冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み16「かゆみのめんげん」

かゆみ
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。
今日のお悩みは、「かゆみ」というお悩みについてです。

冷えとり100の声「お悩み16 かゆみのめんげん」(16/100)

→冷えとりでは、かいて傷口をひろげることで
毒を出しやすくしますので、かいても大丈夫です。

=======================================

冷えとりのめんげんでは、
かゆみ、痛みなど、
なにかしら体に症状が現れます。

かゆみはめんげんの中では、
比較的に軽い症状です。

とはいっても、かゆいのはつらいですよね。

かくと傷になるし、
かきぐせがつくからかいてはいけないと、
病身で指導され、かゆみ止めを処方されることが
ほとんどです。
(かゆみ止めはステロイドの場合が多いです。)

ところが、
冷えとりでは、かゆいときはかいていいと
言われています。

かくと、確かに傷口が広がり、
一時的にはとてもひどい状態になります。

でもね、
冷えとり的には、

かいて傷口が広がる
イコール
傷の出口が広がって毒がでやすくなる

と、考えるんです。

かゆいからといって、
抗アレルギー剤やステロイドを使ってしまうと、
そのめんげんはせっかく出てきたのに、
元の場所へ戻ってしまいます。

冷えとりでは、

適度な痛みと苦しみは、
心とからだを鍛える鍛練

なのです。

そして、
かゆみや痛みも過ぎれば
もとの生活にもどってしまいますので、
またかゆみは現れます。

【冷えとりとめんげん】めんげんは好転反応このブログを読んでくださる冷えとりガールズの皆さんは、どうして冷えとりを始めようと思ったのですか? 風茜の冷えとり毎日レスキュー女子esをご覧いただく方の多くは、冷えとりの過程で起こるめんげんに悩み、検索した結果こちらにたどり着く方が多いのです。 今日の記事は、そんな不安にさせられるめんげんとは何かについて考えるものです。...

薬を飲んで治ったというわけでは、
ないんですね・・・

薬はあくまで症状を抑えるだけのもの。

毒は出し切っていませんから、
また出てくるわけです。

かゆみがいやならば、
生活態度を改める必要があるのです。

これが、
冷えとりでいう、

(病気を)治すな。
(生活習慣を)直せ。

と言われる所以です。

実際に、うちの子供は
生後8ヶ月からアトピーでしたが、
10年間、抗アレルギー剤とステロイドを
使用してきました。

そうすると、
どんどん薬も強くなっていきましたし、
かいてはいけないのでストレスもたまりました。

現在は、冷えとりを併用しながら、
かゆいときには、かきながら、
脱ステロイドを始めてから3年11ヶ月
経過しています。

その間、綺麗な肌になったり、
びっくりするほど肌荒れが激しくなり、
もうダメかと思うこともありました。

薬をやめた現在は、冷えとり子供のアトピー48脱ステロイドへの道㊻3年10ヶ月今年は半袖Yシャツを着るをご覧くださいませ。腕のひどかったアトピーも落ち着いてきたので、制服の半袖も堂々と着ることができると娘は喜んでいます。

おかげさまで、
あんなに悩まされたアトピーも
薬に頼らなくても少しづつ改善されて
きたのです。

次回は
「17/100 薬を飲みたくない」です。

冷えとりを始めたから、
冷えとり一本でやっていきたい!
そう思って頑なに病院へ行くことを
拒絶していませんか?

次回はそんなお話はこちらです。

冷えとりお悩み薬
【冷えとり100の声】お悩み17「薬を飲みたくない」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。 今日のお悩みは、「薬を飲みたくない」というお悩みについてです。 ...

******************************************

メルマガご登録読者の方に冷えとり基本Ebookをプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

風茜の冷えとりメールマガジン
冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎月ゾロ目の日の21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は355人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴14年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本