04-20お尻まわり 女性の冷えとり(風茜) 歯茎のはれ 虫歯

冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み

投稿日:2017年9月10日 更新日:

こんにちは。

冷えとり歴9年生の風茜です。

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきましてありがとうございます。

しばらくめんげんについて書いておりませんでした。

めんげんがないから書かなかったわけではなく、ひとつのめんげんが、ずっと続いていたのです。

いよいよ、長きにわたって(4年)続いている歯茎のめんげんについて、ご報告していきたいと思います。

どうぞおつきあいくださいませ。

 

私の冷えとりのめんげん・虫歯の歴史

冷えとり4年目の頃に、虫歯で歯を1本失いました。

その治療法として、

◯ブリッジ(保険が効く一番安い方法)

◯インプラント(金属を骨に埋め込む)

◯入歯

を歯科医から提案されました。

ブリッジはお金がかからずに保険も効くのですが、なによりいやだったのは、健康な歯も削らなければならないこと。

だから、却下。

インプラントは、骨に金属を埋め込むなんて怖すぎると思って却下。

入歯はまだ40代なのに絶対にいや。

つまりどれもいやだったのです。

それで私が選んだ治療法は、いい歯を寄せて集めるという矯正でした。

私の場合、親知らずの噛み合わせもよく、32本歯がそろっていたので、虫歯で1本抜いてしまいましたけれど、あと3本抜いて寄せて集める治療を選んだのです。

(通常は28本歯があるといいそうです)

40代からの矯正はとても勇気がいりましたけれど、結果的には歯も磨きやすくなり、虫歯も以前にくらべてできなくなってきたので、満足しています。

(*歯の治療についてのブログはこちらをご覧ください。)

この矯正の治療中に次から次へと虫歯が発覚し、治療したと思うとまた虫歯が現れて、本当にいやになりました。

そして、矯正2年目にある怒りをきっかけに歯茎が腫れて、肉腫のようにたれさがりました。

(怒りは心の毒で体の毒の4900倍です)

そこで、その歯茎を切開して、膿を出し、骨になる粉をいれるという治療をしました。

それ以来、怒ったり、ストレスがたまったり、つかれがたまったり、食べ過ぎると歯茎が腫れるようになってしまいました。

このとき、進藤義晴先生の冷えとり本で虫歯は内臓の毒出しで、放っておいても大丈夫というようなことを読み、自分も試してみようと思いました。

治療するから、次から次へとその毒出しが違う歯にでていたのかな?とも思います。

この歯の治療中はずっと大腸の具合が悪く、ゆるい便が続きました。おならもものすごく出て困っていました。

自分では、歯茎の炎症は、大腸の毒出しのひとつだから、歯茎の治療はしないと決めたのですが、歯のクリーニング(矯正中にはひとつきに1度)や検診でいくたびに、歯科衛生士や歯科医から歯茎の腫れが頻繁に起こるようなら治療した方がいいと、何度も勧められていました。

でも、治療しないで静観。

クリーニングや検診のたびに、指摘される。

こんなことを繰り返していると、歯茎の腫れが、ばれたくないなと思うようになり、検診直前には食べ過ぎないように体調を整えるなど、万全の体調で臨んでいました。

今から、思えば、本末転倒ですよね・・・

それでも歯茎が腫れることもあって、そんなときは、絹の布をあててしのいでいました。

(靴下の破けて使用できなくなったものを、小さく切って再利用していました)

↓  ↓  ↓

 

すると、翌日には歯茎の腫れはすっかりひいていることが多かったのです。

こんな状態を4年くらい続けていました。

下記は歯茎の腫れの記録です。

この記録は2015年のものですが、頻繁に腫れている様子が伺えます。

食べている量も現在にくらべて、すごいです。

今ではこんなに食べていません・・・

 

 

 

そして、ここ最近は(2017年)、歯茎の腫れがストレスではなく、常時腫れているようになり、先日、矯正の検診のときに矯正医に相談したら、頻繁に腫れるようなら、根の治療をした方がいいというセカンドオピニオンも聞きました。

ところが、この治療しなければならない歯の問題がありました。

保険のきかないセラミックの歯なので費用がかかる。

根の治療が絶対に成功するとは言えない。

つまり、決心して治療をしたとしても、また歯を失うことになるかもしれないことが起こりうるかもしれない・・・

そして、今度はもう寄せて集める歯がもうないので、矯正をすることはできません。

だから、インプラントか、ブリッジか、入歯の選択しかないのです。

本当に悩みのタネでした。

さて、どうする?

つづく。

 

冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩みのポイント

歯の毒出しは消化器の毒出しです。

虫歯のでる場所によって、どの臓器の毒出しなのかわかります。

私の場合は、奥歯の虫歯が多く、ここは大腸の毒出しでした。

ぴたりとあてはまっていました。

大腸が悪い時は内臓の大腸の時間帯に目が覚めます。

虫歯に悩む頃、この大腸の時間帯の朝5時台によく目が覚めました。

自分のおならで目がさめることもあり、びっくりしました。

その時間帯に目が覚めた場合は、思い切って半身浴をするといいと聞き、やってみたら効果的でした。

 

冷えとりは衣食住から。

インテリアブログ「あ☆カル〜イインテリア」もどうぞご覧下さいませ。

こたつプロジェクトも作動中。

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしております。

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-04-20お尻まわり, 女性の冷えとり(風茜), 歯茎のはれ, 虫歯
-, , , ,

執筆者:


  1. […] (*前回までのお話は、「冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み」をご覧下さいませ。) […]

  2. […] (*詳しくは、「冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み」をご覧下さいませ。) […]

  3. […] (*詳しくは、「冷えとりとめんげん 1歯茎の治療への道 治療法の悩み 」をご覧下さいませ。 […]

関連記事

心の冷えとりコーチングとは3 ~クライアント様からのご感想~

この度は、九州・熊本地震により被害を受けられました皆様には心よりお見舞い申し上げます。     スポーツコーチとライフコーチの違いって?   優れたスポーツ選手には、必ず …

冷えとりとめんげん 4歯茎の治療 2回目砂糖での実験

こんにちは。 冷えとり歴9年性の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただき誠にありがとうございます。 さてさて、歯茎の根の治療が始まりました。 (*前回のことにつきましては、「冷えとり …

“できない女”のスパイラル 〜できることを信じて!〜

助太刀を乞う   助太刀とは、時代劇で言う、仇討ちをするときに手助けする人のことを言いますが、援軍や援助をしてくれる人たちのことです。 恋愛でも、そういう人はたくさんいますよね。 ちょっと昔 …

冷えとり 肌のこと2

こんにちは。 冷えとり歴7年生の風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中から、ご訪問いただきありがとうございます。 前回のお話は、冷えとり前の肌のことについてを書いてきました。 (*前回のお話につきまし …

冷えとり 子供のアトピー31脱ステロイドへの道㉙2年目と3ヶ月

こんにちは。 冷えとり歴9年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。 だいぶ寒くなってきて、空気も乾燥してきました。 アトピーには、つらい肌荒れ …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと133日です。