冷えとりショップ

冷えとりショップ繭結の長澤さんのこと

投稿日:2018年6月13日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして誠にありがとうござます。

今日は、私が冷えとりコーディネーターになろうと思ったきっかけについてお話したいと思います。

冷えとりショップ繭結

冷えとりショップ繭結さんは、池袋から西武線で10分の富士見台(練馬)にあります。

冷えとりショップはネット店舗が多いのですが、繭結さんは、店舗でじかに商品を拝見できるお店です。

私はこちらのお店のオーナーの長澤さんという方が大好きです。

お母さんのような温かさと優しさ・・・

そしてその中に少女のようなきらきらした感じをお持ちなんです。

穏やかで一緒にいると安心感があって、こんな人になりたいなと思う素敵な女性です。

私はこのお店に何回お世話になったことでしょう?

冷えとりおはなし会もなんども参加しましたし、子供のアトピーが悪化したときも、電話で相談にのっていただいたこともありました。

昨年、仕事のパワハラがきつくて仕事を辞めようかどうしようか悩んでいるときに、

「そうだ!長澤さんにおはなししてみよう!」

と、お店に出かけて行きました。

なぜ、長澤さんだったのか?今思えば不思議なのですが、直感的に長澤さんに会いに行かなくちゃと思ったのです。

(それまで、冷えとりのことはブログで書いていて、いつか繭結さんみたいなお店をやれたらいいなしか思っていませんでした。)

そして、長澤さんがどうしてこのお店を立ち上げたか?をお聞きしたり、冷えとりに関しての考えをお聞きした上で、言い出しづらかった仕事をやめるべきか続けるべきかについてをおはなししてみました。

もちろん、心はパワハラに耐えられず辞めたい気持ちでいっぱいでしたが、金銭的なこともあり、なかなかふんぎれなかったのです。

その時、長澤さんはこんなふうにおはなしくださいました。

「わたしは、会社勤めをしたことがないから、参考になるかどうかはわからないけれど、そんなにひどい状況なら私は辞めます。」

「もし、風さんが冷えとりで生きていきたいと思うのであれば、必ずその方向に進んでいきます。」

そして、1年過ぎました。

長澤さんに相談に行ってから、まもなく私はからだが本当に動かなくなり、出社できなくなりました。

金銭的なこともあり、あんなに仕事を辞めることを反対していた夫もついに辞めていいといってくれて、悪意に満ちあふれた会社を辞めることができました。

そして・・・・

冷えとりコーディネーターになろうと決意したのです。

でもね、冷えとりコーディネーターといっても、具体的にどうやってなったらよいのかわからない・・・

?????

ブログを書く以外に何をしたらよいのでしょう?

とりあえず思いつくことをやってみようと思いました。

まずは、冷えとりのよさを広めなくちゃと思って、SNSをがんばりました。

そのおかげで、関西に足がかりができて、茶話会を開くこともできました。

(*詳しくは、「冷えとり茶話会in西宮を開催しました☆」をご覧くださいませ。)

5月には、SNSがご縁で知り合った方からご縁で銀座で茶話会を開くことができました。

(*詳しくは、「冷えとりin銀座を開催しました☆」をご覧くださいませ。)

そこで、風茜が勧めてくれる冷えとりグッズを買いたいと参加者の方からの申し出があり、物販も考えるようになったのです。

そして、長澤さんに会いに行こう!とまた直感的に思って、でかけてきました。

長澤さんと再会

長澤さんは私のことを覚えていてくれました。

「相談にお越しになってから、もう1年も経つのね・・・」

と、お互い時間の経過にびっくり。

実は、わたし、冷えとりコーディネーターを名乗っていますが、本当に名乗って良いのかずっと自問自答していました。

なぜって、医療関係者でない私が冷えとりのことを伝えていいのかな?

そんな思いがあったのです。

長澤さんに、

「わたし、勝手に冷えとりコーディネーターという肩書きをつくって、冷えとりを広めて生きたいと思って始めてみました。」

と、おそるおそる伝えると、

「それは素敵なことですね!」

と、賛同してもらって自信になりました。

何よりも、

冷えとりのことを伝えて生きたいと思ったら、その方向へ進んでいきますよ」

と背中を押してもらえたのが心強かったです。

そして、このブログでお伝えしている家族の冷えとりをテーマにした本を出したいと伝えたら、お店においてくださると約束してもらいました。

とてもうれしかったです。

私は、冷えとりをすることでどんどん体も丈夫になり、運も好転して来ました。

こんな素敵な冷えとりをもっともっと広められるようにがんばっていきたいと思います。

そのために、冷えとり茶話会を開催いたしますので、遊びにいらしてくださいね。

また、小さなお子さんがいたり、お仕事が忙しかったりする方のためにZOOMを使った茶話会も今年は開催しています。

ご興味があればぜひご参加くださいませ。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ZOOMで冷えとり茶話会

それでもお時間が合わない方はこちらもございます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

冷えとりお悩み相談室

ゆっくり冷えとりのことをおしゃべりしながら、お悩みを解決しませんか?

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-冷えとりショップ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷えとり いろいろな角度から冷えとりをみよう

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 なんでもひとつのことにこだわりすぎて、やりすぎるのは危険なことです。 …

冷えとりショップ 繭結

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきありがとうございます。 さてさて、4回にわたりご紹介してきた私が利用している冷えとりショップ。 最後は …

冷えとりショップ 841

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中から、ご訪問いただき、本当にありがとうございます。 今日は、どこで冷えとりグッズを購入したらよいのかわからないというお問い …

冷えとりショップ ファイブソックス

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。   冷えとりをするにあたって、どこでグッズを買ったらいいの …

冷えとりショップ 健康絹物語しらはた

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、今回も私が利用している冷えとりショップのご紹介・第二弾です。 …

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと10日です。

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須