心の冷えとり

冷えとり 心の毒③「傲慢」

投稿日:2017年2月26日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき本当にありがとうございます。

今回のテーマは心の毒です。

心の毒は、体の毒に比べて5000倍も悪いものです。

ですから、くよくよと考えたり、悩んだりすると、甘いものを食べて体を冷やすよりもずっとよくないということになります。

なるべく心の毒はためないようにしたいものですが、これがとても難しい。

前回までは、利己冷酷について、自分のことを例にお話ししてきました。

(*詳しくは、「冷えとり 心の毒①「利己」」「冷えとり 心の毒②「冷酷」」をご覧くださいませ。)

人には我執という4つの毒(利己、冷酷、傲慢、強欲)があり、この4つは誰でもあります。この組み合わせやその強さによって、いろいろな病気の症状が現れるということを前回までお話してきました。

○利己の場合は、安心安全のために食べてしまうので消化器が悪くなる。(少しでもお腹が減ると心配になり、それを満たそうと食べてしまう)

○冷酷の場合は、心臓が悪くなる。

私もいくつか心当たりがあり、これから改善していきたいと思っています。

今回は、四毒の中の傲慢(ごうまん)よって、引き起こされるものについて、みていきたいと思います。

どうぞ、おつきあいくださいませ。

 

傲慢

 

傲慢に関しては、進藤先生は『新版 万病を治す冷えとり健康法』で、かなり厳しいことを述べられています。

 

傲慢とはいばり返っていることです。人を見下すということですし、人に見下されたくないと見栄をはったりするのも傲慢です。「恥ずかしい」といったりするのも、傲慢のうちに入ります。・・・中略・・・また、感謝しないというのも傲慢です。あの人が私にこれくらいのことをするのはあたりまえ・・・中略・・・・というのも傲慢のうちに入ります。卑屈は傲慢の裏返しです。強い者には「ご無理ごもっとも」とつき従い、弱い者には、いばり、いじめる「強きを助け弱きをくじく」という・・・中略・・・こういう人を見ていると傲慢と卑屈は表裏一体ということがわかります。

これを読んだ時、ああ、いるいるこういう人・・・とうなづいたものです。

しかも、卑屈は傲慢の裏返しただったとは・・・

なんとなく、私なんて・・・と言っている人は謙虚な人だと思っていましたが、そうではなく傲慢の裏返しだったとは・・・驚きです!

卑屈で自分なんてダメだという人は、そのようなことを言って、他人からそうではないと言ってもらいたいのです。他人にそう言わせて安心しているのかもしれませんね。(そして、その卑屈さで人をコントロールするのですから、ある意味、傲慢と同じことをしているというのはわかります。)

多分、周りにこのような人はたくさんいると思います。

観察してみると、なるほどと思うことも多いです。

傲慢が強いと、肝臓、胆のう系統の血管がおかしくなることが多いのです。

そして肝臓が悪い人は怒りっぽい人が多いです。

しかも、その怒っていることは他人から見れば、怒っても仕方がないことで怒っていることが多いと思います。

例えば、女性が女性であることに怒っているなど・・・

そして、怒りを他人に向けると必ず自分に返ってきますし、怒っている時点で自分の肝臓を悪くしているのでやめたほうが良いと思います。

肝臓を悪くしたくないと思うのであれば、怒らないことです。

なんだかイライラしているとか、怒りが湧いてくるときは肝臓が悪いと自覚すると良いかもしれません。

(私は、生理前にものすごくイライラしたものですが、ヘナ染めを始めて、半年くらいから、だいぶイライラが取れたように思います。ヘナは、経皮毒を引き受ける肝臓を浄化してくれる働きがあります。*詳しくは、「冷えとり どうする?白髪!ヘナカラー 」をご覧くださいませ。)

肝臓は毒を分解して排出する臓器なので、あまりに怒りを貯めると排出できなくなるのでしょう。

肝臓が悪い人は顔色も青黒く、帯状疱疹になることも多いというのもうなづけます。

会社の同僚があまりに毎日怒っていたら、なんと帯状疱疹ができてしまいました。(この方は、自分の思う通りに物事が進まないとすぐに切れてしまう人で、まさにどうでもいいことにいつも怒っていました。そして、周りの人は、面倒なので、適当にうなづき、皆あまり関わらないようにしています。)

帯状疱疹は、がんの元になるので出し切るといいとも言われています。

めまいも肝臓が悪いと起こります。

これも当たっていて、私が以前の仕事先でパワハラを受けた時に怒りすぎて、めまいを起こしたこともあるのもうなづけます。

(*詳しくは、「心の毒?!〜4再びめまいが訪れる」をご覧くださいませ。)

威張っている人の傲慢はとてもわかりやすいのですが、卑屈や見栄も傲慢というのはなかなか気がつきませんでした。

人に見下されたくないということから、いいもの(ブランド)を持たなければ恥ずかしいというのも見栄になります。

また、どこの世界にもいるかと思いますが、自分のことばかり話して相手のことを考えず感謝の気持ちがないのも傲慢です。(仕事で他人の都合を考えず、自分のことばかり話す人も多いかと思います。)

傲慢とは感謝の心がなく、自分のことばかり主張することですが、冷酷と少し似ています。

自分のことばかり考え、人の都合、迷惑、人がやってくれた親切は全然考えないというのが冷酷です。

こうして傲慢が過ぎると、冷酷と結びつき、肝臓や心臓が悪くなるという意味で、この心の四毒はその大きさと割合からいろいろな病気の症状が現れるというのがわかります。

そして、肝臓が悪いと怒りっぽくなるなど感情の現れ方も変わってきますし、もともと怒りっぽい人は悪くなるのは肝臓となりますので、そのような人を見るとどんなところが悪く、そのために性格に現れているのかと納得ができます。

(怒っている人がいるときに、よくその人を観察してみてください。顔色は青黒く、目は悪い人が多いような気がします。そして観察していると、そのような人から被害を受けたとしても、「怒りっぽいから肝臓が悪いのね」と思って、やり過ごせるようになります。怒っている人から、八つ当たりの被害を受けたことで、自分にストレスを貯めるのを少なくすることができるようになります。)

春は肝臓の毒出しの季節です。

肝臓は解毒をするところなので、毒を体の外に出して病気を治そうというので、花粉などをきっかけに体の毒を出します。

花粉は嫌がらず、ありがたがって毒を出そうというのが冷えとりです。

春の食材、ワラビ、ゼンマイ、ふきのとう、タケノコなどのアクの強い食べ物は、体の毒を出す助けになりますので、食べるようにしたいものです。

またこの春の肝臓の毒出しの季節には、肝臓と関係のある怒り、傲慢、卑屈という感情がとても不安定になりますので、気をつけたいものです。

次回は、強欲についてです。

お楽しみに。

 

冷えとり 心の毒③「傲慢」のポイント

肝臓が悪いと、目も悪くなります。

緑内障に白内障・・・

甘いものの食べ過ぎも目が悪くなります。

肝臓は経皮毒も分解してくれるのですが、体の内臓のように全てを

排出することはできません。

(悪いものを食べたりすると、吐いて出したり、下痢して出したりします。)

経皮毒は皮膚から入ります。

シャンプー、ナプキン、湿布、塗り薬など・・・

なるべく経皮毒を入れないようにしたいものです。

紙の生理用ナプキンから布ナプキンに変えるのも一つの手です。

シャンプーも塩浴に変えるのも良いですね。

(*詳しくは、冷えとり どうする?白髪!トライ塩浴をご覧くださいませ。

 

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-心の冷えとり
-,

執筆者:


  1. […] (*詳しくは、「冷えとり 心の毒①「利己」 ②「冷酷」 ③「傲慢」」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとり 心の毒?!〜1 めんげんはどこから?

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして、ありがとうございます❤   さて、今回からは、約1年近く続いている私のめまいと軟便と …

心をさらけ出せ5! 〜素直になるだけで!〜

「素直」こそが、飛躍の道   わたしは、まったく素直な人間ではありません。   「風くんは、もう少しきちんと人のアドバイスを聞いた方がいいよ」 「まあ、一応、頭には入れておきます」 …

同僚に暴言を吐く女への対処法1

 男には見えない女性の暴言 世の中には、同僚女性に暴言を吐く女性がたくさんいる。らしいですね。 この暴言女、例えばどういう女性かというと、 1、誰彼かまわず暴言を吐くタイプ→こういう人は、性格的にちょ …

同僚に暴言を吐く女への対処法2 ~ニコニコ仕返し〜

誰でも簡単に巻き込まれる 暴言女が、増長する最も大きな原因は、 やはり、 当事者ではない人から、ほっとかれている からだと思います。 前回、お話しした『子供に関係する暴言」もそうですが、直接自分が言わ …

けがの功名 女性の交通事故から学ぶ3 〜頼るべきは交通事故の専門家〜

弁護士特約で、行政書士にも依頼できます (今回と、次回は、法律問題が出てきますので、短くいきます。)   そもそも、 弁護士特約なのに、弁護士さんじゃなくても、依頼できるの? と、いうことで …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと36日です。