冷えとりファッション

【冷えとりファッション】色を楽しむ冷えとり夏のファッション

夏の冷えとりファッション
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

冷えとりガールズを悩ませるのは夏の冷えとりファッション。
靴下を何枚も重ねばきしているから、どうしても足元が重くなり、ダサくなりがち。
周りの裸足サンダル女子の軽やかさには到底かないません。

そこで、少しでも足元を暑苦しくなく、軽やかに見せる冷えとりファッションをご提案いたします。

今日の記事は、色をうまくとりいれた夏の冷えとりファッションをお伝えいたします。

冷えとりファッション①好きな色を楽しもう

今回は私の大好きなラベンダーカラーをテーマに冷えとりファッションを考えてみます。

冷えとりファッション
茜
この色をピックアップするファッションです。

冷えとりファッション②色で冒険したいとき勇気がでないときには、小物から!

歳を重ねてくると、無難なファッションを選びがち。

気がつくとクローゼットの中には、白、黒、グレー、茶色などの無難な色のお洋服ばかりになっていませんか?

若いときはシックなファッションも素敵ですが、アラフィフ世代には綺麗目な色を取り入れたほうが素敵になります。

でも、派手な色は勇気が出ない...

そんなときは小物から...

 

ファッションコーデに好きな色を一色取り入れてみる

カラフルな色が苦手な人は、まずは小物(カバンやアクセサリー)から、色をとりいれてみましょう。

冷えとりファッション

冷えとりファッション③好きな色を目立たせる全体の色

好きな色を引き立てる時には、全体のファッションの色を統一するのがコツです。

私は靴下を8枚重ねているために、足元に視線を集めたくないので、長めの丈を選んでいます。

そして、冷えとりでは頭寒足熱なので、袖なしを選びます。

締め付ける服もよくないので、ふわっとまとうワンピースがおすすめです。

冷えとりファッション

靴は、これ一足あれば、とても便利なダンスコのイングリッド。

ダンスコの靴につきましては、【冷えとりファッション】ダンスコのイングリッド履き方の熱血指導を伝授もご覧くださいませ。

茜
今回のファッションは、ラベンダーカラーを引き立てるために、全体はブルーで統一してみました!

冷えとりファッション④二の腕が気になる人は透け感のあるカーディガンで隠す

ところが、アラフィフ世代は二の腕のたるみも気になります。

いくら頭寒足熱がいいからっていっても、ちょっと...

そんなときは、透け感のあるカーディガンを着てしまいましょう。

冷えとりファッション
茜
頭寒足熱冷えとりには、上半身は袖なしがベストなので、気にしない人は堂々と出してしまいましょう。

まとめ

どうです!

大好きなラベンダーカラーも映えますね。

冷えとりファッション

 

服の下に着用しているもの

  • 上半身の服→ブルーの麻のワンピース(BEAMSセール品)
    下着→シルクブラキャミ、コットンタンクトップ
  • 下半身の服→ブルーの麻のワンピース
    下着→シルクショーツ、コットンショーツ、シルクレギンス、ウールレギンス、靴下8枚ばき
  • 小物→カゴかばん(Lattice ¥1,000)

アラフィフにはきれいカラーを取り入れましょう。

勇気が出ないときは、きれいな色の小物やアクセサリーから。

色を使うときはアクセントで使いましょう。全体は一色か、同色系でまとめるとすっきりします。

こんなふうに冷えとりファッションを楽しんでいますが、夏は暑ければ、レギンスは履かなくても大丈夫ですよ。

暑いのに我慢して、レギンスの重ねばきにこだわるより、頭寒足熱にして、頭に熱い気が上らないように足元だけ温めればオーケーです。

工夫して冷えとりを楽しみましょう。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

この記事もぜひご覧くださいませ。

正直、服はめんどくさいけれどおしゃれにみせたい
【本の感想】冷えとりファッションにお役立ち!のどかさんの『正直、服はめんどくさいけれどおしゃれに見せたい』若い頃には着たい服も、好きなブランドもたくさんありました。冷えとりをするようになって、より快適で安楽な服を着るようになり、正直、ファッションなんて、ど〜でもいいと思うようになりました。ところが、たまにファッションを気にする場面に遭遇すると慌てることも!そんなとき、この本を読んでとても役に立ちました。...
夏の冷えとりファッション
【冷えとりファッション】夏だって白!重くなりがちな足元解決方法冷えとりガールズを悩ませるのは夏の冷えとりファッション。 靴下を何枚も重ねばきしているから、どうしても足元が重くなり、ダサくなりがち。周りの裸足サンダル女子の軽やかさには到底かないません。そこで、少しでも足元を暑苦しくなく、軽やかに見せる夏の冷えとりファッションをご提案いたします。 夏の強い日差しを利用して、綺麗に見せるコツも教えちゃいます!...

この靴を一足持っていると、1年通じて使えます。

風茜の提供するサービス