妊娠

“高齢出産”妊婦さんの苦悩3

投稿日:2016年9月17日 更新日:

助産師からの、キラーフレーズ

 

妊娠7ヶ月が経っても、相変わらず、お腹が張った状態は改善しませんでした。

極度の貧血。血圧は上が100を超えません。

「お母さんの栄養が悪いとお腹の赤ちゃんは、寒いよ〜寒いよ〜っていう状態なの。頑張って貧血治さないと赤ちゃんつらいのよ」

助産師さんは、きつい口調で毎回、奥さんにプレッシャーをかけます。わたしは、何度も、助産院を変えたほうがいいと奥さんに助言しましたが、奥さんは、

「今さら変えられない」

と、言います。普通の産婦人科でいいじゃないかと言っても、「それだけはいやだ」と聞き入れません。助産師さんに言われたとおり、努力もしていました。貧血を改善するために毎日、烏骨鶏を1個必ず食べ、下半身を冷やさないようにタイツや靴下を重ねばきし、1時間のウォーキングをしていました。わたしが夜、家に居られる日は、ふくらはぎから下をマッサージし、体を温めます。助産師さんから指導された三陰交のつぼも押しまくりました。

それでも、やはりダメなのです。張りはおさまらず、血圧も上がらないし、貧血も治りません。

そして、ついにその日はやってきました。

IMG_6660

 

最悪の状態の妊婦に最悪の言葉

 

 

「今日はいつもよりお腹が張っているみたい。なんかよくない気がする」

最初から奥さんはそう言っていました。助産院で、いつものように、最初にお腹のエコーを観てもらいます。助手の助産師さんがマウスのようなものを奥さんの突き出たお腹に当てました。

突然、助手の方の手がピタッと止まり、同じところを行ったり来たりしています。

「あれ?あれ?なになに……えっ?…」

助手の方は小さな声でブツブツ言いながら、表情が見る見る固まっていきました。

「どうしたんですか?」

「いや〜。赤ちゃんがよく見えないんですよ〜。写ってないといけないものが映らないんですよね〜」

「どういうことですか?」

「いや〜。どういうことなのかよくわからなくて…」

気まずい沈黙が流れます。

「あのー、よくわからないので、先生を呼んできます」

それから、すぐに例の助産師さんが来ました。マウスを動かして画像を確認しています。かなり、深刻な表情です。わたしにも奥さんにもかなりヤバイ状況にあることは想像つきました。

助産師さんは、厳しい表情をしてエコー画像を見たまま、こう言いました。

「あのね。赤ちゃんが、本来いなければいけないところにいないのね。それで、写ったらいけないものが写ってるの(おそらく顔だったのでしょう)。ここにあるエコーでは、きれいに映らないからなんとも言えないけど、たぶん、ここでは対処できない状態になっていると思う。紹介状を書いてあげるから、すぐに産婦人科できちんと調べてもらってちょうだい」

「つまり、どういうことですか?」

「自然分娩は難しい状態に赤ちゃんがなっているってことしか今は言えないけど、すぐに大きな病院で検査したほうがいいということ」

「危ないんですか?」

「それはわからない。でも、あなたが(奥さん)が、赤ちゃんにしっかり愛情を注いでこなかったから、こうなったかもしれないんだよ。今からでも遅くないからもっと赤ちゃんに話しかけてあげなさい。いいわね。あなたは、まだ全然母親になれてないから、しっかりしなさい。わかったわね」

この後に及んで、妊娠7ヶ月の妊婦に言う言葉でしょうか。

 ”赤ちゃんに愛情を注いでこなかったから”

なぜ、この人はそう言い切れてしまうのか?この人は、奥さんに、「お腹の赤ちゃんが異常事態だ」と言ったうえに、それは、

母親のせいだ」

と、言ったのです。助産師さんは、叱咤激励のつもりで言ったのでしょう。きっとそうでしょう。そう思わないと理解できませんから。でも、その言葉は、明らかな間違いです。

 

 言っていいことと悪いことがある

 

前回登場した医者といい、職場の上司といい、

なぜ、

 

 人は人のうえに立とうとするのでしょう?

 

なぜ、

 立場が上だというだけで、恥ずかしげもなく、権力を振りかざして人を見下すことができるのでしょう?

 

なぜ、

 そういう人は、自分がいったい何をしているのか、何を言っているのか、客観視できないのでしょう?

 

いくら質問をぶつけても、わたしにはわかりませんでした。

 

わかっていることは、一つだけ。

 

 できないやつはできない。そんなやつを変えることはできない。自分が変わるしかない。

 

 

奥さんは、やっと、気付きました。

「 もうだめ。ここでは産めない」

と。

 

産婦人科での診断結果も最悪

 

 

初めて行った産婦人科の先生は、奥さんより5歳年下の女医さんでした。彼女自身も、不妊治療継続者でした。

そこで、撮ったエコー写真が、これだったのです。

IMG_1951

「奇形じゃないと説明がつかない」

と、言われたこの写真。でも、正直、

「赤ちゃんの顔が見れたね。目鼻立ちが整ってるよね」

人間は、どんな状況にいても、変なことを思いつくんですね。いま考えるとおかしいですが。

奥さんは、先生に紹介状を書いてもらい、さらに大きな病院で精密検査を受けることになりました。お腹の赤ちゃんのMRI、CTスキャンを撮りました。

 

そして、検査結果は、

「胎児に異常はいっさいありません」

???????????????

 

 

意味がわかりません。

「どういうことですか?」

「医学的に異常が見られないのです。首が反り返ったままですが、骨格、骨そのものに異常はありません。脳に異常もありません。全ての結果が、他の胎児とまったく同じ、正常な数値が出ています。それなのに、なぜ、あのような形なのか、まったくわからない。そういうことです」

「なぜ、首が曲がっているのか、原因がわからないということですか?」

「はい。だから、医学的には、首も通常の状態に戻るはずなんです。骨盤に引っかかっているということもありませんでした。正直、生まれてみないとわからないということです」

……………

悲しむべきではないけれど、喜んでいいのやら、なにをどう考えればいいのだか、さっぱりわからなくなりました。

とりあえず、わたしと奥さんが次に決めたことは、

 

 わたしも奥さんも仕事を完全に休んで、無事に生まれるためだけに専念する

 

ことでした。

わたしは、フリーのライターなので、仕事を休めばその間、収入はまったくなくなります。奥さんも契約職員なので無収入です。

でも、

 

 死んだらお終い

 生きてりゃなんとかなる

 

 

 

そういう言葉を自分が吐くことがあるなんて思ってもみませんでしたが。

それから、娘が無事に生まれるまでの2ヶ月間。まだまだ思いがけない出来事の連続でした。

本当のドラマはここからだったのです。

IMG_8271

お問い合わせ先

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-妊娠
-,

執筆者:


  1. […] 以前、『高齢出産妊婦さんの苦悩3』(http://rescue-joshies.com/2015/03/15/rescue-joshiesfamily3/)で、書きましたが、助産士さんから言われた言葉が、彼女の子育てに大きく重く、のしかかっていたのです。 […]

  2. […] 「高齢出産妊婦さんの苦悩 1 2 3 4 5 6 おまけ」) […]

  3. […] 以前、『高齢出産妊婦さんの苦悩3』で、書きましたが、助産士さんから言われた言葉が、彼女の子育てに大きく重く、のしかかっていたのです。 […]

関連記事

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠 産後

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます❤   さて、前回のブログでは、無事に出産が済んだことをお知らせしました。 初産出産で最速の1時間 …

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠10

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつも、数あるブログの中から、ご訪問いただきありがとうございます❤   さて、前回までのお話では、私は妊娠九ヶ月目で、またもや転院することになりま …

”高齢出産”妊婦さんの苦悩1

(最初に断っておきますが、いま、娘はとても健康で、障害もなく、元気に毎日を過ごしています。そのことを大前提にお読みくださいね)   娘の始まりはここから   写真は、娘がわたしの奥 …

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠1

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です❤ いつもブログにご訪問いただきありがとうございます。   冷えとりをしてから、私の人生は劇的に変わりました。 気がつけば、病気が減ったことや …

冷えとり 冷えとりしなかったときの妊娠7

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもブログにご訪問いただきありがとうございます😊   さて、前回までのお話で、妊娠後期にさしかかった私は、お腹の張りが頻繁に起こるようになりまし …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと38日です。