04-19生理・子宮 お茶 女性の冷えとり(風茜) 妊娠

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1

投稿日:2017年12月24日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です

いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。

 

冷えとりをしてから、私の人生は劇的に変わりました。

気がつけば、病気が減ったことや、心がかさかさしなくなっていました。

実は、いまさら実現は不可能だけれど、冷えとりをもう少し早く始めていれば、ぜひやりたかったことがあります。

それは妊娠。

冷えとりをやって妊娠すると出産が軽くなるというのを知り、それをやってみたかったなと残念に思っています。

なぜなら私の妊娠と出産は、それはそれは大変なものだったからです・・・・。

 

さて、今回はそんな私の「冷えとりをしなかったときの妊娠について」お知らせしようと思います。

これを読んだ皆さんが、身体が冷えていると、こんな大変な目に遭うんだと感じていただき、冷えとりをしながら妊娠されればこんなにうれしいことはありません!

 

733023eee7ef953d3ca24e055340ebc9_s

*******************************【冷えとりをもっと知りたいという方はメルマガにご登録ください。
ただいま、「冷えとり100の声プレゼントPDF」を差し上げています。】

 

7d21d58af9984f9abae754f3450a97d7_s.jpg『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。

 

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 


不妊

 

30歳過ぎのことです。

夫(風宏)に脳腫瘍が見つかり、大きな手術をすることになりました。

医者からは頭を手術で開いてみないと、悪性か良性かわかりませんと宣言されました。

すなわち、悪性の場合は死を意味しました。

このとき初めて身近な人を失うかもしれないという恐怖にかられ、一人では生きていけないと思うようになりました。

ちょうど大好きであった仕事も体調を崩して、辞めてしまい、これからはのんびりと好きなことをして生きていこうと思った矢先の出来事でした。

もし、夫を失ったとしたら、私は一人では生きていけないかもしれない、そう強く思った私は子どもが欲しいと思い始めました。

子どもがいたら、夫を失ってもどんなことをしても生きていけるかもという発想でした・・・・。(今から考えればおかしな話しですね💦 それほど私の判断能力もパニックを起こしていました)

それまでは、私たちは仕事に専念していて、それぞれの夢の実現のためには子どもは必要ないという考えの夫婦でした。

命に関わる病気になってしまえば、考えも180度変わります。

幸い夫の脳腫瘍は良性で片耳の聴覚を失っただけとなりましたが、予後に時間がかかることとなり、また私も働かなければならない、そう考えるようになりました。

今度は夢実現のためではなく、生活のために!

派遣に登録したり、看護したりして、1年が経過し、夫がようやく回復に向かい、子づくりを始めましたが、なかなか妊娠できませんでした。

この頃の私のスタイルは、冷えをよぶようなファッションでした。

まだ若かったし、定番はミニスカートにハイヒール。

 

f158bbf3a6a19bee2d9404dfeec1497f_s

今ではこんなスタイルは考えられません!!!

 

外資系の派遣先は冷房や暖房がとても効いていましたし、氷のいっぱい入ったアイスコーヒーやオレンジジュースが大好物でした。

たまにおやつでいただくアイスクリームも大好きでした

同じフロアで働く人のエアコンの好みも最強でした!

いつも、ものすごく寒いか、ものすごく暑い!極端な職場でした。

おまけに勤務先の近くは、安価でとてもおいしいレストランがたくさんあり、毎日がごちそう三昧。今日はフレンチ、明日はパスタと選びたい放題でした。ランチは必ずデザート付きでしたし・・・。

帰ってきたら、疲れきっていて、自炊もあまりせず、コンビニやデパートで買ってきたお惣菜など、こってりとしたものばかり食べていました。

このころはお米をまったく食べていなかったです。

簡単にすぐできるパスタか、パン。

食事は欧米化。

それに加えて、ストレス解消のためにワインにケーキをかかすことはありませんでした。

コーヒーも日に5回は飲んでいました。

冷えとりをしている今の私から見れば、とんでもない話しです。

まず食べ過ぎている。

ストッキングを履けばいいほうで、常に足が熱くて裸足にサンダル。(冷えのぼせ

冬は足だけが冷えて、ブーツの中にホカロンをいれているのに、顔だけはエアコンからの熱風でほてるという始末。

おまけに派遣先の外資系の仕事でいつもストレスを抱えていました。

妊娠できるはずがありません。

あの頃の私に教えてあげたいです。

 

冷えとりの素晴らしさを!

 

そして早く冷えをとりなさい!と・・・

 

このような生活をしていたから、常に私は不調でした。

◯顔中には吹き出もの(肺が悪かったのでしょう

◯重い生理痛(腎臓からくる毒です

◯便秘と下痢を繰り返す(消化器の毒です

◯朝は常に胃もたれで目が覚める(消化器の毒です

◯風邪をひきやすい、風邪から蓄膿(ちくのう)を煩う(消化器の毒です

私の身体が全然整っていなかったのですね。

 

そういえば、時間がなくて湯船につかってもいませんでした。

夏も冬も、カラスの行水でシャワーのみの入浴でした。

883b9f1db4e381280578a8c3130e41e8_s

 

このような状態では、妊娠なんて夢のまた夢だと今にしてみれば思います。

皆さんも心当たりはありませんか?

 

 

変える

 

外資系でのストレスがあまりにひどかったので、派遣でしたし、仕事先を180度変えることにしました。

自分の住んでいる地域の役所で非常勤を募集しているというのを広報誌で知り、応募しました。

月15日くらいだったら、心に余裕を持って働けるから、ストレスも減り,妊娠できるかもしれないと考えた上での転職です。

ここでは、ファッションに見栄をはる必要もありません。

ランチもあまり周りに食べるところがなく、お弁当業者が出入りしていたので、それをお願いすることにしました。

勤務先は年配の方が多く、お弁当の内容も、

切り干し大根、煮物、ひじき、といった昔ながらの食品が多く、身体によいもので作られていて、私にとってはよかったと思います。

8130758e52d089737db7c67c2088d1d7_s

ひじき、切り干し大根は本当に身体によいです!

 

毎日この健康的なお弁当にした甲斐もあり、私の身体は食べ過ぎなくなり、ずいぶん改善されたと思います。(お弁当にはデザートはついていませんでしたから)

 

この職場で、

◯ナチュラルなファッション(見栄をはらなくてもいい)

◯さっぱりとした昔ながらの日本の和食のごはん

◯ストレスがない

◯インスタントコーヒーしかないので、緑茶か水しか飲まなかった

というように、前の職場からいろいろなことが変わりました。

 

ファッションは本当にナチュラルになりました。勤務先が家の近所だったということもあり、自転車通勤するために、ミニスカートにハイヒールを履かなくなりました。

そうすると、昔持っていた見栄っ張りな洋服が必要なくなりました。(見栄は肝臓に毒がたまります

今の私なら、いらないものはすぐに処分できますが、当時の私はブランドものの服が多かったために、捨てる決意がなかなかできず、クローゼットに入れっぱなしでした。

数年温存しておいて、冷えとりが進み、ようやく捨てる決意ができたときに、それらの服を見ると、黄ばんだり、カビが生えたりして、あんなにお金をかけたのにもう着れなくなっていました。

服は一度着なくなってしまえば、

高かったからもったいない

いつかまた着るだろう

今は太って着られないけれど、やせたら着よう

と思っても絶対に着ません。

そうは言っても捨てられないよ、と自分もずっと思っていましたが、実体験からも断言できます。

本当に着ません!

 

というか、まったく着ませんでした!

cea22712fbd18b2578b9a23103a231dc_s

身体はひとつしかないのに、たくさんある洋服

 

だったら、その分スペースを空けて、そのときに心地よいものを取り入れたほうがいいです。

身体と同じで溜め込むのはだめなのです。(結局、かびや黄ばみで使えなくなるのですから)

ものは持っているときは、常に循環させないとだめなのだと反省しました。(身体の循環と同じですね!)

 

それから、通勤が電車から自転車に変わったために、通勤ラッシュのストレスが解消されました。

加えて、自転車を毎日20分くらい漕ぐので、いい運動にもなります。

 

95491282c14b6d9d15e4d5a02a12312f_s

 

今までまったく運動をしなかった生活から、毎日往復で40分(途中坂がありました!)の運動をする生活に変化してだいぶ健康に近づいた気がしました。

 

食生活についても、とにかく周りにレストランやカフェがなく、毎日宅配されるお弁当だけが頼りでした。

そのお弁当もお母さんが作ってくれるような昔ながらの温かいお弁当でした。

毎日洋食ばかり(しかもデザート付き)食べていた私が、食事はほとんど和食となりました。

職場には、コーヒーはドリップ式のものがなく、インスタントコーヒーしかなかったので、私はそれを嫌って全くコーヒーを職場で飲まなくなりました。

年配の方も多く、お茶は緑茶が常備されていたのでそれを飲んでいました。(自然と冷えとりの勧める緑茶を飲んでいたということになります)

bf25738eee2ebae427ec2fbbf33cf27e_s

ものには限度があり、いくら好きだからといっても飲み過ぎはよくありません。

 

 

健康に目覚める

 

このときはまだ冷えとりはやっていませんでした。(その存在を知りませんでした)

ただ、ライフスタイルがいい方向に、偶然にも変わり、体調もだんだん良くなって行きました。

そうなると、今までのあの不調には戻りたくありません。

 

健康って素晴らしい!

 

なんとかこの健康を維持できないかと考えるようになりました。

夫は脳腫瘍という大病をしたばかりだし、私だけでも健康でいないと、生まれてくる子がかわいそうだ(まだ妊娠はしていませんでした)と思って・・・・。

そして、健康についていろいろ調べ始めました。

すると、当時、しょうがが身体を温めるということがブームになっていて、これに私ははまりました。

Unknown

石原結寛先生の「しょうが紅茶健康法」を読み、実践してみました。

「現代人は過食の傾向があるので、朝食を摂らないことで半断食をする。朝は身体を温める紅茶に黒砂糖かはちみつを入れ、しょうがをいれたものだけを飲む」と書かれていたので、実践いたしました。

朝食はとらずに、しょうが紅茶だけ飲むということになります。

もちろん、大病後の夫にも勧めましたが、夫は空腹が耐えられず断念。

私は意外にも空腹が平気で続けることができました。

職場に水筒に入れたしょうが紅茶をいれて、午前中は飲みまくりました。

37783bb989b3a1aed3f6ef78d0c36df0_s

一度にまとめて作っておくと、気軽にいただけますね!

 

時々、隣の席の方から、しょうがくさいと指摘されましたが、たぶん、その頃の私の息はしょうがくさかかったのだと思います。

そのくらい、しょうがを摂取していましたからね!

こうして、少しずつ身体の状態は改善されては行きましたが、残念ながら、まだ私は妊娠することはできませんでした。

つづく

 

冷えとりしなかったときの妊娠1のポイント

9fd070c5ba452a76f86f09f9ac464843_m

 

1 

私はなかなか妊娠できませんでした。

今から考えると、身体がとても冷えていたからだと思います。

偶然にも、食べ物もライフスタイルも180度変わる出来事があり、

いろいろ変化した結果、それはいい方向へ進んで行きました。

変えてみるのもあり!だと思います。

2 

いろいろな情報が多い現代です。

なにがいいのかは、はっきり言って、私にもわかりません。

でも、そのときに入ってくる情報が自分に必要な情報なのだと

今にしてみれば思います。

 

冷えとりは衣食住から。

風茜の取り入れ、めぐらせ、捨てる冷えとり毎日」もどうぞご覧くださいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

みなさまからのご意見、ご感想をお待ちしております。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-04-19生理・子宮, お茶, 女性の冷えとり(風茜), 妊娠,
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


  1. […] (*詳しくは「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1」をご覧くださいませ。) […]

  2. […] (*前回までのお話は「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」 1 2 3をご覧くださいませ。) […]

  3. […] (*前回までのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4をご覧くださいませ。) […]

  4. […] (*これまでのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5をご覧くださいませ。) […]

  5. […] (*前回までのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 をご覧くださいませ。) […]

  6. […] (*これまでのことは、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 9 10をご覧くださいませ。) […]

  7. […] (*ここまでのお話につきましては、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 9 をご覧くださいませ。) […]

  8. […] (*今までのことは、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 をご覧くださいませ。) […]

  9. […] (*これまでのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 をご覧くださいませ) […]

  10. […] (*詳しくは「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠  1  2 をご覧くださいませ) […]

  11. […] (*詳しくは「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 産後 」をご覧くださいませ。) […]

  12. […] (*詳しくは「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 産後 」をご覧くださいませ。) […]

  13. […] (*詳しくは「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠  1  2 をご覧くださいませ) […]

  14. […] (*これまでのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 をご覧くださいませ) […]

  15. […] (*前回までのお話は、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 をご覧くださいませ。) […]

  16. […] (*今までのことは、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 をご覧くださいませ。) […]

  17. […] (*ここまでのお話につきましては、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 9 をご覧くださいませ。) […]

  18. […] (*これまでのことは、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」1 2 3 4 5 6 7 8 9 10をご覧くださいませ。) […]

  19. […] (*詳しくは、「冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠」をご覧下さいませ。) […]

関連記事

“高齢出産”妊婦さんの苦悩3

助産師からの、キラーフレーズ   妊娠7ヶ月が経っても、相変わらず、お腹が張った状態は改善しませんでした。 極度の貧血。血圧は上が100を超えません。 「お母さんの栄養が悪いとお腹の赤ちゃん …

冷えとり 心の毒?!〜1 めんげんはどこから?

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして、ありがとうございます❤️ 新ブログ「あ☆カル〜イ インテリア」もどうぞよろしくお願いいたします。 (こ …

冷えとり 足の小指の爪が剥がれた

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。 寒くなってきて、外にでかけるのがおっくうになってきました。 外出するときには、気合 …

冷えとり 肌のこと2

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中から、ご訪問いただきありがとうございます。 前回のお話は、冷えとり前の肌のことについてを書いてきました。 (*前回のお話につきまし …

冷えとり 心の毒出し 親からのブロック5~他人軸から逃げる方法①

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。 さて、今回は他人軸で生きていたために、何度も失敗を繰り返した私が、冷えが取れ …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと128日です。