レスキュー料理

レスキュー女子レシピ 〜子供に食べさせたい”ひじき料理”〜

スポンサードリンク

  子供のために、わたしにも食べられる料理

わたしは、ひじきが大嫌い!

なぜにあんなにあまい?

和定食を外で食べると、あまいサバ味噌煮の横にはあまいひじき。さば塩の横にもあまいひじき。

あますぎて、ひじきの味がよくわからん。

じゃあ、自分でつくってみよ〜。と、遠いむかし、『お料理1年生』なる大昔のレシピ本を見ながらつくってみた。

油を引いて水で戻したひじきを入れて炒める。すると、海藻独特の香りが広がり、なんだか胃がムカムカしてきて、食欲が一気に失せた。頑張ってレシピ通りに味付けしたら、やっぱりあま〜い!海藻臭さが鼻に残り、ほとんど食べられない。以後、何度かチャレンジしましたが、やっぱり臭がダメ。甘くならないようにすると臭いが勝ってしまってやっぱりダメ。以来、ほとんど作らなくなってしまったのです。

でも、こどもができた。

『ひじきにはミネラルが豊富で、成長ホルモンを促進する働きがある」

と、言われております。わたしは嫌いでも、こどもには食べさせないとな〜。だって、背高くなってほしいし。わたしの唯一のコンプレックスと言ってもいいのが、身長。169センチ。何度測っても169センチ。中学3年生から169センチ。なんで、あと1センチ伸びない!「身長いくつですか?」「170センチです」……。

なんで、わたしにシレーッと嘘をつかせる高さで止まってしまったのだ!わたしは嘘なんてつきたくないのに

だから、娘には、ぜったい170センチ突破してほしいな〜。

なんて、勝手なんでしょう。親のエゴ。自分の好き嫌いは放置しても、こどもには好き嫌いを無くしてほしい。なんて自分本位。それでいいのだ〜。だって、親だもん。

(やっぱり、親が美味しそうに食べてこそだよな〜。その姿を見てこどもは箸を伸ばすんだよな〜)

そうか!

 わたしが、美味しいと思えるひじき料理をつくればよいのだ!

 

好きな食材を混ぜ、見た目重視

 

ようするに、ひじきの匂いを消せて、あまったるくないあまさを他の食材で引き出せればよいのだ。

わたしも娘も大好きなあまい食材。それは、

さつまいも”

ひじきとさつまいも”  ??? 

合うのかしら?

とりあえず、つくってみるか。

レシピ

ひじき適量、さつまいも小2本くらい、小松菜2束くらい(インゲンでもいいです)、油揚げ1枚、サラダ油小さじ1、お酒大さじ1砂糖小さじ1くらい(あまさはお好みで)醤油大さじ1

油をフライパンに敷いてひじきさつまいも、油揚げ、小松菜を炒めます。小松菜を入れたのは、ここに緑色があったらきれいだな〜って思ったからです。インゲンでもいいと思います。どっちもクセないし。

さつまいもの皮は剥いてません。理由は、紫色がきれいだから。

黒と緑と紫と黄色のコントラスト。きれいだと思いません?きれいだと思うな〜。好きだな〜この色の組み合わせ。

で、お酒、砂糖、醤油を入れて煮詰めてできあがり。かんた〜ん。作るのはかんた〜ん。

問題は、味。 う〜ん。いものあまみがよろしいんじゃないでしょうか。まあまあ合格点。いも好きの娘はいもばかり食べてます。でも、いもにコバンザメのようにひじきがくっついております。それで、よろしいんじゃないでしょうか。

 ご飯に乗っけて、そぼろ丼のイメージで。ひじきと豆腐のそぼろ丼

IMG_2458

もっと、ひじきをがっつり食べさせたい!てか、わたしも食べられるようになりたい!

それが、これ。鶏ひき肉のように見えているのは豆腐です。

もちろん、鶏ひき肉でも大丈夫。てか、鶏ひき肉のほうが絶対においしいのですが、ここは、あえてヘルシーで攻めてみたいと思います。

レシピ

ひじき適量、木綿豆腐1丁、人参1/2本。ごま油大さじ1、お酒大さじ1、砂糖小さじ1、醤油大さじ1.5(ご飯にかけるのでちょっと多めがいいと思います)

ごま油を熱して、あらかじめキッチンペーパーで水分を除いた豆腐をいれます。しゃもじやヘラで押しつぶして焼くようにします。つぶしてつぶして〜。そぼろ状になるまでつぶして〜、豆腐の水分が全部飛んで香ばしく焦げ目がつくように焼いて〜、ひじきと、千六本に切った人参を入れて炒め、あとは、調味料を入れて煮つめます。味見をして、ちょっと、しょっぱいかなと感じるくらいがちょうどいいでしょう。

白いご飯に乗っけて、スプーンで食べるのもいいでしょうね。

さあ、どうでしょう。ごま油の香りが食欲をそそります。

苦手なひじきも、こうすれば、食べられました。

特別な味付けはまったくありません。

 合わせる食材をちょっと変えて、

 調味料の割合をちょっと変えただけ。

うん。ひじき嫌いのわたしでもおいしく食べられた。