家族の冷えとり 絹の下着 絹の毛布 絹の靴下

冷えとりショップ 健康絹物語しらはた

投稿日:2017年8月20日 更新日:

こんにちは。

冷えとり歴9年生の風茜です。

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。

さて、今回も私が利用している冷えとりショップのご紹介・第二弾です。

 

健康絹物語シルクしらはたさん

こちらのお店は、冷えとり初期にネットを検索していて発見しました。

サイトはこちら

このお店は、男性用の商品や子供用商品が豊富です。

家族総出で冷えとりをやる私たちにはとても便利でした。

男性用や子供用のシルク製品がなかなか見つからなかったからです。

そんなときにとても助かりました。

靴下はもちろんのこと、男性用スパッツの取り扱いや、子供用の肌着や靴下もありました。

男性用のスパッツは股のところのつくりが男性用になっていたので、冷えとりボーイズの方にはとても便利だと思います。

下の写真は、男性用絹のトランクスとスパッツです。

        

 

 

 

子供が幼児の頃には子供用のシルクのパンツとシャツもあり、重宝しました。

(子供が幼児の頃にはあまり子供用を扱うお店がありませんでした)

 

 

 

シルクの毛布は家族分をこちらで購入しました。

 

現在は擦り切れて、こんな感じになりました。

シルクは毒を吸ってくれますので、長い間使用して毒を吸ってくれたのかもしれませんね。

 

こちらの店は、シルクの毛布のアウトレット価格のものがあり、当時は通常よりお得な金額で買うことができました。

 

 

また年始のお楽しみ福袋企画もとても楽しみです。

こちらはいらないものが入っているかもしれない福袋ではなく、たとえば1,000円支払ったら、100円が福袋として、付いていて、好きなものをお買い物できるので、よく利用させてもらいました。(購入する金額によって、付いてくる金額も変わります)

しらはたさんは買い物の金額合計によって、シルク製品のおまけがもらえました。

シルク石鹸、体をあらうシルク、シルクスカーフなどいただいたこともあります。

金額に関わらず、だれでもシルク五本指の靴下はプレゼントでもらえました。(こちらはサイトでご確認くださいね。)

とてもいいことづくしのネットショップです。

男性用、お子様用でお困りの際はぜひのぞいて見てくださいね。

風茜

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-家族の冷えとり, 絹の下着, 絹の毛布, 絹の靴下
-, ,

執筆者:

関連記事

冷えとり 次のめんげんは呼吸器

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 前々回から、続いてよく読まれている記事のご紹介をさせていただいております。 冷えとりをすると、咳が止まらなくなるという過程を経験することがあります。 これが …

冷えとり 家族からの抵抗3

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です❤ いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。   さて、前回のブログで、東日本大震災のために避難した九州の義理両親宅で、思うように冷えとりが …

冷えとり 仲間になるとき3

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます❤   さて、前回までは、冷えとりをやっているお友達が欲しくて、どこに行けば知り合うことがで …

子供がアトピーになった! 〜闘うアトピー6 親の決意が全て〜

すべての鍵は、親が方針を貫くこと   究極的には冷えとり健康法をやっていれば、医者や薬もいらず、インフルエンザなどの高熱でも半身浴のみで完治させることができる。 と、いう説も、冷えとり健康法 …

冷えとりショップ 841

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中から、ご訪問いただき、本当にありがとうございます。 今日は、どこで冷えとりグッズを購入したらよいのかわからないというお問い合わせが …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

56人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと126日です。