冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み80「帽子やマフラーができない」

冷えとり100の声
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をご紹介しています。

今日のお悩みは、「帽子やマフラーができない」というお悩みについてです。

冷えとり100の声80/100 帽子やマフラーができない

→冷えとりでは頭や首から毒が抜けていきます。
しない方がベスト。
――――――――――――――――――――――――――

ここ数年、夏の暑い日でも
おしゃれでスカーフを首に巻いたり、
ニット帽をかぶっている人をみかけます。

見て目は、とても素敵で思わず真似したくなります。

でも待ってください!

冷えとりでは、毒は首から抜けていきます。

「首という場所を冷やしてはいけない」と
言われていますが、
冷えとりでは、冷やしてはいけないのは、
足首だけ。

首や手首からは毒がでていくので、
そこは熱が出やすいようにしたほうがいいのです。

とくに右手首は冷やすことで涼しさを感じますので、
夏には右手首にアイスノンをつけると、
暑さを和らげることができるのです。

詳しくは▼

体温を越える猛暑の夏の3つの冷えとり対策気温が40度越えしそうです。 熱中症で病院へ搬送されている方も多い中、靴下の重ねばきやレギンスの重ねばきをする冷えとりしていて大丈夫? 猛暑の夏に、下半身にたくさん靴下やレギンスをはいている冷えとりの3つの対策をご提案します。これをすると、かなり違いますよ。...

この記事から、
できるだけ、首にはマフラーや手袋をしないほうがいい
ということがわかりましたね?

これは冬でも同じ考えです。

冷えが取れてくると、
冬に首がスースーしたり、
指先が冷たくなることもなくなりますので、
自然とマフラーも手袋も必要がなくなってきますよ。

私も冷えとりをする前は、
とっくりセーターは必需品でしたが、
今では冬でも首の開いた服を着るようにしています。
もちろん、手袋も必要なくなりました。

こんなふうに冷えがとれてくると、
服装も変わってきますよ。

ただし、シルクのスカーフは毒を吸ってくれますので、
首に巻くのはおすすめです。
どうせ巻くなら、シルクのスカーフを巻きましょう。

タンスに眠っているシルクのスカーフを
ぜひ活用してくださいね!

頭に帽子をかぶらないほうがいいのは、
頭寒足熱にするためです。

頭が熱くなると、
血液は上の方に登っていき、のぼせになります。

そんな理由からも頭に帽子を被らない方がいいのです。

次回は、
ぴたっとした服は着れない
についてお話しします。

ファッションでは、女性はラインを美しく魅せるために
ぴたっとした服が好まれます。

でも、体に張り付くような服は
本当は好きですか?

冷えとりをすると、ぴたっとした服が
着たくなくなる
その理由はこちらをご覧くださいませ。

冷えとり100の声81
【冷えとり100の声】お悩み81「ぴたっとした服が着れない」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をご紹介しています。 今日のお悩みは、「ぴたっとした服が着れない」というお悩みについてです。...

******************************************

メルマガご登録読者の方に冷えタイプチェックシート付冷えとり基本EーBOOKをプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

風茜の冷えとりメールマガジン
冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎月ゾロ目の日の21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は355人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴14年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本