入浴剤(杉っ子・オンセンス)

冷えとりグッズ 進藤義晴先生開発の杉っ子ってどうなんですか?

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

冷えとりでは、実は一番重視されているのは、半身浴

なぜならば、お湯に浸かることで体が芯から温まり、毒を出す力が高まって、お湯に毒を出すことができるからなのです。

それを助けてくれるのが、杉っ子

入浴剤を入れて、お風呂を楽しむ方も多いと思いますが、半身浴で毒も出せたほうが一石二鳥ですよね!

今日は杉っ子についてのお話です。

 

半身浴にオススメの杉っ子

進藤先生の書籍を読んでいると、杉っ子というグッズが出てきます。

半身浴の時に入れる入浴剤なのですが、

一体何?

と最初の頃は思っていました。

 

杉っ子は進藤義晴先生が開発された天然の入浴剤で、

保湿力があるうえに「毒だし能力」もあり、すべての入浴剤に勝っています。

(出典:『新版万病を治す冷えとり健康法』)

そんなに良いなら試してみようと思って、冷えとり歴3年の頃に購入してみました。

当時はたくさん生産されていなくて、杉っ子は一回につき一本しか購入できませんでした。

防腐剤が入っていないので、ひと月で使い切らなければいけません。

使い切った時に在庫がないということもありましたが、最近では冷えとりの裾野も広がり、1回に数本購入できるようになったのがうれしいです。

杉っ子は二種類あります。

杉だけで作られたものとセイダカアワダチソウが入ったものです。

杉だけのものは進藤先生が考案されたオリジナルものですが、セイダカアワダチソウは生産者のアレンジしたもので、こちらは先生の了承された商品です。

どちらも体を芯から温めてくれることには違いはありませんが、私は元祖杉っ子が気に入っています。

杉っ子をお風呂に入れよう

こちらの一本をひと月で使い切ります。

さて、どれくらい入れたらいいのでしょう?

うちでは杉っ子のキャップを利用しています。

キャップにだいたい3杯くらいを腰の高さまで入れた湯に入れます。

なんだか調子が悪いなというときには、気持ち多めの4杯にすることもあります。

お湯は茶色くなることもなく、入れても無色透明です。

花粉症だった夫は、杉のものを入れて大丈夫なの???と戦々恐々でしたが、

大丈夫です(^_−)−☆

杉の花粉は体に入れることで肝臓の毒だしをしてくれるというのが冷えとり的考え方です。

(最初は、杉っ子に入るとムズムズする気がしてきて、つらかったようですが、花粉症だった夫も今ではすっかり花粉に苦しむこともなくなりました。冷えがとれてくるにつれて、花粉症もなくなってしまったみたいです。)

杉っ子を入れると、最初はお湯がピリピリして、皮膚が痒くなることがあります。

私もそれを感じました。

私の場合は、足の脛が痒くてかきまくり、真っ黒に色素沈着してしまいましたが、今はそんなこともなかったかのようにきれいな肌に戻りました。

(足の前側は消化器の毒が出るところです。この頃はまだ今に比べて食べすぎていました。)

アトピーの子供も、アトピーをかきすぎて、皮膚がぐちゅぐちゅになっていても杉っ子に入ると悪化することもありません。

むしろ、痒いときにはかいて傷口を広げて毒が出せるので、お湯の中でかいていいよと言っています。

アトピーの子供の入浴後には、お湯が灰色に近くなります。

これは、湯に腎臓(黒)と肺(白)の毒が溶け出してくるからなのだと思います。

うちの子供は心配性で怖がりなので、そういう性質の子は腎臓が悪いといいますし、皮膚や大腸は肺と同じように排出するところなので、その毒も出ていて、色が混ざり合っているのだと思います。

*詳しくは「冷えとりと色〜顔色、半身浴後のお湯の色」もご覧くださいませ。

杉っ子効果はこんなにあります!

潤う

杉っ子を入れるようになってから、まったくボディクリームを使用しなくなりました。

保湿力もあるようで、皮膚がカサカサしません。

芯から温まる

杉っ子を入れるのをうっかり忘れてしまったことがありましたが、お風呂上がりに体が冷えていくのがわかりました。

今ではうちではナンバーワンの入浴剤となりました。

時間的に半身浴が難しい場合でも、足湯に杉っ子を入れると効果的ですよ。

垢が出る、皮膚が剥がれ再生しやすい

杉っ子のお湯に浸かると、垢がたくさん出るような気がします。

子供もアトピーですが、皮膚がはがれやすくなり、はがれた後にはきれいな肌が再生されています。

まとめ

杉っ子の効果は試してみないとわかりません。

ぜひ一度お試しくださいませ☆

 

冷えとりグッズ 進藤義晴先生開発の杉っ子ってどうなんですか?のポイント

杉っ子は天然杉から作られていますが、実は手作りすることもできます。

自分で作ることもできます。

作り方は進藤先生の著書をご覧くださいませ。

杉っ子は天然素材から作られたものですので、排水して環境も汚すこともありません。

残り湯を洗濯に使っても大丈夫ですし、洗濯槽が綺麗になるというので試してみたところ、それは本当でした。