インテリア衣食住のあれこれ

冷えとり 頭寒足熱のお部屋にしましょう☆

こんにちは。

冷えとりインテリアコーディネーターの風茜です。

 

この春、子供の進学とともに、
次から次へと電化製品が壊れ、
出費に見舞われています。

でもね、
電化製品が壊れる時って、
家族の厄を負ってくれることだから・・・
代わりになってくれてありがとう
そう思うことにしているんです。

実際、冷えとりの春の毒出しで、
実家からの逆襲や、
夫婦間の問題など、
3・4月は小さないざこざがたくさんありました。

そこにきて、寝室のエアコンが
壊れてしまいました。

家族の厄を背負ってくれてありがとう!

うちでは白物家電は日立と決めています。

そして歳をとってくると、
電化製品もよく理解できなくなってきますので、
また同じメーカーの白くまくんを購入!

勝手にお掃除をしてくれるものです。

私は取説を熟読派。

勝手に掃除してくれるものでも、
3ヶ月に一度はフィルター部分のお掃除は
必要です。

うちでは、子供が喘息がひどかったときに、
冬の間はエアコンをかけて寝ていました。

喘息がおさまると、肺の毒がアトピーとして出てきて、
一時的に肌が悪化し、かゆがりました。

暑くなるとかゆがるので、夏にもエアコンを使用していました。
実質、1年中エアコンを活用していましたので、
耐久できなくなってこわれたみたいです。

(それでもエアコンは8年持ちました。
7年でまだ動くようなのであれば、
買取もしてくれるそうですよ。
リサイクルもできますよね。)

ヤマダ電機は最近保証も延長してくれるようになり、
壊れても安心です。

家の中でも、
頭寒足熱ができるように
エアコンの風だけに頼らず、
窓を開けて、空気を上下でかきまぜたり
しましょう。

エアコンプラス扇風機を使って、上だけ暑くならず、
下の冷たい空気は上に行くようにかきまぜて、
お風呂のようにちょうどいい温度にするのがベストですね♡

部屋の頭寒足熱もこころがけましょう。

取り入れ、めぐらせ、捨てる冷えとり毎日でした。