んでね)

「イライラしなくてもいいですよ〜」 「一生懸命にならなくてもいいんです〜」 「笑っているお母さんが一番なんですよ〜」 「もっと力を抜いて〜、もっと気楽に子供と向き合えばいいんですよ〜」 「怒ってはダメ …

囚われの身 ~母と娘の相互依存『断捨離』~4

母親が娘の奴隷になる場合   「ごめんね。今、家の前に着いたんだけど、どうしても娘がお家に帰りたいって言い出したからこのまま帰るね。ごめん、この子、言い出したらきかないから。迷惑かけちゃうか …

育メンの育児ノイローゼ1 ~過信~

国会議員の育児休暇にひと言   育メンについての話題をやたらと目にする機会が増えました。 特に最近では、男性国会議員が、育児休暇を取りたいと党に申し出たことが話題になりました。 賛否両論あり …

囚われの身 〜母と娘の相互依存〜1

年老いた両親の介護のために独身を貫いている中年世代の男性女性がたくさんいます。 わたしや茜さんの周りにも、そういった方々は本当にたくさんいます。 多くの方々が経済的にも追い込まれ、二進も三進もいかなく …

子育て論11 〜10歳までの子育て論まとめ〜

子供は大人をなめますよ   わたしは音に、小さい頃から口癖のように言っている言葉があります。 「音ちゃん、相手がどんな大人の人でも、大人を決してなめるような態度をとってはダメだよ。大人の人に …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと38日です。