インテリア衣食住のあれこれ

ミネペルホネンの「call」で冷えとり友達と♡

投稿日:

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。

衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。

たまに冷えとり衣食住の毎日をお伝えしていきます☆

 

冷えとりガールズと自分会議MTG

ミナペルホネンの皆川明さんのセレクトショップ「call」で
冷えとりのお友達とランチをすることになりました。

「call」についてはこちらをごらんください。→

久しぶりにお互いの近況報告をすることになったUちゃん。

*若い冷えとりガールUちゃんの冷え取りについての記事は、「冷えとり 若い女子友(冷えとりガールズ)」もご覧くださいませ。

Uちゃんは私がインテリアの会社で、
コーディネーターとして働いていた時に、
私の足元をみて、
「もしかして、冷えとりしていますか〜?」
と、声をかけてくれて以来、
仲良くしている20歳年下のお友達です。

そんなUちゃんから、皆川明さんを教えてもらい、
大好きになった私は、Uちゃんとお茶をするために、
今回セレクトショップの「call」へ出かけてきました。

「call」の中には、「家と庭」というcafeもあり、
美味しいランチもいただけました。

(スープランチ 三種類のスープから選べます。お茶付き1300円。)

 

皆川さんのデザインしたお皿は以前ジノリで購入したことも
あるくらい、大好きですが、こちらのお店では可愛い食器を
使っています。

(*ジノリとコラボの記事は、
冷えとりインテリア 大好きなミナペルホネンの皆川明さんの食器
をご覧くださいませ。)

インテリアもとても素敵です。

 

天井のデザイン、床の貼り方、
すべてがとても参考になります。

ずっとお話ししていて、
デザートもいただきました。

スプーンでのデザインすら、ときめきます♡

Uちゃんは冷えとりをしていて、靴下の締め付けが
苦しかったけれど、今は気にならなくなったとのこと。
(締め付けがきになるときは、841さんの靴下がよいです。)

それから、半身浴も長くできるようになったとのこと。
(頭に水をかぶると長く入って入られます。)

そして、そして、一番の変化が、
ずっと、ずっとやりたかったことを始めるために、
会社員であることを辞める決意をしたこと。

そう、
冷えがとれてくると、
本当に自分がなにをしたいのかが
こんなふうにわかってくるんです♡

取り入れ、めぐらせ、捨てるは本当です。

冷えとりの基本「取り入れ、めぐらせ、捨てる」
毎日実行しましょ。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-インテリア衣食住のあれこれ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

冷えとり How to 靴下の収納

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき、本当に感謝しております。 さてさて、皆様は冷えとり用の靴下の収納はどうされていますか? 風家では、私8枚ばき …

冷えとりインテリア いい物件を探そ☆高層マンションの巻

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 (実はインテリアコーディネーターでもあります。) 冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。 衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。 子供が …

冷えとりインテリア いい物件を探そ☆テラスハウスの巻

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 (実はインテリアコーディネーターでもあります♡) 冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。 衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。 子供が …

冷えとり毎日〜取り入れ、めぐらせ、捨てる 楽器のリサイクル

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 冷えとりでは、衣食住でも取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。 子供が小学生のときに使用していた鍵盤ハーモニカが 進学とともに必要なくなりました。 まだ …

冷えとりインテリア いい家物件探そ☆大京不動産の目黒物件と査定

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 (実はインテリアコーディネーターでもあります。) 冷えとりでは、取り入れ、めぐらせ、捨てるが基本。 衣食住でも、冷えとりをとりいれましょう。 子供が …

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと10日です。

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須