冷えとり茶話会

冷えとり茶話会 in 西宮を開催しました☆

投稿日:2018年4月6日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

2018年3月30日(金)に兵庫県西宮市で冷えとり茶話会を開催しました。

場所は、阪急電鉄の西宮北口駅から徒歩10分くらいの場所。

吉住工務店 西宮展示場 『丹波 風の工房』
西宮市長田町4-1

こんなに素敵なところでした。

関東在住の私は、磯田理香さんに助けていただき、初めて関西で開催することができました。

磯田理香さんはイトオテルミー温熱療法の勉強もされています。

そんな2人で開催した冷えとり茶話会のことについて、お伝えいたします。

どうぞご覧くださいませ。

冷えとり茶話会

私は今年から、きちんと告知して、冷えとり茶話会を開催していこうと心に決めました。

東京では5月13日に開催します。

(*詳しくは、「冷えとり茶話会」のインフォをご覧くださいませ。)

自分もいろいろな冷えとりの勉強会やおはなし会に参加してきましたが、書籍にない、いろいろな方の体験をシェアすることで、さらにステップアップができたり、めんげんで辛い思いをしているときに励まされたことが心に響きました。

簡単で、お金もあまりかからないのに冷えとりってなんていいんだろう!

こんなにいい冷えとりをもっと知ってもらいたいなあ。

そう思って、冷えとりの茶話会を開催することに決めたのです。

参加者は関西在住の方(1名は神奈川にお住いの方でしたが、帰省中にもかかわらずご参加いただきました。)10名という少人数で行いますので、気楽な感じな茶話会になります。

まずはフリードリンクコーナーで体の温まる好きなお茶を自分でいれて、床暖房の効いたお部屋で下半身を温めながらの茶話会スタートです。

 お茶はからだを温めるものをチョイスしていただきました。

お好きなお飲み物をフリードリンクで!

 

photo by 森田真希

 

この日はあいにくとても寒い日でしたが、下半身を温めているとあまり寒さを感じることはありませんでした。

このような流れでスタートです。

photo by 森田真希

 

丸くなって、お茶を飲みながら、ご参加の皆様の冷えのお話をうかがいました。

進藤義晴先生の本の展示があり・・・

photo by 森田真希

photo by 森田真希

 

靴下をこんなに履いていますよとご案内してみたり・・・

(ふだん私が履いているものをご覧いただきました。)

photo by 森田真希

 

8枚ばきの私の足元もご覧いただきました。

photo by 森田真希

 

毒だしで破けた靴下をご覧いただいたり・・・
(わかりにくいですが、破けています。)

photo by 森田真希

 

最後に、磯田理香さんによる温熱療法も体験できました。

photo by 森田真希

photo by 森田真希

 

 

ご興味がございます方は、ぜひお気軽にご参加くださいね。

5月13日はまだ数名でしたら参加可能です。
(このときは温熱療法はございません。)

みなさまにお目にかかれることを楽しみにしています。

茶話会に参加されてから、家にある靴下を重ね履き始めた方もいらして、とてもうれしいです♡

お申し込みはこちらから。

 

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-冷えとり茶話会
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷えとり いろいろな角度から冷えとりをみよう

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 なんでもひとつのことにこだわりすぎて、やりすぎるのは危険なことです。 …

3名さま増席☆冷えとり茶話会のご案内

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 冷えとり茶話会を開催することになりました。 冷えとりの交流の場を作っていきたいと考えています。 3月に開催した冷えとり茶話会の様子は、 「冷えとり茶 …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと66日です。