風茜の冷えとり本
冷えとりと食

塩分を無性に食べたい理由:冷えとりからみる体の声と病気

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

スーパーやCMでよく見かける“塩分控えめ”食品。味付けが濃いのが好きな方も多いですが、実は塩分の摂りすぎは、高血圧、腎臓疾患、不整脈など様々な病気を引き起こします。

お料理を食べる前に信じられないくらいソースや醤油をかけてしまう人!
減塩だから大丈夫と思っていませんか?
実は減塩食品だからといって、かけすぎるのも良くないのです。だって、減塩だって塩が入っていることに変わりはありませんから!

今日の記事は、塩分を欲しているときにどのような状態になっているのかを冷えとり的視点から考えてみたいと思います。

塩分控えめが大切だけど、塩辛いものが無性に食べたいときは?

人間にとって塩はとても大切なものです。体内の塩分濃度の調節に塩のナトリウムとカリウムという成分が関わっています。体の細胞にもカリウムとナトリウムが存在しています。無性にしょっぱいものを食べたいときは、カリウムとナトリウムが失われているからなのです。

茜
だから汗をたくさんかくスポーツの後にしょっぱいものが食べたくなるのね

宏
運動の後には塩分はとったほうがいいんだよ

塩を積極的に摂る必要はない

現代人の食生活では、どうしても塩分過多の食事になりがちです。外食はそのときお客様に満足してもらうことを重視していますので、どうしても味付けは濃くなっていますし、普通に食事をしていれば1日の必要な塩分は摂取できてしまうから、塩を積極的に摂る必要はありません。

茜
むしろ、汁物のつゆは飲まないようにしないと!

音
え〜!ラーメンのつゆ、おいしいのに!

宏
運動している人はとったほうがいいけど

塩分を摂りすぎるとどんな病気になるの?

高血圧

塩分を摂りすぎると、血液の濃度を下げようと水分を増やすために血圧が上がります。

むくみと腎臓疾患

塩分の摂りすぎで血液の濃度を下げようと水分を増やす結果、むくみが起きます。塩分濃度を下げようと腎臓に負担がかかるので腎臓疾患を招きやすくなります。

不整脈

心臓は心臓の筋肉にナトリウムとカリウムが信号を送ることで動いていますが、この量が多すぎると誤作動を起こすために心臓の鼓動が不規則になります。

茜
塩分の摂りすぎって怖い!

宏
心臓の悪い親父にも教えてあげよう!

冷えとり的に見る体の声ではしょっぱいものが欲しいときは腎臓が悪いから?

冷えとりでは腎臓が悪いと塩辛いものが欲しくなります。腎臓が悪い人は、怖がりな人が多く、怖がりな人は腎臓を悪くします。

冬の冷えで起こる腎臓の毒だしで気をつけたいこと11月7日の立冬で季節は冬に移り変わりました。まだまだ暖かい日が続いていますが、確実に季節は冬に変わります。 冷えとりでは年に1度それぞれの臓器の毒だしがあります。今日の記事は、冬の毒だしである腎臓の毒だしにどのようなことが起こるのかということや、気をつけるべきことについてお伝えいたします。...

臓器の毒出しは1年に一度ありますが、腎臓の毒出しは冬です。この時期になると腎臓が悪くなるのはそんなことも関係しています。

怖がりだった子どもはこうして怖がりを克服しました。
その結果、腎臓が良くなりました。

音
私は新しいことや初めてのことが怖い

怖がりな人はぜひ体を温めてみましょう。

  • 腎臓周りにホカロンを貼ってみる
  • 半身浴で体を芯から温める
  • 靴下の重ねばきを増やす

体が温かいと不安は取れますので怖く無くなります。

腎臓は生殖器(男性は前立腺、女性は子宮)とも関わりの深い臓器なので、腎臓が悪いと生殖器も悪くなることがありますから、こちらもぜひ温めましょう。

音
とにかく温める。そしたら、生理の時にお腹が痛くなくなった!

冷えとりでは塩は大事なもの

冷えとりでは塩をとても大切なものと考えています。塩は細胞を引き締め、体を温める性質を持っているからです。

だからと言って、過剰摂取はNGです。塩が欲しくなっているときは、ミネラル不足も考えられますので、海藻や大豆を積極的に摂ると良いです。大豆は冬の腎臓の毒出しに食べると良い食品ですし、海藻は空腹時に食べると胃液と結びついてカルシウムを作ってくれますから、うちでは食事の前にもずくを食べています。

音
うちで食事の前にもずくを食べるのはそういうことだったのか!

宏
ってことは寒天もいいんだよね!

茜

甘くしなければねっ!甘いもののとりすぎはNG!

塩でも精製塩は塩の持つ本来の役割を期待することができませんので、できるだけ天然の焼塩を使いましょう。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

他の味覚については、こちらをご覧くださいませ。

冷えとりから考える味覚と病気のまとめどうしても甘いものがやめられない。疲れていると酸っぱいものが欲しくなる。味覚は体からの信号です。冷えとりから考える「甘い、辛い、苦い、酸っぱい、塩っぱい」について、体からはどんなシグナルがあるのかについてをまとめてみました。...

まとめ

塩辛いものが欲しいときは、腎臓が悪い場合があります。特に冬は腎臓の毒出しの季節なので塩分を欲しますが、塩分過多には気をつけましょう。

腎臓が悪い人は体を温める。おなか周りにホカロンを貼るのも良いですが、靴下の重ねばきを増やしみたり、半身浴を長くすることも心がけましょう。

ミネラルが足りていないと塩辛いものが欲しくなります。積極的に海藻や冬のめんげんに良いと言われている大豆をとりましょう。

梅干しもとても良い食品です。

梅干しは最高!冷えとりで食べるべきもの4梅干しは好きですか?日本人であれば、小さい頃から、常にある存在の梅干しのことを考えたこはありますか?いつも冷蔵庫の中に存在し、胃がもたれるなとか、胃が痛いなあとか、車に酔うなどした時には、薬のように梅干しを食べるのも、私にとっては普通のことでした。今回はそんな梅干しの話です。...

 精製塩は栄養がすべて精製されてしまっているので、焼塩を使いましょう。

うちではゲラントの塩も使用しています。

風茜の提供するサービス
メルマガ登録
冷えとり茶話会
風茜の冷えとり本