土用の毒出し(消化器の毒出し)

冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒だし競争4〜下痢と吐き気と命の大切さ〜

投稿日:2015年11月20日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中から、ご訪問いただき感謝しております。

おかげさまで、閲覧数も伸びてきました。

皆様に読んでもらえる楽しい内容をこれからも続けていきたいと思っております。

これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

7c499bf8c66c78d9448425b2ab96d1d4_s

 

さて、前回のお話で土用の11日目に夫が扁平苔癬(へんぺいたいせん)や白板症(はくばんしょう)かもしれないと騒ぎ出しました。

子供もその週に飲んだ抗生物質でお腹を壊し、下痢気味でした。

(*今までのことにつきましては、詳細は「冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒出し競争1 2〜内臓時間〜 3〜口内炎と下痢〜」をご覧くださいませ。)

2人とも、ストレスに弱いので、ここで楽しいことをして、このストレスを発散したいので、遊びに行きたいと言い出しました。

そこで、たまたま招待状をいただいていた水族館と遊園地に家族揃って出かけることとなりました。

しかし、体調は万全ではなかったのです。

さて、パパと娘の毒出し競争、一体どうなることでしょう!

eaf42f4c4f92353dd73ef97c951bc811_s

遊園地は楽しい💗

 

11月1日(日) 冷えとりの土用12日目

 

この日は、早朝から八景島シーパラダイスに出かけることになりました。

いつもは、子供のトイレ問題があるので、車で出かけますが、横浜方面は渋滞になるため、電車で行くことにしました。(自分の好きな時にトイレに行けない状況になると、不安で何回もトイレに行きたくなる傾向が子供にはあります)

車の時は、子供がトイレに行きたいと言えば、パーキングやコンビニに停めて、トイレ休憩をとることができるのですが、電車の場合は、急行などに乗ってしまうとトイレに行けなくなるので、そのせいで子供は頻繁にトイレに行きたいと言い出すのが常でした。(帰りは、言わないので、この子の場合、どれくらい乗らなければならないという経験がないことに対しての不安からくるものだと思われます)

この不安を解消する前に彼女なりに見出した解決方法が、電車内で漫画を読むことでした。

しかし、これが後でとんでもない悲劇をもたらすことになったのです!

 

c1aaf8cdceb3b349ed0b8696c5ad239d_s

小学生の時には漫画にハマりますね

 

まず、朝出る前にトイレ。(もちろん、排便をしました)

心配のようで、出かけるまで3回もトイレに行きました。(全て排便)

一回目の乗り換え駅である品川駅に着いて、トイレに行きたいと言い出しました。女性用トイレは、長蛇の列だったので、漏れそうというので、夫に男性用トイレに連れて行ってもらいました。(ここで、数分トイレにこもり、排便をしたとのこと。本人に聞くとたくさん出たけれど、まだ出そうと言っていました)

普通にかかる時間の倍をかけて、ようやく京浜急行に乗ることができたときのことです。

座っていた若いカップルがサンドイッチを食べだしました。しかも、ツナサンド。

車内がツナサンドの匂いで充満しました。

子供は読んでいた漫画の本を閉じ、「気持ち悪い!」と言い出しました。

急行に乗ってしまったので、次の駅に停まるまで10分ほどあります。

私はカバンからビニル袋を取り出して、気持ち悪くなったらここに吐きなさいと促しました。

なんとか耐えて、次の駅の多目的トイレに駆け込みました。

吐こうとするけれど、唾液のようなものしか出ません。

明らかに揺れる電車で漫画を読み、ツナサンドの匂いが引き金となって、電車酔いしたようです。

夫が、「だから、電車で本を読んだから気持ち悪くなるよと言ったのに!」とキレ気味でした。

ここで30分くらい、気持ち悪くなくなるまで過ごしました。

その間に、私は夫に「もう帰ろうか」と提案しましたが、夫も子供も遊びたいという欲が高まっていたので、子供も「少し休めば大丈夫」ということで、そのまま進行方向に進むことになりました。

吐いている時に子供の顔色は悪くはありませんでした。(青くも、白くもなく、普通の顔色でした)

こういう時に私は顔色で判断します。

子供も、30分休んで、もう動けそうというので、また電車に乗ることにしました。

しかし、電車に乗ると、また気持ち悪いと言い出します。

すでに、もう下痢では出し尽くし、吐き気がしますが、食べ物は出てきません。

また、次の駅で降りて、トイレで30分くらい過ごしました。

また、大丈夫になったというので、次の特急に乗ることにしました。

その特急は普通の電車のような座席配置ではなく、ボックスシートになっていました。

満員で立つ人が多い中、子供も気持ち悪さに耐えながら、立っていました。

あっちのほうに空いている席が見えたので、移動すると、

元ギャル風の若い女性が一人で二人座席を占領して、携帯電話で話をしていました。目の前に気持ち悪い子供が立っているのに、カバンもどけようともしてくれませんでした。

私は、座らせてくださいと言いたかったのですが、夫に静止され、我慢しました。(明らかにおかしい感じの若い女性だったからです)。

女性は、電話が終わると、即、寝たふり。

はあ? すごいな〜この人!。

すると、近くに座っていた老夫婦が見かねて、席を譲ってくれました。

その途端、その女性は慌てて起き上がり、降りて行きました。

丸まっていたダンゴムシが突然歩き出すように。

????

なんだったのでしょうね? そこまでして、座席を占領していたのだから、意地を最後まで通して欲しかったものです。

目的の駅まであと一歩というところで、子供がまた気持ちが悪いと言い出し、下車しました。

譲ってくれた老夫婦にお礼を言って、下車してホームのベンチに座りました・・・。

ようやく、最後の乗り換えの駅にたどり着きました。

京浜急行からモノレールに乗り換えです。

駅と駅の間は徒歩で5分くらいの距離ですが、その倍をかけて、歩きました。

駅に着いた途端、また子供がトイレに行きたいと言い出し、駅のトイレへ。

ここのトイレは和式でした。

子供は和式のトイレは苦手で普段は入りませんが、この時ばかりはそうも言って入られません。

和式のトイレにしゃがみ、吐いていました。(でも出たのは唾液だけです。胃液は一度も出ませんでした)

ここでの滞在時間も30分。

子供は、「トイレに入ると安心するし、気持ちが悪くない」と言います。

(いつでも吐ける体制にあるからね〜と言いました)

ようやく落ち着いて、モノレールに乗って、今度は座れたので、私の膝の上に横になって、10分ほど乗り、ようやく八景島シーパラダイスのある駅に到着。

早朝に家を出たのに、着いたのはお昼近くでした。

 

67f943f1aafab34a1f18cd519d42c748_s

時間ばかりかかりました💧

 

命について考える

 

まず、八景島シーパラダイスに到着して、最初に水族館に行きました。

いろいろな魚が大きな水槽で泳いでいるのを見て、子供は、「おいしそう♡」と言っていました。

 

eac31276ccbcc9d5a6b64d9f9ab881bc_s

この様子では大丈夫ですね。

先ほどの下痢と嘔吐は、単なる乗り物酔いだったようです。

夫も、真鯛を見て、美味しそうと言っていました。

この親子は本当に食い意地が張っています。

 

夫は、ここ2週間くらいずっと吐き気に悩まされてきたでしょうに。

子供も、さっきまでは下痢と吐き気で苦しんでいたでしょうに。

 

本当に喉元を過ぎるとこの2人はすぐに忘れてしまうのです。

ひととおり、水族館を見て、鯉に餌をあげるコーナーで子供が餌をあげていると、鯉が餌に向かって、ぱくついてきました。

子供は、「本当に欲張りなんだから〜!!」と言いながら、楽しそうに餌をあげていました。

(欲張りはあんたもでしょ!と私は心の中で突っ込んでいました)

 

db71df64efae7870bd3bfd8540a835fd_s

このような鯉が餌に向かって、一斉にやってきます!

 

そうこうしているうちに、もうお昼の遅い時間になってしまいました。(着いた時間がすでにお昼でしたから・・・)

子供もようやく吐き気がおさまったので、食事をするのにもうしばらく様子をみたいということになり、これから混雑が予想される釣りコーナーに先に行くことになりました。

釣りコーナーでは、アジが生簀(いけす)にいて、釣ることができます。

釣ったら逃すのだろうなと思いながら、申し込むと、係りの人が、

「こちらの体験コーナーは、釣った分だけ食べていただきます」という衝撃な事を言われました。

つまり、命の大切さを知ってもらうために、釣って、調理してもらって、食べるという工程を体験しなければならないのです。

アジ1匹につき、唐揚げにしてもらうのに260円かかります。

c8eafb50eb7ba2772652bc7c71dd64ca_s

あじ

 

今日の体調では、そんなに食べれない状態です。

それに頂いた招待状には、レストランでのお食事券も付いているのです。

市ヶ谷の釣り堀体験があるパパと娘は、そんなに簡単には釣れないから、と楽観的です。

しかし・・・・。

いけすなので、釣れること、釣れること。

周りを見ても、バケツいっぱいにあじを釣っていました。

子供も、餌の小エビをつけて、あじを簡単に釣り上げていました。

あっという間に3匹釣り上げ、もっと釣りたいという子供を制して、強制終了です。

あじはピンピンはねていました。

それをビニルに入れて、調理場に並んで、フライにしてもらいました。

新鮮なまま調理されたあじは本当においしかったですし、子供も今までピンピンしていたあじが調理するのに並んでいる間に動かなくなり、次に見たときにはフライになっているのを見て、何か感じるものはあったようです。

「今まで楽しく泳いでいたのに、音ちゃんに釣り上げられてしまって、死んじゃってかわいそうだな」と言っていました。

すると、夫は、「死ぬ前に、小エビというご馳走がたべれたんだからよかったじゃん!」と慰めていたようです。

そして、レストランに行くことにしました。

すでにあじのフライを一人1匹分は食べています。

 

4f4730d97ee1cb3c78b75b01eff796e9_s

行楽地に多いビュッフェスタイル

 

レストランはどこもバイキング形式が多く、そこに入りました。

多分、夫と娘が健康な状態であったら、死ぬほど食べたと思います。

だけど、今回は二人とも体調が悪く、たくさんある食べ物の中から本当に食べれるものだけを選んで持ってくることができました。

水族館の魚を見ていた時は、美味しそうと言っていましたが、少しは成長していたようです。

子供は、吐くのは辛かったからもう欲張らないと少量食べました。

夫も食事は少量にしたのですが、目の前にスイーツがあるのを見て、どうしても抑えきれずに、「白玉おしるこならいいでしょ〜」と言って食べていました。

それでも、この2人には必要なものだけいただくということが、少しでも体感できてよかったのではないかと思います。

IMG_0752

食後に遊園地で遊んで、お茶をして帰りました。

 

もちろん、この日の夜はスープとパンだけにして、節制しました。

少しづつですが、私の家族も食べ過ぎから離れられるように成長してきてはいます。

この日は、魚釣りをして命の大切さを体感することができて、よかったと思います。

 

まだまだ、パパと娘の毒出し競争は続きます。

 

冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒だし競争4〜下痢と吐き気と命の大切さ〜のポイント

3b7d1288358afe888fc52546c724ad11_s

1 

子供は頻尿です。

トイレに行きたい時はすぐにいけるようにしておきましょう。

うちの子供の場合、祖父母にトイレを訴えても我慢しろと言われたことがトラウマとなってしまいました。

そうならないためには、いつでも大丈夫という安心感を持たせると良いです。

2 

下痢と吐き気と汗はとにかく止めないように。

この状態が起こったときには、必ず顔色を見ましょう。

顔色が悪ければ、迷わず病院に行くことをお勧めします。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-土用の毒出し(消化器の毒出し)
-,

執筆者:


  1. […] (*秋の土用の毒出しにつきましては、「冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒出し競争1 2〜内臓時間〜 3〜口内炎と下痢〜 4〜下痢と吐き気と命の大切さ〜 5〜口内炎〜 6〜かゆい〜 7〜かゆみとほくろ〜 8〜まとめ〜 」をご覧くださいませ。) […]

  2. […] (*詳細につきましては、「冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒だし競争1 2〜内臓時間〜 3〜口内炎と下痢〜 4〜下痢と吐き気と命の大切さ〜 」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとり 2018年・土用の毒出し(夏前)1

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、レスキュー女子ブログにお越しいただき、まことにありがとうございます。 皆様は食べ過ぎについて、どのようにお考えですか …

冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒だし競争8〜まとめ〜

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんあるブログの中からご訪問いただき、まことに感謝しております💞 どうぞ、これからもよろしくお願いいたします。   さて、前回ま …

冷えとり 2017冬前の土用の毒だし②心配なら病院へ

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。 10月20日から、土用に入りました。 土用といえば、冷えとりでは消化器の毒だし期間 …

冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒だし競争5〜口内炎〜

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつも、ブログにご訪問いただきありがとうございます💚   さて、前回のお話は、吐き気がようやくおさまってきた夫と、抗生物質を飲んだために下 …

冷えとり 2017春前の土用の毒だし①

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして、本当にありがとうございます。 さて、年に4回もある消化器の毒だし祭りでもある土用の毒だしがやってきまし …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

66人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと66日です。