受験問題

中学受験経験のほうがつらかった!上司のパワハラ行為をなんとも思わない女子の話 レスキュー女子es

SPONSORED LINK

私が仕事をさせていただいている出版社の女性編集者の話です。

彼女が新人だった頃、よく一緒に仕事をしました。

彼女は、喜怒哀楽がはっきりした子じゃなくて、一見、ボーッとしているように見える女性だったので、上司は事あるごとに彼女を攻撃していました。

「わかったのか、わからないのか、どっちなんだよ!はっきり返事しろよ!」

「俺の言っている意味わかる?わかるなら、わかりましたってはっきり言え!」

「なんでわかなことがあるなら聞かないんだよ、お前は!だからダメなんだよ。だからお 前は先輩から可愛がってもらえないんだよ!」

ほとんど、いじめに近い叱責が連日続きました。

私はその上司に、何度も、

「少し言い過ぎじゃないですか?彼女は少し考えてから答えるタイプなので、少し待ってあげてもいいんじゃないですか?」

しかし、上司は、

「そんな時間ないんだよ!そんな奴はこの編集部にはいらないよ」

全く聞く耳を持ちません。

でも、彼女は、決して仕事ができないわけではなく、言われたことを一旦、飲み込んでから、自分の中で消化するのに少しだけ時間がかかるタイプでした。

サボっているわけでもなく、休みなく頭は考え続けていたのです。

だから、上司から無理難題を言われても、それなりの答えをしっかり出せる編集者だったのです。

しかし、ひどい時には、30分くらい上司からの説教が続く時もありました。

手こそ出しませんが、30分も続けるというのは、完全にパワハラであり、いじめです。

しかし、彼女は表情一つ変えず、しっかりその上司の目を見ています。

ただ、その表情に変化が全くないので、悲しんでいるのか、反省しているのか、ムカついているのか、さっぱりわからないのです。

上司は、彼女のそんな態度を反抗的と受け取っていたのです。

だから、

「なんだよ。お前、その態度は?言いたいことがあるなら言え!」

「・・・・いえ。・・・ありません」

「なんだと~!お前、なめてんのか?」

「いえ(手を左右にフリフリしながら)、なめてなんかいません。すみません」

嵐が過ぎた後、

「大丈夫?今日もひどかったけど」

そう話しかけても、

「ああ、はい。大丈夫です。そんなことより・・・・」

そう言いながら、 すぐに仕事の話を始めるような女性でした。

そんなある時、取材先で時間が空いて、二人でお茶をしている時でした。

「どこの大学出身なの?」

「慶応大学です」

「へ~。頭いいんだね~」

「でも私は中学校からのエスカレーター組なんで、そんなに頭良くないです」

「でも、中学受験したってことでしょう?すごいじゃん。めちゃくちゃ勉強したんでしょう?」

「めちゃくちゃ勉強しました。小学6年生の1年間は人生で一番勉強しました。てか、その1年を除いたら、それ以外は全く勉強してません 」

「辛かった?」

「ものすごく辛かったです。お母さんを本気で殺したいって思ったこと、何度もありますから」

「えー!?マジで?」

「マジです。今、思い出しても胃が痛くなるくらい、それくらい辛かったですよ。だって私にとっての小学生時代の楽しい思い出はあの1年で全部吹っ飛びましたから」

「そんなにキツいの?」

「キツいです」

「今とどっちがキツい?」

「そんなの受験の方が全然キツいです。今なんて超チョロいですから。受験に比べたら、それ以上キツかったことなんて1度もありませんから」

「上司にあんなにいじめられてんのに?」

「ああ・・・。あれは別にキツくないですよ。叱られる私が悪いんだし。叱られる理由もわかってるので」

「上司を殺したいって思わない?」

「思いませんよー!私にムカついてるんだろうな~。申し訳ないな~って思います。叱るのも疲れるだろうな~って」

「意外と冷静だね」

「お母さんに比べたら全然」

「そうなんだ~」

「だって、私は別に慶応に入りたくなかったんですよ。もっと入りやすい学校だったら奨学金をもらえたし、学費がタダになる学校もあったのでそこに入りたかったんです。家も金持ちじゃないし。親に負担もかけたくないし。でも、お母さ んが絶対に慶応に私を入れたくて。だから本当に地獄でした」

「じゃあ、受かってお母さんも喜んだでしょう?」

「はい。今となってみれば、ものすごくお母さんに感謝してるんですよね。だって、あれ以来なんの努力もしてないのに、そのまま慶応大学まで行けて、大企業にも入社できて。会社の仕事も楽勝だし。慶応中学に入った時点で、私の人生はチョロくなりましたから」

「全然、チョロそうに見えないんだけど」

「受験に比べればって意味です。あの時の苦しみに比べたら、ずっと楽勝なんですよ。多分、これからの人生も楽勝だと思います」

「そんなに?そんなに受験、辛かった?」

「はい。だから思い出したくないんです。もういいですか?受験の話」

「ああ、ごめんごめん」

ちなみに、うちの子は、おにぎりのお弁当が大嫌いです。

おにぎりは大好きだし、休日のお昼ご飯の時には、たまに大量のおにぎりを作ってみんなで食べます。

でも、

「おにぎりのお弁当だけはやめてね」

中学校に入学する前 、そう言いました。

「なんで?」

「塾におにぎりのお弁当を持って行って塾で食べてたでしょう?あれ、思い出すからイヤなの。家でおにぎり食べるのは良いけど、おにぎりのお弁当は絶対にいや」

それを聞いた時、うちの子も思い出したくないんだ・・・・・。

そう思いました。

今でも、

「そろそろおにぎりのお弁当作ってもいい?」

奥さんがそう聞いても、

「やだ」

一蹴されます。

それくらい、 みんな勉強をしたのです。

それくらい、自分を追い込んで、ギリギリのところで勝負したのです。

つまり、

受験はきつい辛いかもしれない。

でも、

みんな辛い。

自分だけじゃない。

その辛い思いを乗り越えたからこそ、それ以降、辛いことが起きても、辛いと思わない。

大抵のことなら耐えられる。

そんな強い心が持てるようになるのです。

中学入学後の人生が、チョロいか?チョロくないか?

それは、もちろん本人次第ですけど、

そういう人生を目指したい人にとっては、今がまさに頑張り時です。

最後まで読んでくださってありがとうございました。

(執筆者:心の冷えとりコーチ 風宏)

心の冷えとりコーチ・風宏が昨年の中学受験から体験した子供とのかかわりについて、新しいブログを始めました。
アメブロの子育て(小学生以上)カテゴリーでは、30位に入り、毎日5000~10000PVあるブログに成長しました。
お子さんの勉強のことにお悩みのママさんにぜひ読んでいただきたいブログです。
よろしくお願いいたします。