風茜の冷えとり本
冷えとりファッション

【冷えとりファッション】早く、安く直すダンスコ靴修理!ミスターミニット編

冷えとり靴修理
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

冷えとり靴下をたくさん重ねていると履く靴が限られてきます。私は、靴下を8枚重ねばきをしている上に、足のサイズが24.5cmなので、靴下の重ねばきで大きくなった足には、26cmサイズの靴を履いています。
そんな中で一番お気に入りはダンスコのイングリッド。
とにかくヘビロテなので、靴の底の減りが早いのです。

以前、ダンスコのお店で靴のお直しをお願いしたこともあるのですが、いつも混み合っていて修理にとにかく時間がかかります。

ダンスコの靴はいつも履いていたいのでなるべく早く修理できる方法はないものでしょうか?

今日の記事は、最速、低コストで直すダンスコのミスターミニットでの修理レポをお届けいたします。

ダンスコの靴修理には2つの方法がある

ダンスコイングリッド茶
ダンスコの靴を修理する方法は2つあります。

  1. ダンスコの店に持ち込んで修理を依頼する
  2. ミスターミニットに持ち込んで依頼する

ダンスコの店がある地域に住んでいるのなら、時間がかかってもダンスコに出すのが確実です。

ダンスコイングリッド
【冷えとりファッション】ダンスコ靴修理はどこに出す?ヘビロテのイングリッドが生まれ変わるまで冷えとりをしていてもおしゃれを楽しみたい!おしゃれで歩きやすい靴を履きたい!そんな思いを叶えてくれるのがダンスコでした。あまりに履きやすく、おしゃれなのでほぼ毎日履いているというヘビロテで、1年経つと靴の裏のゴムが剥がれてしまい、修理に出すことになりました。今日の記事は、ダンスコイングリッドを修理に出して帰ってくるまでのレポです。...

でも、住む地域によってはダンスコのお店が近くにない場合もあります。その場合は、送料負担で送ってもよいのですが、事前に電話をかけたり、料金の支払いを振り込みにしたりするのが面倒ですよね。

そんなときは、全国展開しているミスターミニットを利用してみたらどうでしょうか?

ダンスコのお店の方は、ダンスコの修繕はお店ですることをすすめしますが、ミスターミニットで直すことができるのでしょうか?

というわけで、今回はミスターミニットでダンスコのイングリットを直してもらいました。

ミスターミニットでダンスコを修理する時のメリットは時間の節約

ミスターミニットでダンスコを修理する時に一番のメリットは時間の節約です。

ダンスコのお店で直すとなると、少なくとも2〜3週間かかります。(といいながら2〜3ヶ月かかったこともあります。それはアメリカに送って修理するからという説明でした。)

私のようなイングリッドヘビーユーザーには、とても長い時間の不便を強いられます。

ところが、ミスターミニットで靴底の後ろのすり減りを直すだけなら、10分程度で済むのです。

靴底が完全にすり減っていると、すべて貼り直しとなりますので、料金も時間もかかってしまいますので、普段からこまめに靴底をチェックして、修理に出すことを心がけておくことが必要です。

ミスターミニットでダンスコを修理する時のデメリット

ミスターミニットの店員さんにイングリットを見せた時に言われましたが、イングリッドの靴と靴底は一体化している作りなので、全てを剥がして貼り直すことができないと言われました。

つまり、靴底を完全取り換えはできないのです。

そのため、靴底がとても傷んでいる場合は、やはりダンスコのお店に持ち込んで修理をする必要があるでしょう。

黒いダンスコのイングリッドはお店だけで修繕してきましたが、このように靴底がはがれてしまったときには、ダンスコのお店に相談した方が良さそうです。

イングリッドダンスコ

ミスターミニットでダンスコを修理する時の注意

ダンスコの特徴を伝える

ダンスコ靴底

ダンスコの靴のかかとは少しそりあがっています。

黒いイングリッドのように小股が切れ上がっているかのように、後ろ部分の靴底がきゅっとあがっています。

この再現はミスターミニットさんでは難しいとのことで、靴底を貼り直す時に、お好みで靴の底を同じように削ってもらって、そりあげることもできますが、その旨を伝えないと普通の貼り方になりますので、ご注意を。

ミスターミニット店舗を選ぶ

ミスターミニットはすぐに修理をしてもらえることから、いつもとても混み合っています。

空いている店を選ぶと時間が短縮できます。

人の出入りが多い駅構内店舗は激混みですし、人が通りすがっていくのでわさわさしていて落ち着きません。

デパートの中のミスターミニット店舗は比較的空いていますし、ゆったりとしたソファも完備されていて、待ち時間もリッチな気分で過ごせます。

ただし、デパートで待つ場合は、待っている間にお買い物をしてしまうなどの散財もありますので、くれぐれも財布の口はゆるめないように!

冷えとり靴は大好きなものをヘビロテしてしまいがちなので、頻繁に靴底をチェックするように心がけると、低コストで直すことができますよ。

このように修繕できました。

ビフォー&アフターをご覧ください。

ビフォー

ダンスコ靴底

アフター

個人的感想ですが、ミスターミニットさんはかかとの反り上がりが完全再現できないとおっしゃっていましたが、貼っていただいて、ヤスリで削ってくれただけですが、見ため的にはそりあがっているように見えます。

まとめ

空いていれば最速で10分。私の場合は1時間くらいかかりました。

料金が安い(選ぶ素材と場所によっても違いますが、靴底のラバーの最低ランクのもので¥1,680円でした。)
*ダンスコ本店での修理には、だいたい4000円と送料850円がかかったことを考えればお得です。

¥500で1ポイント20ポイント貯まると、¥1,000以上のお会計で¥500(税抜)の利用ができるのでスタンプカードがあると、お得。

元の通りの再現は難しい(といっていましたが、見た目はそんなに変わらない気がします)

いつでも混んでいる

料金の選択が多くて迷う(その場合は安いをベースに選ぶと悩まずに済む)

料金表はこちらから

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

ダンスコイングリッドは正しく歩けば、靴底の減りを減らすことができるそうです。正しい歩き方はダンスコのお店の方が教えてくれます。

【冷えとりファッション】ダンスコのイングリッド歩き方や履き方の熱血指導体験冷えとりでお悩みなのは、靴下の重ねばきで大きくなった足に合う靴を見つけることです。特に私のように足でか女子は本当に靴を探すのも大変。でも、冷えとりしていても、ファッションを楽しみたいですよね! そんな私がたどり着いた靴がダンスコのイングリッドなんです。見た目よし!履きごごち抜群!いうことないくらいのいい靴ですが、実は履き方があったとは… 今日の記事は、冷えとりの靴にお悩みの方や、冷えとりの靴をお探しの方に向けて、風茜がお勧めするダンスコのイングリッドについて書いたものです。...

冷えとりで重ねばきしている靴下の方には、ダンスコイングリッドは履きやすく、そして歩きやすく、見た目もおしゃれな靴でおすすめです。

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本