職場での冷えとり

冷えとり 心の毒?!〜7本当の回復まで ③行動

投稿日:2018年5月17日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき本当にありがとうございます💕

 

5604a2f1d2687ba3dc302d33f8d011f3_s

さて、前回までのお話では、私がめまいを再び発症し、会社を休職することになりました。

それを心の病気かもしれないと疑うようになり、いろいろ調べ始めました。

本を読んだり、ネットでいろいろな事例を検索したりしていると、夫から「インプットも大切だけど、アウトプットはさらに重要」と言われたことから、ブログを書くことを勧められ、この私がブログを書くことを始めました。

(*前回までのお話は、

冷えとり 心の毒?!−1めんげんはどこから? 

−2目のけいれんはストレス? 

−3西洋医学での問診 

−4再びめまいが訪れる 

−5本当の回復まで①話すこと 

−6本当の回復まで②ブログ 」をご覧くださいませ。)

私はどのように変化していったのでしょうか?

健康を取り戻すことができたのでしょうか?

続きをご覧くださいませ。

 

決断と行動

 

少しめまいはおさまってきましたが、まだまだ完全には治りませんでした。

少しおさまっては、まためまいが出て、休むの繰り返しでした。

少しづつ快方へ向かうように、めまいがあらわれる頻度が減ってきたように思います。

このころ、2週間に一度は薬を処方してもらうためにかかりつけの耳鼻科を受診していました。

(受診はしていましたが、このめんげんは毒出しだと思っていたので、処方された薬は飲みませんでした。主に薬を飲まない状態でも、平気かどうかを先生に診てもらっていました。もちろん先生は私が薬を飲んでいないということを知りません。)

毎回受診していた時に、その女医の先生にいろいろなことを話しました。

「せっかく正社員になった仕事なのに、辞めてしまっていいのだろうか? この年齢でまた社員になることは難しい。なんとかめまいの様子を見ながら、仕事を続けたほうがいいのではないだろうか? 生活もあるし、収入もなくなることも不安だし、辞めるということにまだ踏ん切りがつかない。」

そんなことを相談しました。

すると、先生はこんなことを言ってくれました。

「ずっと体調が悪い状態でいるのも、音ちゃんも気にしていると思うよ。気にしていないように見えて、案外子供はお母さんのことを見ていて、気にしているからね。それに一度復帰しても、全然仕事先ではその環境は変わらなかったし、むしろ厄介者扱いだったよね。風さんの見た目が病気のようには見えないよね?だから、会社の人もつい普通に接するから、あの環境での仕事は風さんの体調をさらにひどくするかもしれない。だったら、風さんはインテリアコーディネーターの資格もあるのだから、フリーでやってもいいんじゃない? 仲間を募って一緒にやってもいいし・・・・。そのためにHPを作ったり、セミナーみたいなものを開いてもいいんじゃない? 近くにある○○ビルでよくそういう無料の会なんかやっているから、そういう場所を借りてやってみてもいいし・・・・」

「私にフリーでやっていけるんでしょうか?」

「すぐには、それだけで食べてはいけないかもしれないから、バイトやパートをしながらでもいいんじゃないかな? 体が健康であればそれに越したことはないし、風さんには頼りになるご主人もいるし、元気な音ちゃんもいるのだから・・・」

「仕事を辞めるのはまだ決断ができないので、もうしばらく考えてみます」

「時間があるのだから、ゆっくり考えればいいと思うよ」

そう耳鼻科の先生は勧めてくれました。(私は仕事を辞めて、フリーになるなんて発想は全くなかったので、先生のこの言葉にとても驚いたのを思い出します。夫がフリーで大変だったのを知っていたし、親からは会社員であることがすべてと叩き込まれていたので、そのような発想がありませんでした。のちにこのことについては書きたいと考えています。)

この時、私は先生に、会社に連絡しようとするとめまいが起こるということも相談しました。

「これは、メニエル病ではなく、うつ病なのではないか? だとしたら、心療内科のようなところを受診したほうがいいのではないか?」ということも聞きました。(処方された薬も飲みもせずに、よくこんなことを聞いたと思います💦)

それに対して、先生はこのようにおっしゃいました。

「風さんはただのめまい。それにそんなんところに絶対に行ってはダメ。抗うつ剤を飲んでしまったら、取り返しのつかないことになる。私が処方している薬は、ビタミン剤が中心なのでそんなに身体には影響はないはず。でも、抗うつ剤は一度飲んだら離れることができなくなるの。家族のためにも行く必要はないと思うよ。」

「本当ですか?」

「そう。だから、今は少しづつ回復してきているのだから、外に出て、歩く練習もして、感覚を取り戻していく訓練もしたほうがいいと思う」

この時のことを思い出すと、パッと目の前が広がったのを思い出します。

冷えとりおはなし会では、医者に行くのは救急の時だけということを聞いていましたが、それは医者がすぐに手術や薬を処方して、体がせっかく毒を出そうとするのを止めてしまうからなのです。

私は、たまたま、かかりつけのお医者様がとても親身になって、診てくださったので薬漬けになることもなく、寝付かないように指導されて本当によかったと思います。

あの時、気力を失い、寝付いてしまったら、回復は難しかったかもしれません。

耳鼻科の先生から、漠然と、フリーになって生きて行くことを勧められましたが、まだ自信がわかなったので、とりあえず派遣に登録しに行って、週3回くらいの仕事から社会復帰していくのもいいかもと考えるようになりました。

生きていく選択肢が広がりました。

そこで、めまいの状態が少し落ち着いて、派遣に登録に行きました。

若い人に混じって、仕事があるのかとても不安でしたが、同い年の派遣で働く友人から仕事はあると聞いていたので、トライしてみようと思えたのです。

たくさんの人と話して、いろいろな考えを聞くことができたおかげもあります。

すると、登録して、仕事を検索してみると本当にたくさんありました。

「派遣は正社員に比べて、保証やボーナスなどもない、だから正社員にしがみつけ」とよく言われていますが、自分のその時の給与を考えた時に、ボーナスを加えたとしても派遣で仕事をするのとあまり変わらないこともわかりました。それを知り、このわずかのお金のためにパワハラやモラハラで我慢を強いられ、体調を崩すというのが本当にバカバカしく思えました。(それに今は正社員だって、突然の解雇や倒産の危機にさらされる時代です。保証なんて誰一人ない時代になってしまいました)

とりあえず、仕事を辞めても安心ということを知り、ホッとすることができました。

次に、寝付いてはいけないと言われていたのに、午後はずっとベッドで過ごしていた私を見ていた夫が、

「今まで忙しくて全く旅行に行けなかったから、どこか旅行に行こうか?」と

私を連れ出してくれました。

そして、戸隠の奥社に出かけたのですが、奥社本殿までは往復1時間は歩いていかなければなりません。

最初は体力に自信がなく、「無理だから、鳥居の近くの茶屋で待っているから」と言うと、子供と夫がゆっくりでもいいから一緒に行こうというので行くことにしました。

めまいでたどり着くことができるのだろうかと心配でしたが、奥社の本殿までなんとか到着することができました。

そこで、願い札に「仕事を辞める。私のような目に遭っている女性を助ける仕事を起業する」と書きました。

(ここでこの札に願い事を書くと叶います。その前の年に子供が全く逆上がりができなくて困っている時に「逆上がりができるようになる」と書いたらできるようになりました。お出掛けの際には是非お試しくださいね。ただし、簡単に行けるところではありませんので、覚悟が必要ですが、並木道がとても素晴らしいところです)

奥社では、少し巡り合わせのようなこともおきました。

(*詳しくは、冷えとり 心のめんげん?! 番外編 わらしべ長者」をご覧くださいませ。)

こうして私は、ゆっくりでも山道を1時間かけて歩けるようになるまで回復してきたのです。

さらに、この時、不思議な巡りあわせが起こったことで、私は仕事を辞めようと思うようになりました。

 

IMG_7747

戸隠神社奥社で蛇に会いました。

 

次の耳鼻科検診の時に、私は先生にこう話しました。

「仕事を退職しようと思います。そして体調が完全に回復するまで、週に3回くらいの負担にならない仕事を派遣で見つけて、始めようと思います」

休職をしてひと月経った頃でした。

先生はとても喜んでくれました。

「ただ辞めるというのは悔しいので、ボーナスをもらってからにしようと思います」

先生は今すぐに辞めると思っていたらしく、え?!という意外な顔をしました。

私は、自分の体をこんなにした会社から、せめてボーナスくらいをもらわないと気が済まないと思っていたのです。

冷えとりでは、こういうのを強欲というのだと思います。強欲の人は大腸に毒がたまることが多いそうです。まさに私のことだと思います。)

ただ、私の会社はボーナス支給の時期が遅く、7月中旬でしたので、それをもらってから退職申請すると8月半ばに退職ということになります。

まだまだずっと先のこと。

先生は、まだずっと先だから、それまでに、また会社とやり取りをして体調を崩さないといいのだけどと心配してくれました。

でも、私はボーナスくらいは貰わないと気が済みませんでした。

そう思っていると、派遣先から仕事の依頼が来て、8月よりスタートの前からやりたかった仕事がすぐに見つかったのです。

となると、もう7月末には仕事を退職しなければならなくなりました。

そうなると6月までには会社に退職の意思を示さなければなりません。すると、必然的にボーナスはもらえなくなります。

果たして私はどうするべきか?

目先の利益をとって、本当にやりたい仕事を見送るべきか?

それとも、利益を逃して、本当にやりたいことをやるべきか?

当時の私は、何かを捨てたら何かを得られる法則を知りませんでした。

どっちも欲しい!

強欲の極みでした・・・。

 

冷えとり 心の毒?!〜7本当の回復まで ③行動/今日のポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

休職中に一番励まされたのが、同じ会社の人からのメールや手紙でした。

ブラックな会社の中にも、光り輝くような人は必ずいます。

人間は本当に苦しい時に人の本質がわかるということがわかりました。

早く良くなってねという励ましよりも、日々のことなどを週に1度メールしてくれた会社のその人にとても感謝しています。

傷病手当金をもらっていた人が病気で退職する場合は、すぐに失業保険はもらえません。

(失業保険は働くという意志のある人、または働ける状態にある人対象です)

ハローワークに行って、受給期間の延長の手続きをすると、最長3年まで支給開始を延長することができます。

(受給日数は増えません。延長の間には傷病手当金ももらえます)

延長期間が終わってから、失業保険の給付を受けることができます。

お近くのハローワークに自分のケースをお問い合わせくださいね。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-職場での冷えとり
-,

執筆者:


  1. […] (*これまでのお話は、「冷えとり 心の毒?! 1めんげんはどこから? 2目のけいれんはストレス? 3西洋医学と問診 4再びめまいが訪れる 5本当の回復まで➀話すこと 6本当の回復まで②ブログ 7本当の回復まで③行動 8本当の回復まで④退職と始まり 」をご覧下さいませ。) […]

  2. […] (*前回までのおはなしは、「冷えとり 心の毒?!1めんげんはどこから 2目のけいれんはストレス? 3西洋医学での問診 −4再びめまいが訪れる −5本当の回復①話すこと −6本当の回復まで②ブログ −7本当の回復まで③行動 」をご覧くださいませ。 […]

  3. […] (*休職したという詳細につきましては、「冷えとり 心の毒?! 1めんげんはどこから? 2目のけいれんはストレス? 3西洋医学での問診 4再びめまいが訪れる 5本当の回復まで➀話すこと 6本当の回復まで②ブログ 7本当の回復まで③行動 8本当の回復まで④退職と始まり 9ゆるい便とおなら 番外編〜わらしべ長者〜 」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとり 仲間になるとき1

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつも、たくさんのブログの中からご訪問いただきありがとうございます❤     前回までは、冷えとり仲間との楽しいおしゃべりをご紹 …

冷えとり 仲間になるとき3

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもブログを読んでくださり、誠にありがとうございます❤   さて、前回までは、冷えとりをやっているお友達が欲しくて、どこに行けば知り合う …

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと11日です。

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須