足爪

冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?

投稿日:2017年1月1日 更新日:

 

こんにちは。

冷えとり歴コーディネーターの風茜です

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、本当にありがとうございます。

 

冷えとりを始めると足爪で悩む方が多いのではないでしょうか?

*******************************【冷えとりをもっと知りたいという方はメルマガにご登録ください。
ただいま、「冷えとり100の声プレゼントPDF」を差し上げています。】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 


最初のめんげん?!

冷えとりを始めて3ヶ月経った頃です。

季節も秋になって、

絹の五本指靴下→綿の先丸靴下→絹の先丸靴下→綿の先丸靴下

合計4枚の靴下を常に履けるようになっていました。

べッドの中で眠っていると、

突然足の親指の付け根に鈍痛があり、

目が覚め痛さのあまり靴下を脱ぎ捨てると、

なぜか痛みはおさまり、

また眠りにつく事ができました。

冷えとりには半身浴も必須です。

身体が温まってくると、足の親指の付け根がズキンと傷みました。

でも、足を湯船から出すと、しだいに痛さは和らぎます。

 

IMG_0397

お風呂にいれる杉っ子

 

 

お風呂に入っているとき以外は、ずっと靴下を履いています。

もちろん、寝ているときも、湯たんぽをいれ、さらに足下を温めます。

夏でも・・・・、湯たんぽです。

(最初の数年は夏に湯たんぽをいれることができませんでした)

IMG_0400

陶器製の湯たんぽ

  

その頃の私はめんげんという言葉を知らなくて、なぜ足が痛くなるのだろうと思うだけでした。 

 

ある日、足の親指を見てみると、びっくり!!!

 

IMG_4912

この足は夫・風宏の足

 

両足の親指が二重爪になっていたのです。

右の親指の付け根は真っ赤になっていました。

ジュクジュクとして、黄色い膿みのようなものが出ています。

どこにもぶつけた覚えはないし、ちょっと怖くなりました。

病気だったら医者に行かないといけないし・・・と、

その頃の私はめんげんという言葉や、不安になると身体に毒が5000倍もたまるということを知らなかった。

それこそ不安になって、いろいろと調べまくりました。

 

 

   そしてたどりついたのが、「新版 万病を治す冷えとり健康法」(進藤義晴著)でした。

 

 

この本は、冷えとりを提唱されている進藤義晴先生が、冷えとりの基本について書いたものです。

私はこの本の存在を知らずに冷えとりを始めていました。

 
  •  食べ過ぎない
  •  身体の毒だし
  •  めんげん

私にとって初めて知る言葉ばかりでした。

人類は飢えの歴史のほうが長くて、飽食の歴史のほうが短いのです。

内臓も飢えには対応できるのですが、飽食に対しての準備がありません。

食べ過ぎると、内蔵が疲れてしまいます。

それが毒となって、身体に表れるのが病気です。

 病気にならないためには、たまった毒を出さなければならないし、毒を出すためには免疫力を強くする。免疫力を強くするためには体温を高めなければなりません。

「頭と足先では体温が5度くらい違う」

と、いう記述には本当に驚きました。

そして、

 

 めんげん。

 

めんげんとは好転反応のことです。

 

ある病気が回復するときに、一時的にひどい感じになりますが、それを乗り越えるともうその病気にはならない

と私は解釈しました。

 

 そうなると、私の親指のこの症状はめんげんなのか?

 一体なんの毒なんだろうか?

ネットで「めんげん」と入力してみました。

すると841という冷えとりショップさんがめんげん辞典を作っていて、

それを見るとだいたい靴下の破れる場所でどこの毒がでているのか知ることができました。

 

私の履いている絹の靴下はこのとき次から次へと破れました。

最初は不良品を買ってしまったのかと思うくらい、破れまくり、絹の靴下は値段が高いので、縫って繕いましたが、またすぐに破けてしまい、本当に最初は費用がかかりました。

破けるのには理由があり、足には内臓のツボがあり、その毒を絹の靴下が引き受けてくれているらしいのです。

破れる場所によって、どこが悪いのかわかることもあとから知りました。

その毒が絹の靴下を溶かしている?と私は思いました。

IMG_0394-2

毒を吸って破けた絹の靴下

 

だとすると、私の親指は?

 

 めんげん辞典によると、消化器の毒らしいです。(胃腸)

 

確かに私は食べる事は好きでしたが、少しも太れないし、すぐにお腹を壊す体質でした。

いつも朝ご飯のあとはもたれている感じが続きます。

それでも習慣で「朝、食べないと身体に悪い」という刷り込みがあるので無理にでも食べていました。

だって、そのときは空腹が免疫力を高めるなんてことを知らなかったのですから。

 

足が変な事になっているくらいにしか考えていませんでした。

もちろん、食べる事もやめてなかったのです。

毎食後に甘いものを食べないと気が済まなかったし、お酒もたくさん飲んでいました。

砂糖とアルコールは身体を冷やす原因です

 

すると、次に違うめんげんが現れたのでした。

 

 

冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?のポイント

 

1 

冷えとり提唱者の進藤義晴先生の本を読みましょう。

なんどもなんども、読むといいと思います。

2 

半身浴はぬるめの温度で20分はしましょう。

熱い温度を好むのは身体が冷えきっているからです。

身体の冷えがとれて、お風呂上りもずっと温かいですよ。

3 

湯たんぽは購入するなら、陶器製がベスト!

熱すぎず、夏でも使用することができます。

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-足爪
-,

執筆者:


  1. […] 咳で苦しんでいる間、第2回目で少しだけお話しした足の親指の腫れ(http://rescue-joshies.com/2015/06/15/hietoriblog2/)は最初は赤くなっている程度でしたが、やがて黄色い膿みがでてきて、爪の根元が赤く腫れ上がり、肉が爪を覆うようになっていきました。(キャッチアップ画像の絵・グロすぎて写真の掲載を断念しました。申し訳ありません) […]

  2. […] (http://rescue-joshies.com/2015/06/15/hietoriblog2/) […]

  3. […] 足の親指二重爪(http://rescue-joshies.com/2015/06/15/hietoriblog2/) […]

  4. […] (http://rescue-joshies.com/2015/06/15/hietoriblog2/) […]

  5. […] (*詳しくは「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?」をご覧くださいませ。) […]

  6. […] (*詳しくは、「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?」をごらんくださいませ。) […]

  7. […] (*詳細につきましては、「冷えとり 足爪異常は最初のめんげん?」 「冷えとりとめんげん 呼吸器と消化器はつながっている?」をご覧くださいませ。) […]

  8. […] トップ1は、「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?」でしたが、今回のテーマはトップ2の記事です。 […]

  9. […] (*ベスト1は「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん」ベスト2は「冷えとり カユイとクサイ」です。併せてご覧くださいませ。 […]

  10. […] (*詳細につきましては、「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?」をご覧くださいませ。) […]

  11. […] (*ベスト1は「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん」ベスト2は「冷えとり カユイとクサイ」です。併せてご覧くださいませ。 […]

  12. […] (*詳しくは「冷えとり 足爪の異常は最初のめんげん?」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとり 足の小指の爪が剥がれた

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。 寒くなってきて、外にでかけるのがおっくうになってきました。 外出するときには、気合 …

冷えとり 男のめんげん 夫の場合12〜冷えとり1年目から4年目までに起こっためんげん〜

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもブログにご訪問いただき、ありがとうございます★   さて、11回にわたって、夫のめんげんについてお話してきました。 夫は病気のデパー …

冷えとり 男のめんげん 夫の場合2〜足爪〜

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます❤ さて、今までは自分に起こっためんげんについてをお話してきました。 今回のシリーズは男の冷えとりで …

冷えとり 足の指と足の爪の変化

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 今回のブログは、冷えとりを始めると、誰もが最初に悩まされる足の指と足の爪のめ …

冷えとり 呼吸器と消化器の関係

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です❤ いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただき、誠にありがとうございます。   冷えとりを始めると、まず足の親指が二重爪になったり、咳が止まらなくな …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと38日です。