風茜の冷えとり本
冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み17「薬を飲みたくない」

冷えとりお悩み薬
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。
今日のお悩みは、「薬を飲みたくない」というお悩みについてです。
冷えとり100の声は無料メールマガジンにて、毎回詳しくお伝えしています。

冷えとり100の声「お悩み17 薬を飲みたくない」(15/100)

→薬は症状を直すのではなく、止めるだけです。
 つらければ飲みましょう。
 冷えがとれてくると、自然と薬を
 飲まなくても大丈夫になってきます。

冷えとりのお悩みで多いのは、

薬を飲みたくない
それで、家族と大げんかになる

です。

冷えとりを始めると、

よし!冷えとりだけでやっていこう!

と、ガチガチの冷えとり野郎になりがちです。

それが家族には、
頭がおかしくなってしまったのでは?
と見えるようです。

そして、

薬を飲め、
病院に行け!!

と心配でたまらなくなってしまうのです。

それもそのはず、
私たちの長年の常識は、病気になれば、
医者に行って薬をもらう、
悪いところは手術でとってもらう、
が普通でした。

でも、冷えがとれてきますと、
自分の頭で考えられるようになってきますので、
自分の経験から、ここまではオーケーというラインが
わかるようになり、
病院に行かなくても大丈夫と思えるように
なるんですね。

そういうことは、冷えとりをしていない人には
わかりませんから、奇異にうつってしまうのです。

でも、家族と、もめるくらいなら
病院に行きましょう。

そして、
つらくて苦しければ薬を飲みましょう。

たとえ、薬を飲んでしまったとしても、
また冷えとりをしっかりして、
毒をだしていけばいいのですから。

家族はあなたを心配して、
薬を飲めというのですから、
頑なになるのをやめてみませんか?

私も西洋医学を強く勧める夫ともめましたが、
お互いに冷えがとれてくるにつれて、
おだやかに対処できるようになりました。

* 詳しくは、冷えとりと医療についてまとめた記事を
 ご覧くださいませ。

冷えとりと医療
【冷えとりと医療】まとめ冷えとりを始まると、最初はぐんぐん体の状態がよくなってくるので、これは!と思い、冷えとりだけでやりたくなってきます。 ところが、めんげんは力をつけてきて、それに耐えられず、医者に行くべきか行かぬべきか悩むことも増えてくるようになります。 今日の記事は、冷えとりと医療について考えるものです。...

今では、
あんなに西洋医学を信じていた夫が
ほとんど病院へ行かずになりました。

これも冷えがとれてきたおかげですね。

次回は
「18/100 病への恐怖」です。

私は小さい頃から、
体が弱く、病気がちで、
手術や入院を繰り返していました。

病気はいやだ、
病気になりたくない、
と、おびえていました。

ところが、
病を恐れなくてもいいというのが
冷えとりだということを知って、
びっくりしました。

次回のそんなお話はこちらです。

冷えとり100の声お悩み病気
【冷えとり100の声】お悩み18「病への恐怖」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。 今日のお悩みは、「病への恐怖」というお悩みについてです。 冷えとり100の声は無料メールマガジンにて、毎回詳しくお伝えしています。...

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

******************************************冷えとり100の声はメルマガで詳しく解説しています。

毎週月曜日配信のメルマガで詳しくお話ししています。

メルマガご登録読者の方にお悩み目録をプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎週月曜日21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は255人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本