風茜の冷えとり本
冷えとり書籍

冷えとり毎日に寄せられたお便りと冷えとりの書籍紹介

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

いつもたくさんのブログの中から、ブログにお越しいただきありがとうございます。

今回は、ぜひ読んでいただきたい冷えとりの本をご紹介させていただきたいと思います。

ade7cdf47a12c77f75623bee071cf679_s

冷えとりお話会をするようになり、冷えとりガールズの皆様に共通のお悩みがあることがわかってきました。

肌のことはみなさんお悩みなのですね・・・。

また他の冷えとりに対するご意見もいただきましたので、併せてそちらもご紹介させていただきます。

みなさまからの冷えとりの質問

肌のお悩み

洗顔しなくなって肌がきれいになったそうですが、どんな化粧品を使っているのでしょうか? 自分も最近肌の乾燥が気になり、ドモホルンリンクルのサンプルを取り寄せてみました。

肌が荒れている時は、私も本当にいろいろなメーカーの化粧品をジプシーしました。肌質によって、その人に合うか、合わないというのもあるかと思いますが、私がいろいろと試した結果、ドラッグストアで販売されている拭き取り用化粧水(「洗顔しない」とうたわれていました)や、化粧品カウンターなどで販売されている無臭の化粧水が良かったです。私には、香りがあるものがどうも合わないようでした。

どこのメーカーもサンプルを出していますので、試すといいと思います。(ネットで請求できます)

化粧水をコットンに含ませ、朝、顔を拭き取ると、コットンが汚れや脂で茶色になります。(時々、黒くなる時もあります。)

そして、拭き取り後に、保湿や下地を重ね、ファンデを塗ります。

このやり方をするようになって、乾燥肌と言われ続けた私の肌も、しっとりと潤うようになりました。化粧もほとんど1日崩れません。メイク直しは口紅を塗るだけなので、外出時にはポーチも必要なくなりました。

一番肌荒れがひどかったときはこちらを使用していました。

落ち着いてきた時にこちらに変えました。

最近では、こちらをジャバジャバと使用しています。

胃腸の改善

こんにちは!風茜さん、私は冷えとり4年目なんですが、風茜さんのブログを読んで、冷えとり前は、お腹の調子が悪かったり、鼻づまりがひどかったりしたことを思い出しました。肌と胃腸はつながってるって、その当時はぜんぜん認識してなかったです。肌はまだまだですが、胃腸は冷えとりですこぶるよくなりました!

冷えとりをやると、いろいろなことが変化してきますよね〜。

私もとても興味深々でいろいろ自分で実験してみたりします。

自分の経験があれば、ここまで大丈夫とわかるのですが、未経験の時は本当にこれでいいのだろうか?と悩むこともあります。

そんな時にいろいろな方のブログを読んだり、冷えとりのグッズを販売しているお店に相談したりすると、本当に力になってくれます。

何か困った時には、お店にお問い合わせでメールをしてみたり、電話をしてみることをお勧めいたします。

 

IMG_0730五臓六腑の相関図。からだはつながっています。

 

足湯のこと

以前、足湯を試してみました。足湯用のバケツを購入したのですが、足し湯も面倒臭いし、足をいちいち拭くのも面倒なので、やめてしまいました。でも、風茜さんの段ボール足湯をブログで読んで、試してみたところ、心地よいし、面倒ではないので、続けられると思いました。毎朝、家族が起きる前に足湯をしながら、保育園のノートを書くのがとても楽しみになっています。

足湯は、私も最初はバケツにお湯を汲んで、足し湯でやっていました。

すると、宅急便が突然やってきて、慌ててしまってバケツをひっくり返したり、何よりもお湯を沸かして足すのが、面倒なので続けられなくなりました。

何とか楽が出来る方法はないかと思い、見つけた方法をブログでご紹介してみました。

IMG_0794IMG_0793

 

まず段ボールを準備します。(できるだけ可愛いものが気持ちが上がります)

その中に使用しなくなった毛布、ストールなどを敷きます。

そして、使用している湯たんぽを入れて、出来上がり。ここに足を乗せて、太ももが寒ければ、この上からストールをかぶると、さらに暖かいですよ。

意外に冷めず、6時間くらいは温かいと思います。ぜひお試しくださいませ。

ピロリ菌のこと

ピロリ菌がなくなったという記述を読み、自分もピロリ菌があるので希望が持てました。冷えとりを頑張って続けていきたいと思います。

ピロリ菌は、夫(風宏)が保有していた菌ですが、最近なくなったのです。(ピロリ菌はなくなるということはあまりないそうです。内科の先生も驚いていました。)

(*詳細につきましては、「冷えとり 土用の毒出し パパと娘の毒出し競争5〜口内炎〜 8〜まとめ〜」をご覧くださいませ。)

冷えとりをしていると、本当にこんなことが起こるのかということが起こります。

冷えが取れると、病気は治るようです。

夫の場合は、ピロリ菌検査の前に猛烈な吐き気に襲われ、相当胃が悪いのではないかと心配して、検査を受けることにしたのですが、おそらくあの吐き気はめんげんだったのではないかと思っています。(この吐き気が一週間くらい続きました)

私自身も、長年苦しんだ喘息発作のものすごい症状が最後に来て、それ以来、喘息のような風邪をひかなくなりました。

めんげんの最中は、本当に不安で仕方がないのですが、めんげんは、自分が今までしてきたことと向き合う期間と思って、やり過ごすといいと思います。

冷えとりを楽しんで続けられると良いですね。

冷えを気にするようになれた

私も妊娠を機に冷えを気にするようになりました。私は、首と足首とお腹を温めてます。ネックウォーマー、レッグウォーマー、腹巻き、欠かせません!暖房も乾燥するので好きではなく、なるべく着るもので調節しています。レッグウォーマーは二重履きです!最近は、そういう防寒グッズが可愛いので、ありがたいですね。色んな種類の物を持っています。体の中が冷えているって、気がつきにくいですね。でも温めてみると、やみつきです!もっと若い時から意識しておけば良かったな~と心から思います。

冷えが取れると暑さや寒さが気にならなくなるそうです。

東洋医学では、首がつくところは温めたほうがいいと言いますが、冷えとりでは、手首と首は冷やしたほうがいいのです。

冷えのぼせで、上がっていくものを下げるためです。(足首は温めるのは必須です)

頭痛などが起こった時など、首の後ろを冷やしてみると、効果てきめんです。

本当に私も若い時から、きちんと冷えをとっておけばよかったと思いますが、気がついた時がその人の時機ですから、始められたのは素晴らしいことです。

今は防寒グッズもオシャレで可愛いものがそろっていますので、楽しんでやれるといいですね!

本当に、冷えが取れると、まわりが暑い、寒いと言っていても、そうかなあ?と思ったりします。

首は出したほうが冷えのぼせが起こらないので、とっくりの服とはサヨナラしましたが、前は私の冬服として必須だったのに、とっくりでなくても寒さが気にならなくなりました。

冷えが取れると、そういう変化もわかるようになりますので、楽しんでやれるといいですよね!

a8e8f0a8f05c97b8be99ff8d6863daf7_s道の先には何があるのか、楽しみですね!

 

さて、皆様からのお悩みをご紹介してきました。さらに知識が深まるように、今までご紹介してきた冷えとり関係の本をご紹介させていただきたいと思います。

足湯をしながら読書なんて最高じゃありませんか!

ぜひ、読んでいただければ幸いです。

読むと便利な冷えとり本など

まず、私が冷えとりを始めようというきっかけになったおしゃれな本をご紹介します。こちらを見て、冷えとりをやってみてもいいかなと思った本です。

ファッションや生活スタイルなどがおしゃれに掲載されています。

冷えとりを知らなかった時は、漠然と身体を温めなければと考えていて、出会った本がこちらです。

この本の青木さんは、ゆるく冷えとりを実施されていて、こんな感じでいいのかと安心させていただいた本です。

青木さんの本の副タイトルに「ずぼらな」とついているので、親近感を持って読ませていただきました。

 

そして、身体の中から温めたいと思い、読んだのがこちらの3冊。

実際にしょうが紅茶を飲んだり、朝だけ断食をするようになって、だいぶ体質が改善されるようになりました。

そして、青木美詠子さんや服部みれいさんの書籍や雑誌から、進藤義晴先生(冷えとり提唱者)の本を知り、こちらはすぐに購入してみました。

この三冊はいつでも手元に置いて、何かあると辞書のように読んでいます。

とても易しく書かれているので、読みやすくサラッと読めてしまうので、見落としがちなことも、何か起こった時に、そこを振り返ると、「あ〜?書いてある〜」と思うことが多々あります。

 

Unknown

冷えとり勉強会でおなじみの進藤義晴先生の娘さんの進藤幸恵さんも先生と共著で本を出されています。

こちらは女性向けに書かれたものもありますので、女性にはオススメです。

 

最近では、改訂版もあり、文庫も出ているようです!

文庫があれば、持ち運びが便利ですね!

 

冷えとりではないのですが、冷えとりでもワクチンは必要ないと書かれていたので、気になって読んだ本が船瀬俊介さんの著書。

違う視点からも、ワクチンは必要悪と書かれていたし、やはり食べ過ぎないことが良いということを検証されていました。

そして、ワクチンのつながりで、最近始まった子宮頸がんワクチンについても、不安になりましたので、下記の本を読んでみました。

この子宮頸がんワクチンは、男の子のお子さんは関係ないと思われてるかもしれませんが、いずれ男性にも関わってくる可能性も高いものですので、お子さんをお持ちの方は、ぜひ読んでみるといいかと思います。

健康なお嬢さんがワクチンを打ったことで、普通の生活や未来を失った経緯が数人のインタビューで構成されている本です。

とても心に響いてきますので、深く考えることのできる本です。

 

冷えとりの本には、免疫力が高めれば病気の原因となるものが消失する場合もあるとあり、ガンについても知りたくなったので、読んだのがこちらの本です。

現在、骨粗しょう症予防のためにカルシウム摂取が推奨され、牛乳が勧められています。

この本は、牛乳の恐ろしさなどが書かれています。日本人は牛乳を飲み始めたのが、欧米人と比べると歴史的にもまだ日が浅いですし、それ以前の日本人は牛乳を飲んでいなくても、他の食物できちんとカルシウムを摂ってきたという実績もあります。

それなのに、なぜ牛乳なのか? ぜひお読みくださいませ。

最後に最近読んだ本でオススメのもの。服部みれいさんはマーマーマガジンも主宰されていて、ご自身も冷えとりを始め、様々なホリスティックをお試しになっているようですが、こちらの本は、迷いがある時に読んだのでとても心に入ってきました。

yjimageマーマーマガジンは季刊誌です。大きな書店にはバックナンバーもあります。

 

今までは日本の方の著書をご紹介してきましたが、次の2冊は外国の方の著書です。

やはり、冷えとりで考える精製されているものは体に良くない、そして断食が回復するというようなことも書かれていました。

ジョコヴィッチもあまり食べなくなり、故障がなくなったとか・・・。

外国人でもそのように考えている人もいるのですね〜。

 

いかがでしたか?

冷えとりだけではなく、たくさんの視点から考えてみると、また何か違ったものが見えるかもしれません。

もちろん、この本を全て購入するのは、お金がかかりますので、図書館に行って借りてくるのも良いかと思います。

もし、お近くの図書館に目的の本がない場合は、リクエストを出すと、購入を検討してくれたり、他区や他市、他県などからも借りて貸し出してくれますので、リクエストしてみてくださいね。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

冷えとりオススメ本はこちらもご覧くださいませ。

おすすめグッズ風茜の冷えとりおすすめグッズを紹介していきます。 7月28日に冷えとり書籍を更新しました! 日々更新中です! 冷えとりGoods ...
風茜の提供するサービス
風茜の冷えとり本