冷えとりと断食

冷えとり 夕食断食終了後レポ☆一週間経過報告

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

先日、断食をするとあらゆる症状が改善されるという内容の本を読んで試してみたくなり、一週間夕食断食を試してみました。

 

*詳しくは、「冷えとり 一週間夕食断食を試してみました」をご覧くださいませ。

冷えとりでも、食べ過ぎないということは重視されていますから、ね。

さて、本当に体調はよくなったのでしょうか?

レポをご覧くださいませ。

******************************************【冷えとりをもっと知りたいという方はメルマガにご登録ください。
ただいま、「冷えとり100の声プレゼントPDF」を差し上げています。】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 


夕食断食から一週間

断食をすると、便がくさくなくなり、水に浮かぶとありましたが、果たして本当なのでしょうか?

【閲覧ご注意】
ここからは、排便に関するおはなしも多いので、気分を害されることをご承知の上ご覧くださいませ。

断食後から1日目

この日は実家から母が来て、子供の卒入学のお祝いに外食。

夜ご飯も復活しました。

飼っていた猫の死を知らされてショックで落ち込みました。

便は出ませんでした。

断食後から2日目

この日は私がここ3年ほど悩まされている歯の根の治療日です。

かかりつけの歯科医でも根の治療ができないので、顕微鏡を使用して治療する専門医にかかっていましたが、まったく歯茎の腫れはひきません。

*詳しくは、「冷えとりとめんげん 9歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療③2回目治療 」をご覧くださいませ。

ちょうど治療前からまた歯茎に膿がたまり、腫れてしまいましたし、断食中に大きな変化は見られませんでした。

この日は治療してまだ完治とはいえないので、もう一度膿が出ている部分を消毒して次回に決断をするということになりました。

この日は立て込んでいて昼食をとることができませんでした。

すると、ここ数年なかったすばらしいバナナ便が出て、すっきりしました。

断食のおかげなのでしょうか?

断食から3日目

バナナ便が続きます。水には沈みます。

昼に桜餅を食べてしまいました。すると、おならが出まくりました。

この日は三食普通に食べてみました。

歯茎の腫れは昨日だけでおさまり、腫れはないようです。

このまま続くといいのですが・・・

断食から4日目

なんとこの日もバナナ便で、しかも水に浮きました!(ただし、くさいのは変わりませんでした。)

やはり断食の効果ってあるんですね。

しかも、歯茎も腫れません。(前回の治療の時には、治療後2〜3日は腫れました。)

調子に乗って、この日の晩はチーズたっぷりサンド&ワインを食べてしまいました。

断食後5日目

便なし。起きた時にのどに引きつりを感じました。(風邪の予感。)

それは午後には猛烈な痛みへと変化しました。

おまけに口内炎もできていました。こちらも痛かったです。

明らかに昨晩食べたものの影響でしょう。(ワインとチーズ・・・)

この日から2泊3日の旅行をかねた関西での冷えとり茶話会も控えているのにと、昨日の晩の食事を激しく後悔しました。

*茶話会のレポは。「冷えとり茶話会in西宮を開催しました☆」をご覧下さいませ。

つらくて9時には就寝。

断食後6日目

喉の痛みでよく眠れずなんども目がさめました。

体調が悪化するといけないので昼をぬかしました。

喉が痛くて咳もでそうな感じでしたが、声はかすれず無事に茶話会を終了することができました。

ご褒美にどうしても甘いものが食べたくなり、夜の食事後(旅行先で外食)にクリームパンをを食べてしまうと、またおならが出まくりました。

便はやわらかめなものがにゅるりと出ました。

断食後7日目

やはり、クリームパンがいけなかったのか、喉が痛くてものすごい寝汗で目がさめ、よく眠れませんでした。

それなのに、旅行先で恒例のケーキセットを食べてしまいました。

すると、帰りの新幹線で咳がとまらなくなり、マスクをすると咳がとまりました。

夜、にゅるりと細く長い便。

夕食後断食レポは二週間目に続きます。

冷えとり 夕食断食終了後レポ☆一週間経過報告のポイント

冷えとり提唱者の進藤義晴先生は、

治すな(病気を)直せ(生活習慣を)。

と、述べられていますが、今回の私も症状が治ったらまた暴飲暴食を再開したことから、この言葉の重みを改めて感じました。

食べ過ぎると、私の場合は、のどがいたくなるということが起こります。

喉が痛くなると食べられなくなるため、からだがそうさせているらしいのです。

食べ過ぎで起こることでは、目の症状(見えなくさせて食べさせないようにする)や、怪我(食べ物をとりにいかせないようにする)などがあります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です