冷えとりと食

冷えとり 食へのこだわりを捨てよう

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

 

冷えとりをはじめたばかりの頃、私は、がちがちの冷えとり野郎でした。

  • 健康にいいことを求めて、オーガニックでなきゃだめ
  • 無添加、無農薬、産地にこだわる

子供もアトピーということもあり、

  • 卵、牛乳NG(現在はだいぶ改善されて食べれるようになりました)
  • できるだけ体にいいものを食べさせ、アトピーを悪化させたくない

こだわりにこだわっていました。

オーガニック食材の宅配もとりましたし、産地にもとてもこだわりました。

でも、その結果、そのこだわりにはお金もかかるし、時間もかかりました。

こだわるあまり、ひとつのところでは買い物がすべてできなかったからです。

いろいろなスーパーやお店を回らなければならなかったんです。

  • この野菜はあのスーパーの産地がいい。
  • あの肉は自然放牧のものを仕入れているあの肉屋でないとだめ。

自然食品屋さんや高級スーパーにしかほしい食材がおいていなかったのです。

本当にがんじがらめで、身動きがとれませんでした。

自然農法のものは値段も高かったので、エンゲル係数がやたらと高い家でした。

そんなとき、ある言葉を聞いて目からうろこでした。

私、180度変わることができました。

それは・・・

 

食へのこだわりを捨てる

私が冷えとり7年目に、参加した冷えとり勉強会の講師の進藤幸恵さんはこんなことをおっしゃっていました。

「なにかの会合でお茶をするときに、『進藤さんはケーキは召し上がらないですよね?』と、言われたことがありますが、冷えとりをしているからといって、お菓子をまったく食べないわけでもなく、出されたものはありがたくいただいています。」

(*詳しくは、「冷えとり 冷えとり勉強会に行ってみました♡」をご覧下さいませ。冷えとり勉強会は、東京の練馬にある冷えとりショップ繭結さんで開催されております。ご興味がある方はぜひお出かけくださいね。繭結さんに関しましては、こちらをご覧下さいませ。)

この言葉は、がちがちの冷えとり野郎だった私には、目からうろこでした。

だって、私、何が何でも体を温めなければならないって、思考ががちがちだったのです・・・。

だから、食べるものも、体を温めるものをあえて選んで食べていました。

体を冷やす食べ物は、徹底して食べなかったんです。

打ち合わせで出される氷たっぷりのお茶も、口にすることはありませんでした。

でも、そういうことではなかったんですね。

お茶を出されたのに飲まないなんて、せっかくいれてくれた人にとても失礼です。

やはり、感謝していただく。

これが大事なんですよね。

それから、幸恵さんは、こんなこともおっしゃっていました。

「食べたい。でも食べると体に悪いし、と、うじうじ、くよくよと思うくらいならば、思い切って食べる。悩む方が、食べ物の毒より悪いんです。そして、食べてしまったら、しっかりと半身浴をして冷えをとればいいと考えます。」

(*心の毒は、体の毒の4900倍ともいわれています。5000倍という表記もあります。まあ、どちらでもすごい毒ということですね。)

 

ええ〜!

食べてもいいんだ〜?

 

これにも目からうろこでした。

確かに、食べたいと思っても我慢していたら、ストレスがたまります。

それなら食べて、その分、冷えをとっていけばいいなんて!

なんて、素晴らしい考えなのでしょう。

 

ちょっと、ダイエットの発想に似ている気もします・・・

食べたら動け!

 

この勉強会に参加してから、私は食べ物に関する考え方を180度変えました。

出されたもの、いただいたものをありがたく食べる。

産地や作り方にこだわるのもよいのですが、私は感謝を忘れていました。

感謝していただくのであれば、それはとてもいい気に変化するようにも思えます。

(もちろん、とくに執着するわけではありませんが、身土不二で手に入るものを調理し、いただくことも頭の隅にいれてあります。)

 

こだわりをなくしたら、とても楽しく暮らせることに気がつきました。

みなさんも、ガチガチ冷えとりから、フレキシブル冷えとりにしてみませんか?

とても、気持ちが楽になりますよ。

 

今日のポイント

進藤幸恵さんは冷えとり提唱者・進藤義晴先生のお嬢さんです。

冷えとり勉強会を各地で開催されています。

東京では月に一度冷えとりショップ「繭結」で開催中です。

いろいろな質問もできます。

氷は実は体を冷やす性質はありません。

氷のもともとは水だからです。

水は体を冷やすものではないから、凍らせてもその性質は変わりません。

飲み物は常温でなければならないと思っていた私には、これにも目からウロコでした。