冷えとりショップ

冷えとりショップ ファイブソックス

投稿日:2017年8月25日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

 

冷えとりをするにあたって、どこでグッズを買ったらいいのかわからないというご相談をうけることがあります。

今は、ネットで検索できるので、自分の気に入ったところでお買い求めになればよいのですが、冷えとりのグッズは、ひとつひとつの価格が安いものではないので、できれば失敗したくないし、いいものをという気持ちになります。

参考になるかどうかわかりませんが、利用目的にあわせて私が利用しているお店をご紹介したいと思います。

 

ファイブソックスさん

ファイブソックスさんのサイトはこちら

冷えとりグッズはもちろんのこと、こちらでは入浴剤の取り扱いもあります。

冷えとり提唱者の進藤義晴先生が開発した杉っ子の取り扱いもありますが、パインバス・オンセンスはこちらでお買い求めできます。

 

パインバス・オンセンス

パインバスは昭和初めからある入浴剤なので、どこかで知っている香りがして懐かしいです。

松の精油を他の精油をブレンドし、家庭でも楽しめる入浴剤で、保温効果もあり、うちでは杉っ子と交互に使用しています。

(ヨーロッパでは早くから温浴効果を高めるのに、松の精油を使った入浴剤を使用していたそうです。ご存知でしたか?)

初めて、この湯に入るとピリピリした感じがしますが、やがて慣れます。

パインバス杉っ子同様にとても保湿効果があり、お風呂上がりもぽかぽかと体が温まっているのを実感できます。

 

ファイブソックスの資料

また、こちらのお店には、進藤先生の著書や講演会をまとめたプリント、お店独自の資料の扱いもあります。

その資料が充実して、とても参考になります。

(ものによってですが、有料でお買い求めいただけます。すでに絶版のものもあります。)

 

最大の特典としては、お買い物のときについてくる「くらしと健康通信」がすばらしいことです。

冷えとりの季節ごとのお悩みのことが書かれていたり、体験談がのっていたりするので、とても参考になるのです。

(こちらは無料で商品とともに添付されています)

 

(現在はこちらをまとめたものが販売されています。)

こちらのお店でも、冷えとりお話会を開催されているので、参加することもできますよ。

自分の目的にあった冷えとりショップを利用し、冷えとりを快適にすすめていきたいですね!

次回は、冷えとり勉強会や冷えとりおはなし会を開催している関東圏の冷えとりショップ繭結さんのご紹介です。

こちらのお店は私もちょくちょく利用させていただいています。

お楽しみに♡

風茜

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-冷えとりショップ
-,

執筆者:

関連記事

冷えとりショップ 健康絹物語しらはた

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 さて、今回も私が利用している冷えとりショップのご紹介・第二弾です。 …

冷えとりショップ 繭結

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきありがとうございます。 さてさて、4回にわたりご紹介してきた私が利用している冷えとりショップ。 最後は …

冷えとり 男のめんげん 夫の場合13 冷えとり嫌いの夫の変化

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。   風家では、家族全員が冷えとりをしています。 (夫・冷えとり歴 …

冷えとりショップ繭結の長澤さんのこと

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして誠にありがとうござます。 今日は、私が冷えとりコーディネーターになろうと思ったきっかけについてお話 …

冷えとり いろいろな角度から冷えとりをみよう

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 なんでもひとつのことにこだわりすぎて、やりすぎるのは危険なことです。 …

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと12日です。

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須