風茜の冷えとり本
季節のめんげん

【冷えとりと春のめんげん】春の毒だしで気をつけることと体に良い食べ物

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

2月4日の立春から暦の上では春となりました。春といえば、冷えとりでは肝臓の毒だしが始まります。
花粉症で悩む人も頭痛で悩む人も、それは春の毒だしなのです。
肝臓って、お酒を飲まなければいいんでしょ!
いいえ、お酒を飲まなければいいっていうわけでもないんです。なぜって、私たちは口からも、肌からも毒を入れているからです。それを一気に引き受けてくれるのが肝臓なんですよ。

今日の記事は春の毒だしで気をつけることや食べるといいものについてをお伝えいたします。

冷えとりでは春は肝臓の毒だし

肝臓の働き


肝臓は体に入ってくる毒を解毒する臓器です。アルコールはもちろん、お薬、皮膚から入る経皮毒であるシャンプーや湿布などの毒も解毒してくれます。残念なことに口から入る毒はほぼ解毒することができるのですが、皮膚から入る毒は全てを出すことができません

茜
だから湿布やシャンプーはできればしたくない!

宏
でも、湿布は効くんだよね〜

東洋医学では肝臓は「木」の性質のため、花粉症とも関係がある


そんな解毒をしてくれる肝臓ですが、なぜ春に毒出しが起こるのかといえば、肝臓の性質が東洋医学では「木」だからなのです。風水でも、方位が「木」と言われるのは東ですが、そんな括りがあります。春は木の芽が芽吹く季節なので、このような理由のために花粉症と大きく関わりがあるのです。
春の花粉が飛び、それを吸うことで肝臓の毒を一気に出すために花粉症の症状が起こります。

だから薬で抑えてはいけません。

宏
え〜!だってかゆいんだもん!

茜
冬の間、食欲に任せて好きなものを食べ過ぎて、半身浴をサボったツケを払わなくちゃならないのよ〜

音
ママ、厳しい!( ・∇・)

宏
だって、おいしいもの食べたいよ〜

冷えとり上級者になると、飛んでくる花粉をあえて浴びてありがたがる人もいます。

茜
花粉が健康ミストのように思えたら、冷えとり上級者ですね。

春は肝臓が悪い人は怒りっぽくて感情的になる

肝臓が悪いと怒りっぽくなり、怒りっぽい人は肝臓が悪くなる傾向があります。ですから、すぐにヒステリーを起こすような感情的な人は肝臓が悪いのかもしれないので気をつけてみてください。
また、肝臓が悪い人は傲慢や見栄っ張りでもあります。見栄っ張りというのは、人に馬鹿にされたくないという気持ちが強いことを言います。

音
馬鹿にされたくないもん( *`ω´)

もしも、プンプン、イライラ、カッカする場合は、肝臓の心の毒だしが行われていると思って食べ過ぎず、しっかりと下半身を温めることが必要です。

春に食べると良いもの

小麦は肝臓の薬穀

(左はよもぎパン、右は全粒粉のパンです。)


春は肝臓の薬穀である小麦の収穫の季節ですので、小麦を積極的に摂るといいと言われています。

でも、ここ最近はグルテンフリーとも言われていますので、アレルギーのある人は小麦ばかり食べるのは控えたほうがいいのかもしれませんね。

冷えとりでは、一つのものばかり食べたり、全く食べないということはしません。全体の2割くらいは体に悪いものを取り入れることも必要なのです。

茜
毒を持って、毒を制すともいいますからね(^_-)

うちでは、全粒粉や天然酵母のパンを出来るだけ食べるようにしています。

宏
苦いよもぎパンは苦手...

音
健康じゃないパンの方がおいしい♡

【冷えとりと食】春は小麦を食べよう!谷根千のおいしくて体に良いパン屋さん立春が過ぎて、春の毒だしが始まりました。春には肝臓の毒だしがあります。肝臓の薬穀は小麦です。最近は、小麦アレルギーも増えてきて、グルテンフリー食品も多くあります。アレルギーは怖いものですが、ずっと避け続けることができません。 いいものだけ食べるのではなく、少しの毒も入れるというのが冷えとり的な考え方です。 今日の記事は、春の毒だしに良い小麦を使っている健康的で美味しいパン屋さんをご紹介したいと思います。...

春は芽吹く季節なので木の芽も良い

春は木の芽が芽吹く季節で、わらび、ぜんまい、ふきのとう、ふき、タケノコなどは体の毒を出すのを助けてくれる働きがありますので、こちらも積極的にいただきたいものです。

宏
私はほぼ好き嫌いはないんだけど、木の芽だけは嫌い。絶対食べたくない!

夫は肝臓がもともとあまり強くないので何か関係があるのかもしれません。

酸っぱいものが欲しいときは疲労のサイン!冷えとりからみる体の声と病気妊娠すると酸っぱいものが欲しくなります。 疲れている時にはビタミンCがいいよ〜とみかんを食べたりしませんか? 自然界では、動物は酸っぱいものを食べません。 なぜならば、動物は、酸味=腐ったものと本能的に知っているからです。 では、なぜ私たちは疲れているときに酸味を欲するのでしょうか? 疲れている時に酸っぱいものを摂ったほうがいいのでしょうか? 今日の記事は、酸っぱいものを欲するときの体の声について、冷えとり的に考えてみたいと思います。...
苦味は心臓と関係している!コーヒーを無性に飲みたい時は?冷えとりからみる体の声と病気人間には苦いコーヒーをおいしくいただく味覚がありますが、苦味は子供も動物も避ける味覚です。本来ならば、生きている私たちにとって危険な味ではないでしょうか? 大人になると苦味が好きになるのは一体どういうわけでしょう? 実は食後に必ずコーヒーを飲みたくなるのは、消化を助けるためでした。冷えとり的にみても、苦味を欲するのにはちゃんとした理由があったのです。 今日の記事は、苦味が好きな場合、冷えとり的な体の声はどういうものなのかについて考えるものです。...

春の毒だしは頭痛、吐き気、花粉症で目がかゆい、目の病気も起こります。

昨年の私の春の毒だしは頭痛と吐き気だった!

昨年の春の毒だしの時に私はものすごい頭痛と吐き気の襲われて、3日寝込んだことがありました。

【冷えとり春の毒だし】ものすごい頭痛と吐き気に襲われる皆様、春の毒だしはいかがですか?風家ではたくさんの靴下が破けてしまいました。そして、そして、もうすぐ季節が夏に切り替わるこの時期に、どか〜んと大きい春の毒だしが風家にやってきたのです!それは、まさに肝臓の毒出しから起こる春の毒だしの頭痛と吐き気でした。...

今年は土用からすでに肩の痛みが始まっています。

肝臓は肩や頭に毒を回す場合もあるので、肩の痛みや頭痛が起こりやすくなります。出来るだけ頭寒足熱にして、頭に毒を出さないように気をつけたいものです。

今私はまさに肩の毒だし中。

【冷えとりとめんげん】右側の五十肩(肩関節拘縮)の冷えとり的解決方法肩こりがあまりない方でしたが、昨年末の引越しや疲労が重なり、なぜか右肩が上がらなくなりました。アラフィフだし、いよいよ五十肩か…と思っていたら、痛みはどんどん増していくばかり。 しまいには眠っていても痛みで目がさめるようになりました。これは何かおかしいと思って、整形外科に行って、骨や筋肉の様子を一度見てもらうことにしました。 今日の記事は、謎の五十肩の治療法について、冷えとり的に考えてみたいと思います。...
茜
うっかり食べ過ぎたり、お酒を飲む機会があると痛みが増すんです( ・∇・)

暦の上では季節は春となり、春の毒だしが始まっていますが、3月3日までは冬の腎臓の毒だしも引き続いています。

腎臓は冷えに弱い臓器なので温めることもお忘れなく。

【冷えとり冬のめんげん】腎臓の毒だしで気をつけたいこと11月7日の立冬で季節は冬に移り変わりました。まだまだ暖かい日が続いていますが、確実に季節は冬に変わります。 冷えとりでは年に1度それぞれの臓器の毒だしがあります。今日の記事は、冬の毒だしである腎臓の毒だしにどのようなことが起こるのかということや、気をつけるべきことについてお伝えいたします。...

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

肝臓の毒だしには、木の芽や小麦が良いです。積極的に春の芽のものをいただきましょう。

イライラ、プンプン、カッカする場合は肝臓が悪い場合があります。お酒の飲み過ぎだけではなく、薬や経皮毒なども見直してみましょう。

肝臓が悪い時にヘナで髪を染めたら、だいぶ頭痛が取れたこともありました。皮膚から良いものを吸収できたのかもしれません。

季節の毒だしのことについてはこちらの詳しく書いてありますので、ご興味がある方はぜひご覧くださいね。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本