風茜の冷えとり本
冷えとりファッション

【冷えとりファッション】夏だって白!重くなりがちな足元解決方法

夏の冷えとりファッション
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

いよいよ夏到来です。
冷えとりガールズを悩ませるのは夏の冷えとりファッション。
靴下を何枚も重ねばきしているから、どうしても足元が重くなり、ダサくなりがち。
周りの裸足サンダル女子の軽やかさには到底かないません。

そこで、少しでも足元を暑苦しくなく、軽やかに見せる冷えとりファッションをご提案いたします。

夏の強い日差しを利用して、綺麗に見せるコツも教えちゃいます!

冷えとりファッション①夏こそ白を

夏は太陽光線が強く、きれいな色を首回りに身につけていると、顔が映えます。
とくに白はレフ板がわりになりますので、アンチエイジングで老け感にお悩みのアラフィフの方はぜひ、夏こそ白を着てみてください!

茜
顔がくすみたくない方は、ブルーも良いですね

冷えとりファッション②花柄は大柄でエレガントに

夏の冷えとり

花柄は女子の心をキュンキュンさせてくれますが、小花はマダムには似合いません。

小花の花柄はガールのもの

大柄の花柄はマダムのもの

下半身が重たくなるお年頃のマダムは、上半身に視線を集めるためにも大柄なものを着ると良いです。

宏
ヒョウ柄はいやだよ〜

冷えとりファッション③パンツも靴も白で統一

靴下の重ねばきをしている冷えとりガールズたちは、裸足になることができません。

周りはみんな裸足サンダル女子ばかり。そんな中で、夏に靴下の重ねばきをしていると、異様に映ります。

そんなときは、パンツから靴まで白に統一しましょう。

冷えとりファッション

ぶかっとした白のパンツは一つあると、使い回しができてとても便利です。

私は足が大きいので白い靴を見つけるのが至難の技です。先日、無印で見つけた男性用スニーカーは歩きやすく愛用品となりました。

冷えとりファッション
茜
靴とパンツの色を揃えるとスッキリみえて、冷えとり靴下の厚ぼったさが少し目立たなくなりますよ!

冷えとりファッション④顔まわりにレフ板がわりにアクセサリーで彩る

アクセサリー

顔まわりに白を持ってくるのと同じ理由で、キラキラ系のアクセサリーをつけましょう。

とくに揺れるタイプのものはキラキラするので、光を反射してきれいに見せてくれます。

茜
白系の服とキラキラアクセサリーで顔まわりを彩れば、アラフィフには最強です!

冷えとりファッション⑤小物に視線を拡散させる

冷えとりファッション

冷えとりファッションでは視線を足元からずらすことが大切です。小物のカバンも、使っていないシルクのスカーフをぐるぐる巻きつければ、派手なバックに変身です。

茜
スカーフの柄は派手だから、足元から視線がそらせます!

音
これで足元をジロジロみられないね!

まとめ

どうです!

下半身が気になりませんよね!

冷えとりファッション

服の下に着用しているもの

  • 上半身の服→大柄の花柄シャツ
    下着→シルクブラキャミ、コットンタンクトップ
  • 下半身の服→白のパンツ
    下着→シルクショーツ、コットンショーツ、シルクレギンス、ウールレギンス、靴下8枚ばき

夏に白を身につける(レフ板代わりでアンチエイジング対策)

視線を上半身へ、下半身の服は靴と色を統一する(すっきり見える)

アクセサリーはキラキラしてレフ板代わりなるので、ぜひつけましょう

バックなどの小物を使って、うまく視線を回避させましょう。

こんなふうに冷えとりファッションを楽しんでいますが、夏は暑ければ、レギンスは履かなくても大丈夫ですよ。

暑いのに我慢して、レギンスの重ねばきにこだわるより、頭寒足熱にして、頭に熱い気が上らないように足元だけ温めればオーケーです。

工夫して冷えとりを楽しみましょう

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

この記事もぜひご覧くださいませ。

正直、服はめんどくさいけれどおしゃれにみせたい
【本の感想】冷えとりファッションにお役立ち!のどかさんの『正直、服はめんどくさいけれどおしゃれに見せたい』若い頃には着たい服も、好きなブランドもたくさんありました。冷えとりをするようになって、より快適で安楽な服を着るようになり、正直、ファッションなんて、ど〜でもいいと思うようになりました。ところが、たまにファッションを気にする場面に遭遇すると慌てることも!そんなとき、この本を読んでとても役に立ちました。...
夏の冷えとりファッション
【冷えとりファッション】色を楽しむ冷えとり夏のファッション冷えとりガールズを悩ませるのは夏の冷えとりファッション。 靴下を何枚も重ねばきしているから、どうしても足元が重くなり、ダサくなりがち。 周りの裸足サンダル女子の軽やかさには到底かないません。 そこで、少しでも足元を暑苦しくなく、軽やかに見せる冷えとりファッションをご提案いたします。 今日の記事は、色をうまくとりいれた夏の冷えとりファッションをお伝えいたします。...

他にも冷えとりファッションにオススメはこちらをどうぞ。

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本