風茜の冷えとり本
冷えとりお悩み

【冷えとり100の声】お悩み48「お風呂に入れない環境にいる」

冷えとり100の声48
SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をメルマガでご紹介しています。
今日のお悩みは、「お風呂に入れない環境にいる」というお悩みについてです。
冷えとり100の声は無料メールマガジンにて、毎回詳しくお伝えしています。

お悩み48/100 お風呂に入れない環境にいる

→足湯で対応しましょう

――――――――――――――――――――――――――

冷えとりでは、何よりも半身浴を推奨しています。

冷えとりといえば、
靴下の重ねばきが突出していますが、
実は、半身浴が一番大事なことなのです。

冷えとりの基本は、
24時間頭寒足熱状態を作ること。

本当ならば、24時間半身浴をしていれば
いいのですが、生活がありますので、
そういうわけにもいきません。

そこでそれを補うために、
靴下の重ねばき、就寝時に湯たんぽを入れる
ということをするのです。

ところが、外国で暮らしていたり、シェアハウスでの
共同生活、家族が多くて長時間の半身浴ができないという
場合もあります。

そんな時は、ぜひ足湯だけでもしてみてください。

足からお湯に毒が溶けていきますので、
全身湯に入らなくても大丈夫です。

冷えとりできない環境では足湯で効果をあげよう!シェアハウスや大家族の場合お湯やお風呂は日本では当たり前のこと。昔みたいに家族も多くなければ、好きなだけお風呂で半身浴ができます。ところが、シェアハウスや外国で暮らす人にとっては、そんな環境は当たり前ではありません。 特に水は貴重なものなので毎日の入浴ができないのが外国のライフスタイル。シェアハウスでもお風呂の長時間の使用はご法度です。 そんな時にどのようにして冷えとりの効果をあげたらよいでしょうか?...

足湯ならば、長い時間できますし、
体力が落ちて湯に入れない人でもできます。

できることから、冷えを取っていきましょう。

足湯も難しいときは、足元を温めるために、
靴下の枚数を増やしたり、
湯たんぽで足を温めるなどの工夫をしましょう。

冷えとり湯たんぽ
足を温めるグッズを安く手作り!ぽかぽか足温器を簡単に作る技冷えとりといえば、靴下の重ねばきが有名です. でも、一番大切なのはなんといっても、半身浴。 できれば、24時間半身浴をしている状態が好ましいのですが、実生活においては、そんなことは無理ですよね? そういうわけで、それを補うために靴下の重ねばきをしているのです。 できれば、頭寒足熱で頭と足先の温度差をなくしたいものです。 今日の記事は、冷え対策グッズの足温器を簡単に作る技をお伝えいたします。...

そして、できるときには、
半身浴を心がけてくださいね。

半身浴 > 足湯 > 足を温める(靴下、湯たんぽ)

です。

次回は
「49/100 お酒がやめられない」です。

実は、私も夫もお酒が大好きすぎて、
なかなかやめることができませんでした。

次回は、お酒をやめるために
どうしたらいいかについてお伝えいたします。

冷えとり100の声49
【冷えとり100の声】お悩み49「お酒がやめられない」ブログに寄せられた冷えとりのお悩み100をご紹介しています。 今日のお悩みは、「お酒がやめられない」というお悩みについてです。...

******************************************

メルマガご登録読者の方に冷えとり100の声お悩み目録をプレゼント中です。

ぜひご登録くださいませ。

冷えとり無料メールマガジン冷えとりコーディネーター風茜の冷えとり無料メールマガジンは、毎月ゾロ目の日の21時半に配信しています。季節の冷えとり情報、冷えとりのあるあるお悩み解説、ちょっとブラックな冷えとりB面をメールマガジンでお伝えしています。ただいま登録者は270人です。冷えとりの輪がもっと広まりますように!...
風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本