家(住空間やインテリア)

逆算手帳手作り!塗り絵ができるマスキングテープのアレンジ方法

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

2018年から使用している逆算手帳が今年2年目になりました。
逆算手帳には夢を叶えるためのいろいろなページがありますが、それに自分のためのページを作ることにしました。

新しい手帳には付録で昨年のマンスリーがついていると思いますが、1年ごとに完結させたい私は、使わない月のマンスリーガントを自分用に仕立ててみました。

憧れの高峰秀子さんのように生きたい!

そんな思いを込めたページを作り、高峰秀子さんのライフスタイルや生き方をお手本に生きていきたいと思います。

今日の記事は、自分の好きな手帳ページを塗り絵ができるマスキングテープでアレンジする方法をご紹介いたします。

高峰秀子さんとは?


高峰秀子さん(1924ー2010)は女優です。
子役5歳の時から自分の意思とは関係がなく、女優になり、自分の意思で引退されました。

私は、映画が好きで高峰秀子さんを知ったのは成瀬巳喜男監督の「浮雲」でした。この中に出てくる高峰秀子さんは夢のように美しく、それでいて人の心に迫るものがあり、心惹かれました。

高峰さんの映画や本当読み、

こんなふうに生きたい!

私の憧れの人になりました。

私の逆算手帳の昨年部分の使わないマンスリーガントに高峰秀子さんページを作りました。

まず昨年のマンスリーの使わない月のページに色をぬれるマステを一面に貼ります。
そしてその上に大好きな高峰秀子さんの写真を貼りました。


使い方は、辛いことや苦しいことがあったら、高峰秀子さんの写真を見ながら、その生き方を思い出しながら、色をつけていきます。
そんなページにしてみました。

憧れの高峰秀子さんのページがどんどん華やかになっていきます。

こんな癒しのページも逆算手帳にあると楽しいです。

この年が終わったこのページは、こんな感じに仕上がりました。

逆算手帳アレンジ

その前の年よりもいやなこともなく、このページを開いて色を塗る時間もなかったので、すべては塗り終わりませんでしたが、それはそれでいい年になったと思います。

そんな年にできたのも逆算手帳のおかげです!

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

逆算手帳の記事の続きはこちらもどうぞ!

逆算手帳手作り2年目のマンスリーの使い方は読書と映画とお弁当記録に逆算手帳ユーザー2年目となりました。1年目から比べると2年目は試行錯誤の末、さらに使いやすくなってきたように思います。自分でカスタマイズしたいろいろなページを作ることもできました。 逆算手帳は、夢を叶えるツールで、マンスリーの使い方に悩むという声も多いです。私はその悩みをこんなふうに解決してみました。 今日の記事は、逆算手帳ユーザーの方に向けて、私のマンスリーの使い方をご紹介したいと思います。 今年は、マンスリーは読書と映画とお弁当作成の記録写真を貼り付けることにしましたよ!...

まとめ

好きな人や憧れの人のページを作ると、そこをみているだけでもハッピーになれる

自分の癒しのページを作るととても楽しい

色のぬれるマステはこちらです。

逆算手帳の作り方はこちらの本もとても参考になります。

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴14年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本