風茜の冷えとり本
冷えとり書籍

【本の感想】『悪魔を出し抜け!』ナポレオン・ヒル著にも食べ過ぎはNGと書かれていた!

SPONSORED LINK

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

『悪魔を出し抜け!』は一見冷えとりとは無関係と思って、読み始めましたが、実はものすごく関係があって、やはり冷えとりはすごいなと思わせてくれるものでした。

食べ過ぎはよくないということが「悪魔を出し抜け!」にも、書かれていたからです。

『悪魔を出し抜け!』

『悪魔を出し抜け!』は、あの有名なナポレオン・ヒル氏の著作です。

ナポレオン・ヒル氏といえば、『思考は現実化する』が有名ですよね!

『悪魔を出し抜け!』は一見冷えとりとは無関係と思って、読み始めましたが、実はものすごく関係があって、やはり冷えとりはすごいなと思わせてくれるものでした。

食べ過ぎは罪である。なぜなら、それによって健康と幸福を失うから。(『悪魔を出し抜け!』)

と、まったく進藤義晴先生の考えと同じことが書かれています。

そして、こんなふうにも書かれています。

ほとんどの人間は自制心があまりないため、自分の舌を喜ばそうとご馳走をたらふく食べる。しかし、それは胃腸にとっては大きな負担となる。そういったカロリーの高い大量な食物は、有害な毒物に変えることでしか処理できない。・・・中略・・・つまり、体の下水管が毒に犯された状態になると、脳の状態も影響を受け、頭の中は人のいいなりになる人間を大量に集めたようになる。(『悪魔を出し抜け!』)

どうです?

まったく冷えとりの食べ過ぎは体を冷やし、不調になるというのと同じように感じませんか?

もしも、下水(人間ですとこれは大腸にあたります。)から悪臭がしていたら、不快ですし、毒ガスだってわきますから、死にいたることだってありえますよね。

それに似た状況を体の中で作り出しているのだとしたら、健全なことが考えられなくなります。

いらいら、

かっか、

ぷんぷん、

するようになり、やがては自分で考えることも放棄するのではないかと思ってしまいます。

でもね、そうはいっても、自分の意思で食べ過ぎをコントロールするのは至難の技です。

(もちろん冷えがとれてくるにつれて、自然と食欲が治ってきますので少しづつはできるようにはなってきますので、ご安心くださいね!)

だから、からだを温めることが大切なんですね。

そうすると、からだがニュートラルな感じになり、

かっか、

いらいら、

ぷんぷん、

することが減ってきます。

ぜひ、冷えをとってみてくださいね。

きっと、毒に侵された体でなくなれば、頭(心)をコントロールできるようになるはずです。

あのナポレオン・ヒルだって、食べ過ぎはよくないと言っているのですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

風茜の提供するサービス
メルマガ登録
冷えとり茶話会

hietori_Ebook

風茜の冷えとり本