【冷えとり☆本の感想】ファイブソックスさんの『冷えとり通信』がメッチャいい☆

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

今日は、私がいつも冷えとりグッズを賈うネットの冷えとりショップ・ファイブソックスさんが出している冊子のご紹介をしたいと思います。

冷えとり通信は、もともとは、お買い物の時についてくるニュースのようなものでした!

ファイブソックスさんでは、子供がまだ幼児だった頃に冷えとり用品を購入していました。

ファイブソックスさんにつきましてはこちらをご覧くださいませ。→

その際にグッズと一緒に送られてくるプリントのお便りがとても面白く、為になるので、それが欲しいために毎月お買い物をしていたときもありました。

本当に参考になることばかりです!

購入した冷えとりグッズと1枚のお便りが届きますが、かわいいイラストもあり、とても読みやすいですよ。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

まとめて読みたいと思った時には、写真の黄色い表紙のようなものも販売されていました。(子供編、病状編、実践編、食べ物編などがあります。)

*詳しくは、こちらをご覧くださいませ。→

この冷えとり通信は内容的にもかなり充実していて、冷えとりおはなし会でも話題になり、一部コピーをいただいていたこともあります。

この度、その冷えとり通信がこの度一冊の冊子にまとめられました。

お値段はこの価格!!!

これで昔からの資料が一気に読むことができるようになったのです。

どうしても紙一枚のものだと紛失しやすいので、ファイリングする必要がありましたが、冊子の方が便利です。

冷えとり通信が素晴らしいのは、悩みを解決するページがどこかがすぐにわかることなんです!

冷えとり通信の目次は、他の書籍と変わっていて、目次の項目に適するものが数個ある場合、そのページが全て記されています。

例えば、うちの子供が悩んでいる”アトピー性皮膚炎について”は、44,86ページという具合です。

つまり、アトピーのお悩みについて知りたければ、この冊子の中に読むべきページが2ページあるということなんですね!

また、冷えとりは、1+1=2のような絶対的な正解はないものではありますが、冷えとり体験者の経験がとても参考になるんですよ。

もちろん、こちらの冊子にも体験談があり、それらはとても参考になります。

質問コーナーに至っては、そんなに深刻な悩みではないけれど、これはどうなのかなあと思うことが腑に落ちました。

まさに痒いところに手が届く感じ( ◠‿◠ )

地味な冊子ですが、内容は大変充実しているので、家に一冊あるととても便利だと思います。

こういうものは、きちんとした形で書籍として世の中に出ると、本当に役に立つのではないでしょうか?

この本をまとめてくださったファイブソックスさんに心から感謝です!

こちらの本は、書店では購入できませんので、ぜひファイブソックスさんにお問い合わせくださいませ。

ネットで購入されない場合は、冷えとりショップ繭結さんの店頭に置いてありました。(私はそちらで購入いたしました。)

また、ファイブソックスさんでは、書店で販売されていない進藤義晴先生の講演録をまとめられた冊子も販売されています。

ファイブソックスさんのサイトはこちらからどうぞ→

皆様の冷えとり生活がより充実いたしますように!

冷えとりを楽しくやっていきましょ☆