冷えとりファッション

【冷えとりファッション】ダンスコ靴修理はどこに出す?ヘビロテのイングリッドが生まれ変わるまで

ダンスコイングリッド
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

冷えとりをしていると、靴下を重ねばきします。靴下の重ねばきの枚数はどんどん増えていくので、足のサイズが大きい人は履く靴がなくなってきます。

冷えとりをしていてもおしゃれを楽しみたい!
おしゃれで歩きやすい靴を履きたい!

そんな思いを叶えてくれるのがダンスコでした。
あまりに履きやすく、おしゃれなのでほぼ毎日履いているというヘビロテで、1年経つと靴の裏のゴムが剥がれてしまい、修理に出すことになりました。

今日の記事は、ダンスコイングリッドを修理に出して帰ってくるまでのレポです。

ダンスコの修理はどこに出せばいいの?

毎日毎日ダンスコを履いていたら、ある日歩行中に靴裏のゴムが取れてしまいました。

茜
とりあえず両面テープで、とめてしのごう。

宏
ミスターミニットに直しに行きなよ〜。そんな靴を履いてこけて怪我したら大変だよ。

音
パパ、優しい♡

ところがダンスコの靴底は全てを剥がすタイプのものなので、ミスターミニットで直す場合は本店修理よりも費用がかかる場合もあります。(こまめに早めの処置ができれば、そんなにお値段がかかりません。)

よって、ダンスコ本店で修理に出す方が費用がかからないと判断し、本店に修理をお願いしました。

【冷えとりファッション】ダンスコのイングリッド履き方の熱血指導を伝授冷えとりでお悩みなのは、靴下の重ねばきで大きくなった足に合う靴を見つけることです。特に私のように足でか女子は本当に靴を探すのも大変。でも、冷えとりしていても、ファッションを楽しみたいですよね! そんな私がたどり着いた靴がダンスコのイングリッドなんです。見た目よし!履きごごち抜群!いうことないくらいのいい靴ですが、実は履き方があったとは… 今日の記事は、冷えとりの靴にお悩みの方や、冷えとりの靴をお探しの方に向けて、風茜がお勧めするダンスコのイングリッドについて書いたものです。...

ヘビロテして靴底が剥がれてしまったダンスコイングリッドをダンスコ本店に修理に出しました。

茜
修理にはどのくらいかかりますか?

ダンスコ店長さん
ダンスコ店長さん
今は混み合っていますので2、3週間くらいですかね〜

と話していたのが昨年の10月末のこと。

昨日、宅配便が届き、靴が到着しました。

茜
忘れてた〜( ・∇・)

イングリッドなしでは生活できない私は、茶色のイングリッドを黒いイングリッド修理依頼中に履くために購入しました。そのため生活に不便は感じなかったので、すっかり修理に出したことを忘れてしまっていました。

  

ダンスコ本店の修理はこんな感じで、おまけもついていました。

お正月を過ぎた頃に突然イングリッドが届きました。

こんなおまけもついていました。

透明のインソールがおまけで入っていました。それと、ダンスコの店長さんが書いている正しい靴の履き方のご案内です。(こちらはアマゾンプライム会員であれば無料で読むことができます。)

直したところはここです。

靴底の剥がれの修理を依頼していましたが、足先まで直してくれていました!

この黒いイングリッドの留守中に茶色のイングリッドを履き続けました。

2ヶ月イングリッドを履き続けるとこんな感じですり減っています。

2ヶ月でこんなにすり減るくらい履いているのだから、どんなに私がイングリッドを愛用しているのかがわかりますよね!

帰ってきたイングリッドにもインソールをつけてみました。

さらに履きやすくなりました。

ダンスコのイングリッドとともに、これからも冷えとりライフを楽しんでいきたいと思います。

黒と茶色を冷えとりファッションに合わせて履いていきたいです♡

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

【冷えとりのお悩み】どうする?大きい足の悩み!冷えとりガールズの皆さんは、靴のお悩みはございませんか? 重ねばき2枚から4枚くらいは、あまり問題はないかもしれません。 6枚〜8枚、10枚(冷えとりでの重ねばきは偶数単位で増えます。というのは、必ず絹→綿と重ねることが鉄則だからです。)と重ねて行くと、通常のサイズが履けなくなります。...
【冷えとりファッション】足元の靴のこと「子供の学校行事と受験の場合」冷えとりでファッションに困るのは足元です。普段の生活ではマキシ丈のスカートやパンツスタイルでダンスコのイングリッドを履いても目立たないように工夫していますが、正式な服装をしなければならないときはダンスコのプロフェッショナルが見た目も履きやすさも冷えとりの靴の中でおすすめです。...

まとめ

ダンスコは、本店で正規購入した靴は購入後一年間は修理が無償(状態にもよります)ですが、それ以降は実費で修理してくれます。

  • かかった費用は3240円と送料500円
  • かかった時間は約2ヶ月

 

ミスターミニットでも修理ができますが、靴底をすべて張り替えることはできないので、ミスターミニットで修理する場合は壊れる前にこまめに修繕しましょう。

ダンスコのイングリッドはつっかけ風のサンダルとしても履けますが、紐をかかとにきちんとかけて履いた方が足の血行を良くできます。正しく歩けますので靴の底のへリも防げます。

ダンスコ店長さん
ダンスコ店長さん
冷えとりをする人は靴の履き方にも気を配ってくださいね!

ダンスコのイングリッドの白もなかなか素敵です。

イングリッド以外にも履きやすいのはプロフェッショナルです。

お手入れはラナパーで!オールドレザー風の風合いの革はこちらのお手入れで味が出ます。

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス