冷えとりB面(ブラック)

冷えとりB面はこのようなことを伝えています! 熱血冷えとり妻 VS 絶対西洋医学信奉夫のバトル

冷えとりコーディネーターの風茜です。

冷えとりB面では、冷えとりのブラックな一面をお伝えしています。どのような記事なのか、どうしたら読むことができるのかというお問い合わせがございましたので、1記事を読むことができるようにいたしました。

コインに表と裏があるように、冷えとりにもいいことだけではありません。

つらく、苦しいことだってあるんです。

そんなことをお伝えしていければと考えています。今回は西洋医学の中の冷えとりのことについての衝突をお話しします。

足に突然、肉芽腫ができて、まともに歩けなくなった

冷えとりを始めてひと月は絶好調でした。

あんなに激痛だった生理痛もなくなり、この世の春を謳歌していました。

ところが、足の親指が急に痛くなり、根元が腫れ上がって痛くてたまらなくなりました。

冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?  こんにちは。 冷えとり歴コーディネーターの風茜です❤ いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、本当にありがとうござ...
茜
これは消化器のめんげんにちがいないっ!

足の親指の根元はどんどん腫れ上がり、靴を履けなくなってしまいました。

履ける靴はクロックスだけになってしまい、それでも私は激痛生理痛がなくなった冷えとり成功体験があったので、

冷えとりだけで治そう

そう思ってがんばっていました。

そうだ!自分の体を使って実験してみよう by熱血冷えとり妻

とにかく冷えとりだけで治したい!

その一心が強く、医者に行くことも薬を飲むこともしないで、ただひたすら絹が毒を吸ってくれるからと、絹の靴下を履いていました。

やはり毒が出ているせいか、絹の靴下は破けまくりました。

そしてますます足の親指は腫れ上がり、膿がたまって、腐臭がしてきました。

この段階ではもう五本指の靴下は腫れがひどくて履けない状態でしたが、私はこんなにひどくなっても、

毒出ししているから!

 

と、明るい気持ちだったのです。

足の親指は消化器の毒が出る場所だということは、冷えとりの本を読んで知っていましたので、今、どんどん消化器の毒出しが行われているんだなという感じでした。

どうして病院に行かないのかがわからない by西洋医療信奉者の夫

私の足の腐臭がひどくなってきて、さすがに夫も私の足の症状に気が付き始めます。

この時、足が腫れ始めてからすでに3ヶ月経過していました。

宏
ね〜、大丈夫なの?先生はどういう診断をしているの?

茜
病院行ってないから、わからない!

この言葉を皮切りに、夫はなぜ病院に行かないのかと怒り出しました。

今まで、何か病気になったら、即病院というのが長年の私たちのやり方だったから、夫にはなぜ病院に行かないのかが理解できなかったようなのです。

夫「足の親指って、痛風で痛くなることがあるけど、切断なんてことになったらどうするの?」

私「だって、私低血圧だよ。血糖値も高くないし。痛風ではないでしょ。」

夫「だったらなおさら病院に行ったほうがいいよ。原因がわからないと怖いじゃない」

私「原因は、毒出しってわかってるから大丈夫。」

これにはさすがの夫も怒り出しました。

病院に行く、行かないで揉め事のない日はないくらい、バトルを繰り返しました。

音
パパはママのことが心配だったんだよ〜

病院へ行け VS 冷えとりだけで治す

それからというものの、夫の病院へ行け!

VS

私の冷えとりだけで治すんだ!!

というバトルの日々が始まりました。

そんな折に進藤幸恵さんの冷えとり勉強会があり、このことを質問してみました。

冷えとり 進藤幸恵さんの冷えとり交流会に行ってみました♡冷えとりをしていると、毒出しが起こりめんげんがでてきます。初めて起こることに不安もいっぱい。そんなときは、うじうじ悩んでいないで冷えとり交流会に参加してみませんか?進藤幸恵さんの冷えとり交流会レポです。...

答えは、

  • 家族と揉めるくらいなら、病院に行く!
  • そして、もらった薬を飲まなければいい!

でした。

で、かかりつけの皮膚科医に行きました。

このお医者様もありとあらゆる治療を試してくれましたが、

????

何も効果もなく、どうしてこうなったのかも謎で、最終的には自分の傷口から出てくる浸出液で治す治療を提案してくれました。

それは腫れて膿が出ている部分にサランラップを巻きつけるだけ!

抗生物質も飲まなければ、抗菌剤も塗らない自然治癒的な治療をかかりつけ医が提案してきたのです。

このかかりつけ医は東大卒の皮膚科医で、子供のアトピーも診ていただいたり、けがで指をすっぱり切ってしまったときに跡形もなく治療してくれたエビデンス重視のお医者さまだったのですが、そんな医者でも

なぜなんだろう?

と首をかしげる症状だったのでした。

(のちにめんげんで、この、なぜなんだろう?という症状を別のことでも経験することになります。)

茜
これは絶対に毒出しだったに違いないわっ

それでも、自然療法中はそこからばい菌がはいって悪化したらいけないので、一週間に1度皮膚科にサランラップを巻いただけの症状をみせにいかなければならなかったのです。

そこでの治療は、なにもやることもないので、液体窒素をなんとなく塗るだけ!

痛くもかゆくもありませんでした。

その治療のたびに、

変だな〜

とつぶやかれていました。

そして、もちろん私はいただいたお薬も飲まなければ、ステロイドがはいっていると思われる塗り薬も即捨てしました。

そんなこととは知らない夫は私が病院に行ったので、満足です。

家族の揉め事はこんなふうにかわせばよいんですね♡

宏
それにしてもなかなか治らないね〜。あの医者やぶなんじゃない?

茜
いや、名医だよ!

音
平和がいちばん!

まとめ

病気は医者が治してくれるものというのが、ほとんどの人の考えです。

冷えとりを始めると、冷えとりだけで治したいという強い気持ちになりますが、家族が心配してくれているのですから、ケンカになるくらいなら医者に行きましょう。

そのあとに薬を飲むか、飲まないのか決めればいいのです。

冷えとりB面をご高覧いただくためには、メルマガ登録(無料)が必要です。
メルマガ登録はこちらからどうぞ!

冷えとり無料メルマガ『冷えとりとめんげん ~めんげんを乗り越えるといいこといっぱい、心にも体にもいいことだらけ』 メルマガです。 冷えとりって聞くけど、一...