子供の冷えとり(風音)

冷えとり 穏やかになる5 子供の時から冷えとりをすると?

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です?

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます❤

最近ブログの終わりにお便りフォームをつけてみました。

すると、皆さんから温かいメッセージが届くようになり、私たちはそれをとても励みにしております。

ade7cdf47a12c77f75623bee071cf679_s

ご感想をいただきました方々、本当にありがとうございました。

今日は、とても嬉しいご感想がありましたので、ご紹介させていただきたいと思います。

 

風茜さん、風宏さんのブログ、毎日お邪魔していて、いつも興味深く読んでいます。毎日更新頂き、ありがとうございます。
冷えとり、子育てのはなし、働く女性のはなし、参考にさせていただいたり、耳がいたいなと自戒させていただいたりしています。
ところで、今日コメント差し上げたのは今日の音ちゃんの絵があまりにキレイで心に響いたからです。
羽根の細かい模様、鮮やかな色彩、孔雀さんの高貴な表情、しばらく見いってしまいました。
茜さんのブログの挿し絵をいつも楽しみに見ていますが、今日の絵は本当に美しかった。
音ちゃんの孔雀さんを見ながら、この孔雀さんのように誰かの心を鮮やかに照らせるきっかけを作っていければな、と思いました。
これからもお二人のブログ、そして音ちゃんの挿し絵を楽しみにしています。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

IMG_0874こちらは元旦にアップした絵です。

茜より

こんにちは。
いつもブログにお越しくださいましてありがとうございます。
ご感想をとても嬉しく拝見いたしました。
特に挿絵についてのコメントは本当に嬉しかったです。
いつも音に「今回はこういうテーマでお願いします」と
課題を与えてやっているので、彼女も自分の絵で喜んでもらってとても喜んでいました。
親としてもとても嬉しく本当に心からお礼申し上げます。

これからもどうぞ私たちのブログにお立ち寄りいただければ幸いです。
私もとても励みになります。
ど うぞこれからもよろしくお願いいたします!

 

皆様はお気付きでしたでしょうか?

この冷えとりブログの挿絵は、子供が描いております。

この日はお正月で孔雀の絵をアップしました。

この時、シンクロニシティが起こったことも、また不思議なことだと私はしみじみ思いました。

大晦日の日に、うちの家族の恒例の行事である墓参りに鎌倉に行きました。その時についでに鎌倉を散策するのですが、杉本寺に行ったところ、ろうそくに願い事を書くと叶うというものがありました。

子供がやりたいというので、書かせたところ、「アーティストになりたい」と書きました。

翌日、近くの氏神さんに初詣に出かけたところ、絵馬に「くじゃくの絵がうまくかけますように」と音は書きました。

子供は、くじゃくの絵を描くことで人を幸せにしたいのでアーティストになりたい、だから、くじゃくの絵がうまくかけるようにと絵馬にお願いを書くのだと教えてくれました。

そして、元日は家でのんびりとしていたところ、前述のメールをいただき、驚きとともに本当に嬉しく思いました。

まさに、子供が願っていたことが、こうして現れたのです。

これこそ、シンクロニシティ!

(*シンクロニシティとは、偶然の一致で宇宙からのメッセージという意味で使われる言葉です。)

神様からの答えが、ブログの感想のメッセージとして音に届いたのかもしれませんね!

本当に不思議なことです!

 

e888b0733527badb5af5ab4e5457afd2_s

 

さて、今回は子供の頃から冷えとりをしていた音の穏やかさについて、お話ししていきたいと思います。

今、これをお読みになっている方は、ほとんど大人になってから、冷えとりを始められた方が多いのではないかと思います。

私も含めて、嫌なことが起こると、なかなか穏やかにいられなかったりする方も多いのではないでしょうか?

(*詳細につきましては、「冷えとり 穏やかになる1   」をご覧くださいませ。)

では、小さい頃から冷えとりをしていたら?

一体どんな子供から大人に成長するのでしょうか?

私のように穏やかになりたいと思うこともなく、自然と穏やかな性格になるのでしょうか?

 

 

もともとの音の体質と性格

 

音は、赤ちゃんの頃から冷えとりをしていたというわけではありません。

保育園は、裸足保育でしたし、育児書にも薄着や裸足が奨励されていたので、私もそれに従って裸足教育を取り入れていました。

もともと子供は、大人に比べれば、発汗が強いので、寒くないと思い込んでいました。(そんなことはないということがのちにわかりました)

ところが、8ヶ月の頃にほおにものすごい湿疹が現れ、アトピーと診断されました。

それから、なんとかアトピーを改善したいと思い、いろいろな病院に行って診断を受けたり、本を読んだりしているときに、冷えとりに出会ったのです。

(*詳しくは、「子供がアトピーになった!〜闘うアトピーvol1〜 〜vol2〜 〜 vol3〜 〜vol4〜」をご覧くださいませ。)

Unknown IMG_0395-2

万病を治す冷えとり健康法/進藤義晴【1000円以上送料無料】

価格:1,404円
(2018/4/26 23:21時点)
感想(0件)

【中古】 万病を治す「冷えとり」生活療法 冷えは万病のもと / 進藤 義晴 / 海竜社 [単行本]【メール便送料無料】【あす楽対応】

価格:293円
(2018/4/26 23:22時点)
感想(0件)

医者知らず「冷えとり」で完全健康人生増補改訂版 [ 進藤義晴 ]

価格:1,512円
(2018/4/26 23:23時点)
感想(7件)

そして、上記の写真にある冷えとりに関する書籍をいろいろ読みました。

大人の冷えとりの体験記はありましたが、子供の冷えとりについてのことが書かれているものはあまりなかったのですが、進藤先生の著書には子供が冷えとりをやるとどうなるのかについての記述があり、とても参考になりました。

生命力の強い子供になる

この記述にとても惹かれました。なぜなら、私自身が子供の頃から身体が弱く、手術や入院などを繰り返してきたからです。

身体が弱いのが遺伝していたら、とても悲しいし、なんとか強い子を育てたいものだと思っていたのです。

でも、子供の冷えとりの体験があまりなかったので、本当に効くのがが疑心暗鬼でした。

まずは大人の私から冷えとりを始めてみることにしたのです。

そして、私が冷えとりを始めて、あんなに重かった生理痛がなくなったり、いろいろな体質が改善されるようになり、「これだ!」と思い立ち、冷えとりを音にも試してみようと決意したのでした。

音は、冷えとり歴が6年になります。(2016年1月現在)

保育園で自分で着替えをしたりできるようになった頃から、靴下を2重ばきさせることから始めました。(絹と綿の靴下です)

最初は、保育園で「裸足教育だから、靴下をこんなにはかさないでください」と何回も勧告を受けました。

進藤先生の本には、どうしても環境的にダメだという場合は家に帰ってから靴下を履かせればいいというように書かれていましたが、保育士や園長先生に冷えとりを説明をしたところ、認めてもらえるようになり、靴下を二枚履くことを続けられました。(現在は靴下を6枚履いて、小学校へ通っていますが、友達からも気がつかれてはいないようです)

そして、靴下を2枚履くことで音が他のお友達から、変な目で見られて嫌だったら、いつでもやめていいよとも伝えておきました。

そのことで、お友達からいじめを受けるかもしれないと危惧していたからです。(私の子供の頃は、人と違うことがあるといじめにつながることがとても多かったので、それをとても心配していました。)

ところが、音は靴下を履くととても暖かいから、脱ぎたくないし、人から言われても気にならないから履き続けるというようになったのです。

 

IMG_0394-2子供用の靴下の販売もあります。すぐにこのように破けてしまいました。

 

冷えとりをやっていなかった幼児の頃の音は、自己主張が激しく、「音が一番!」という主張の激しい子供でした。みんなで仲良くというよりも、自分が一番ということに重きを置いていました。

おもちゃの順番も、「音が一番!」

ブランコに乗るのも、「音が一番!」

褒めてもらうのも、他の子よりも「音が一番!」

加えて、感情の振り幅が大きく、喜怒哀楽もとても激しかったように覚えています。

ところが、靴下を履くようになり、アトピーも少しづつ改善が見られるようになったから、性格も穏やかになってきて、お友達に「お先にどうぞ」と譲れるようになってきました。

あんなに「音が一番!」と言っていたのに!

今では、お友達に意地悪なことをされてもニコニコしていて、親として、なんで、この子は立ち向かっていかないのだろうと腑甲斐なく思ったこともありました。

(親は、私も夫も、「目には目を歯には歯を」のハンムラビ法典型のすぐに立ち向かっていくタイプでしたので・・・・?)

お友達から嘘をつかれて約束を破られた時も、そのお友達が嘘に嘘を重ねても、怒りませんでした。

「音ちゃんが聞き間違えちゃったのかな?」

本気でそういうので、この子は本当に少し違うようにできているのかなと真剣に悩んだこともありました。

音は基本的にいつもニコニコしています。

親が何かで言い合って、喧嘩したりするのが本当に嫌なようです。(お恥ずかしい話ですが、うちでは私も夫も激しく討論をすることが多いのです)加えて、誰かが先生から怒られているのを見るのも嫌なようです。

平和とのんびりと綺麗なものが大好きな子供に成長していきました。

 

このお話は、次回にも続きます。

 

子供の時から冷えとりすると?/今日のポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

1 

もしできるのであれば、子供の時から冷えとりを始めるといいと思います。

うちの場合は、物心がつかない時にすでに靴下を2枚履かせていたので、また、親も6〜8枚履いているので、靴下をたくさん履くことには抵抗を感じませんでした。

これが小学生に上がる頃に始めようとすると、なかなか履いてくれない場合もあります。

その場合は、親が楽しそうにしているのを見せていると、子供も真似たくなり、やってみる!と言い出しますよ。

決して無理強いはしないようにしましょう。

冷えとりは自分からやろうと思わなければ、続きません。

2 

子供用の靴下はネットで販売されています。

いろいろなタイプがありますが、できれば天然素材100パーセントに近いものがいいと思います。

子供は素直で毒も出やすいので、最初はどんどん絹の靴下が破けますが、すぐに健康な体になると思えば安いものです。

幼児用にこだわらなくても、小学生くらいになれば大人のSサイズでも意外に大丈夫です。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など