歯茎のはれ

冷えとりとめんげん 11歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療⑤4回目ついにMTA注入の巻

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきましてありがとうございます。

前回の歯茎の治療(根の消毒3回目)から、ひと月経ちました。

普通は2回も根の消毒をすれば、膿がでなくなるものらしいのですが、膿が出続けたので、観念して、外科手術をすることになりました。

今回はその下準備のための治療にやってきました。

その前に、初めてこちらの記事をご覧になられた方や、歯茎の毒だしの経緯を知りたい方は、どうぞこちらをご覧下さいませ。

冷えとり 大腸の毒だしと歯の関係

冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み

冷えとりとめんげん 2歯茎の治療への道・虫歯は削らない?

冷えとりとめんげん 3歯茎の治療 1回目

冷えとりとめんげん 4歯茎の治療 2回目砂糖での実験

冷えとりとめんげん    5歯茎の治療 3回目

冷えとりとめんげん 6歯茎の治療 4回目転院

冷えとりとめんげん 7歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療①

冷えとりとめんげん 8歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療②治療開始

冷えとりとめんげん 9歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療③2回目治療

冷えとりとめんげん 10歯茎の治療 保険のきかない歯医者の治療④3日目治療

 

外科手術のための下準備治療

通常、外部からの細菌感染がなければ、顕微鏡による根の治療1〜2回で終了するので、外部感染が考えられるかもということで、前回は根の一部に浸出液がみられた部分を再度確認しながら、また消毒したところで終了していました。

1回目、2回目の消毒の後はこのようにぷくっと白ニキビのように腫れました。

このような手術になります。

歯の中から神経の抜いた出口を消毒していたのですが、とりきれないので外から膿の袋ごと取り除いてしまおうというのです。

ところが!

前回の治療後、一度も腫れなかったのです。

先生にそれを伝えると、中を見て確認して見ましょうということになりました。

前回と同様の治療開始です。

まずはラバーダムをはめます。

本当は治療する歯自体に装着するのですが、私の歯は、あまりに削られすぎていて装着するべき場所もないので、隣の歯に装着します。

こんな感じ。

画像はお借りしました

 

青いのがラバーで歯茎のところを金属のわっかみたいので締めます。

(圧迫感はかなり感じます)

奥歯は根がひとつではなく、何本かありますのでそこをひとつひとつ洗浄していきます。

(根同士がつながっている場合もあるそうです)

この神経の大きさは画像では大きく見えますが、約1ミリくらいです。

そこに消毒ブラシのような細いブラシをいれて消毒します。

顕微鏡を見ながらの作業なので確実にできるというわけです。

詰めていたものを外して、最終的な消毒に入ります。

私の神経のない歯には大きな神経の通り道が4本ありますが、そこに小さなブラシのようなものを入れて消毒していましたが、その先に毛細血管のような細かい神経の跡もあるということでここに強い薬を入れました。

そして、小さな棒のようなものを入れて乾燥させます。

ここまでに1時間くらいかかりました。

次にここにMTAを入れます。

1回目の治療時にこの部分の歯の残りが少ないので、骨を補強するためにMTAセメントを使用するかどうかの説明をうけていて、MTAセメントをいれて、しっかりとした土台を作って手術に臨むことになりました。

(*MTAセメントに関しましては、こちらをご覧くださいませ。→ 

治療が終わり、先生は撮影した画像をもとに説明してくれました。

ひと月前はあんなに浸出液がでていたのに今回は全くでていなかったので、MTAを入れることができたとのこと。

これでかかりつけの歯科医に行って土台を作って、腫れがなければ7月に予定されている手術は延期しても大丈夫かもしれないとのことでした。

この先生はすごくネガティブな方で用心深くあまりいいことを言ってくれない先生だったので、この診断はとてもうれしかったです。

そしてやはり用心深いので、レントゲンを撮って歯の根の状態の確認をしました。

今のところ、膿の影は見られなかったようでした。

断食と大腸の毒出しが治療前にありました。

結局、かかりつけ医で土台を作ってから、その様子を確認してから、外科手術をすることに決まりました。

実は、今回の治療に来る前に猛烈な下痢が起こりました。

そして、その前に断食をしていました。

歯茎の治療をしてしまったせいなのか、歯茎から毒が出せなくなってしまって、大腸の具合が猛烈に悪く、悪臭のおならがものすごく出たり、便のゆるさと残便感に悩まされていました。

思い切って断食をしたら、便が良い状態になってきたのと下痢をしました。

もしかしたら、歯の毒が大腸の方へ回って出せたのかな?なんて思っています。

2回目の歯の根の治療のときにも、根を直してしまったせいなのか、激しい頭痛と吐き気に襲われました。

あわせて読みたい
冷えとり 春の毒だし ものすごい頭痛と吐き気に襲われるこんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。...

これは、先端に出ている毒をとめたために、その毒が元の場所にもどってしまったからではないかと思っています。

このまま外科手術にならないことを祈っているのですが・・・

やはり、冷えとりの「(病気を)治すな、(生活を)直せ。」なのかなとつくづく思います。

今、けっこうつらいめんげんにいると思うのですが、私自身は楽観的です。

食べていない方だと思いながら、まだまだ食べているのかもしれません。

でもかなり痩せてしまっているので、家族からはとても心配されています。

次の治療は2週間後です。

まだまだ歯茎の治療レポは続きます。

今日のポイント

今日のポイント

もし、根の治療がうまくいかなかった場合は、入れ歯、インプラント、ブリッジしかないのですが、最近読んだ本でインプラントにはしないほうがいいと知りました。

冷えとりおはなし会でも、インプラントにすると食べられるようになり、そのせいで病気になった人も多いということも聞きました。

冷えとりの進藤先生の理論だと、治さないで放置していたら、自然治癒できるそうですが、歯に関してはまだそこまでできそうにありません

ネガティブ情報をたくさん教えてくれるお医者さんがいいことを言うと、確実なんだと嬉しくなります。

でもどちらかといえば、楽しそうに大丈夫、大丈夫、と言ってくれるお医者様の方が私は安心です。

お医者さんとは相性ですね・・・