冷えとりの基本

冷えとり 平凡こそが基本

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

冷えとりは難しく考えることのない健康法です。

平凡こそが基本、それが冷えとり健康法なのです。

*******************************

【ただいま、無料メルマガにご登録の方に冷えとりのお悩み100の解決方法の目録PDFをプレゼントいたします】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須


 




 

冷えとり健康法5つの法則

 

冷えとり健康法5つの法則は、

頭寒足熱にして、

腹7分目。

心穏やかにして、

病毒は全て出し、

余計な心配はしない。

 

この健康の法則は、冷えとり提唱者・進藤義晴先生が著書で述べられていることです。

主典はこちら。

↓  ↓  ↓

 

病気は、手術して切ったり、湿布を貼ったり、薬を飲んだりしないと治らないと思うのですが、余計なことをしないほうが治りが早いということをご存知ですか?

この健康法の5つの法則は平凡ですが、平凡こそが基本なんです。

昔から、冷えは万病の元であり、手足足先を温めるように言われています。

皆様の体温はどのくらいですか?

36.5度前後が人の体温ですが、現代社会では低温の方が多く、35度もない方もいますので、驚きです。

頭の上の方は37度くらい、足先にいたっては31度くらいしかないので、温度差が5度くらいあることもあるのです。

頭寒足熱を奨励しているのは、熱は温かい方へ登っていくため、冷えのぼせになってしまいますので、靴下の重ねばき半身浴で補うというのが冷えとり健康法なのです。

そうすることで、足先も36.5度くらいになるのですね。

(*以前、東京国立科学博物館でサーモグラフィをしたことがありますが、重ねばきしている足先も温かさを示す色がでました。こちらは、常設展示場で無料で測定できますので、機会がございましたら、試してみると楽しいですよ。)

(赤いと体温が高いということになります。)

頭寒足熱ですから、半身浴も理にかなっています。

胸から下を低温で長く入ると温まります。

そして、食べ物は腹八分目ではなく、七分目。

食べ過ぎは内臓を酷使して、疲れさせますので、多少の空腹感があるほうがいいのです。

お腹が減ったからといって、すぐにものを口にいれたら、内臓の休む時間がありません。

少しは休ませてあげましょう。

また、おだやかでいるということは、感情に左右されないので、かっとして頭に血がのぼることも、思い悩むこともありません。

なにかを始める時に、不安だったり、心配すると、それが心の毒になります。(心の毒は食べ過ぎよりも悪いのです)

子供のときのように、毎日起こることを素直に受け入れて、心配しないで楽しむことが大切です。

冷えとり健康法は、セミナーや講座で学ばなくても、日常でできる平凡なことばかりです。

この平凡なことを続けていくことこそが、冷えとりの基本です。

 

 

冷えとり 平凡こそが基本のポイント

空腹でお腹がぐ〜っと鳴っている時こそ、免疫力が高まっていると、あのごぼう茶で有名な南雲吉則先生も言っておられました。

空腹のときこそ、免疫力が働くのですね。

先生はお腹が鳴っていると、免疫力が働いている!とわくわくされるそうですよ。

冷えとり健康法を始めると、自分の体と向き合うことが多くなります。

すると、体の声を聞けるようにもなります。

自分の頭で考える力もつくので、自分軸もできて、安心安全の感覚が身についてくるように私は思います。