アトピー

冷えとり 子供のアトピー10 脱ステロイドへの道⑦6か月目

投稿日:2016年8月26日 更新日:

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です🍃

いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、本当にありがとうございます。

d4c521466e29a7cfbec330e718e04e94_s

さて、食べすぎるとアトピーが悪化する。

わかっているけれど、食べることがやめられない。

これは本当に冷えとりおはなし会でもよく聞く相談です。

そんな時はどうするか?

食べる。

え? いいの?

私もそう思いました。

冷えとりおはなし会の柳沢さんは、

「毒を身体から出すために、あえて身体が悪いものを欲している場合もあるので、甘いものも食べてもいいし、タバコも吸いたければ吸っていい」とおはなしされていました。

つまり、タバコをやめられない場合は、肺から毒を一気に出してしまおうとするために、あえてタバコが吸いたくなるとのことです。

(その後にめんげんでひどい目に遭いますが・・・、そしてもう吸うまいと思うようになるらしいですよ。)

冷えが取れてくるにつれて、身体は正常な状態に戻り、タバコも甘いものもあまり欲しくなくなる時が必ず来るそうです。

これは本当でした。

自分も、甘いものが大好きで夕食後には必ずお菓子を食べていました。

(なぜか、間食は体に悪いけれど、食後すぐ食べれば大丈夫と思っていました。正解は、どちらも食べていることに変わりはありませんから、NGですよ)

冷えとりをやり始めて、5年くらい経った時に、毎食後に甘いものが欲しくなくなりました。

お菓子もあえて自分から食べたいと思う時は生理前だけ。

(生理前はホルモンバランスが崩れているからなのかもしれません。現在は生理前でもいつもと変わらなくあまりお菓子も欲しくなくなってきました。)

その間に、咳喘息のひどい発作に襲われたり、足の親指の爪が剥がれたり、と、かなりのめんげんがありました。

それはやはり、そういう毒を身体に取り入れて、あえて出していたのかなと思います。

皆様はいかがでしょうか?

 

脱ステロイド6ヶ月目

 

脱ステロイド3ヶ月目の時に、物事が好転していくような感じがしました。

ところが、食べ過ぎを抑えないので、悪化したり、沈静化したりの繰り返し。

多分、食べなければ劇的に治るのだろうなあとは思うのですが、どうしてもやめることができないのです。

自分であれば、やめようと思って、実行に移せるのですが、子供は見た目のことよりも、まだまだ食欲が勝るので、どうしてもそこのところのバランスの調整が難しいのです。

しかし、半年経った時に劇的に変わったのは親の意識。

特に夫は西洋医学信奉者だったのですが、昔だったら、子供のこの肌の状態を見たら、すぐに医者に連れて行かなければという人でしたが、今では、「毒が出ている」と静観できるように変わりました。

(夫も冷えとり歴5年に、自分の体の変化を体験するにつれて、冷えとり(自分の体の免疫力)を信じられるようになってきたのだと思います。現在は冷えとり8年目になりました。)

これがとても助かりました。

私が、悪化した子供の肌にシルクパウダーをパタパタとはたいている時に、子供に対しては大丈夫と言いながらも、心の中でひどく悪化してしまったなとしょんぼりしている時に、夫が「おお、毒が出ているね!」「よくなっているじゃない!」と言ってくれると、そうかもしれないと思えたからです。

このように家族が一つの方向に向かうと心強いものです。

(しかし、以前は冷えとりを信じられなかった夫に、私が冷えとりを無理強いをして、家ではけんかが絶えませんでした💦)

 

21週目

IMG_1254

この週はつるぽかを塗り始めて、だいぶその痛みにも慣れてきました。

つるぽかを塗ると、痛いけれど、赤みはなくなり、カサカサしてきます。

また、杉っ子パインバスのように、半身浴の時に入浴剤としても使用するようになりました。(キャップ2杯〜3杯入れます)

入浴剤として使用することには、痛みは感じないようでした。

(むしろ、パインバスの方がピリッとした痛みを感じる時があるような気が私はしました)

入浴剤として使用すると、体が芯から温まる感じがするので、杉っ子と同様に使用することにしました。

(*現在は、ばんのう酵母くんというものを使用しています。こちらは小さいので入浴剤としては使用していません。肌にぬっています。)

22週目

肌の状態は一進一退。

だいぶ肌は、保湿剤を塗らなくてもしっとりとした状態になってきましたが、相変わらず、赤いボツボツはありました。

左右の腕や肘の部分がひどく、手首の甲のところや指の付け根のところもひどかったです。

つるぽかを塗ると、塗った時は猛烈に痛いので、子供は塗ることをとても嫌がるのですが、塗ると症状がおさまることがわかりました。

この週は、子供とつるぽかを塗る、塗らないのせめぎ合い。

傷口に思い切り、つるぽかが染み込みますと本当に心臓が止まるくらいの痛さが襲ってきますから、その気持ちはとてもよくわかりますが、親としてはなんとか早く治してあげたい気持ちでいっぱいなので、つるぽかを塗らせて〜と懇願していました。

この塗る、塗らないのせめぎ合いが、子供につるぽかを塗るくらいならお菓子を食べないようにしようという気持ちにさせてくれたのは、不幸中の幸いでした。

 

23週目

この週はご馳走を食べてしまい、家族全員が体調不良。

私は、下痢。夫もお腹がゴロゴロ。

下痢は、体の奥の毒を出します。下痢をしたら、喜びましょう。)

子供の手の甲も本当にひどかったです。

かきすぎで皮膚がえぐれていました。

かきすぎのため、汁(リンパ液)と血液でベトベトです。

それほどかきすぎた時は、アトピーの場合、皮膚科から浸出液が出てくると、それが病気感染するからと注意されてことがありました。

このくらい悪化してしまった時には、ここにつるぽかを塗ると死ぬほど痛いので、こういう時は塗りませんでした。

変わりに、シルクパウダーを塗り込みました。

傷口に埋め込むといった方がいいかもしれません。

この方法で、傷口が悪化するということは今までありませんでした。

(ただ、ステロイドや抗菌剤を使用した時のように劇的に治るということはありません。ただ悪化しないだけです)

 

24週目

この週はGWが始まりました。

すると、どうなるか?

ご馳走続きで、食べすぎますよね・・・・

その結果、へそから上のアトピーがひどかったです。(顔にはできていませんでした)

胸部と腕の外側(特に肘)にアトピーのブツブツがたくさんできました。

赤ちゃんの時にアトピーだった頃には、耳の付け根のところや肘や膝の内側に左右対称にアトピーが出ていましたが、今は外側です。

そして、皮膚が象の肌のように固くなる。

赤ちゃんの時は皮膚が固くなるということはありませんでした。

GW終わりに、夜ご飯に生ハムメロンを食べたら、その日の晩は寝ながらかきまくっていました。

冷えとりおはなし会で、柳沢さんから、アトピーに一番いけないのは糖分と聞いておりましたが、夜のフルーツはやはり良くなかったようです。

また、若杉友子さんの著書「若杉ばあちゃんのアトピー・アレルギーの話」の中にも、”甘いものや果物を食べる子はじゅくじゅくした湿疹が出る”とありました。

メロンを食べたら、本当にその通りになったわけです。

体は本当に正直です。

食べたものが体を作りますし、毒を入れればすぐに排出しようとします。

まだまだアトピーのおはなしは続きます。

 

 

冷えとり 子供のアトピー10 脱ステロイドへの道⑦6か月目/今日のポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

食べたい、でも食べたらダメと思っていると心の毒がたまります。

心の毒は、実際に身体から取り入れる毒の5000倍!

だったら、取ってしまったほうがいい。

冷えとりもあまりガチガチにやるのは良くないのです。

食べる時は、食べ物に感謝していただきましょうね。

冷えとりは無理強いしない。

自ずと自分からやりたくなった時にやるのが大切。

以前は私も家族にやらせたくて、無理強いしようとしていました。

それでいつもけんかをしていました。

人は自分の信じたいものしか信じないのです。

冷えとりを家族にやってもらいたい場合、まずは自分が楽しそうにすること。

その様子を見ていると、家族も自分もやってみようかなと思うようですよ。

 

 

スポンサーリンク



スポンサーリンク



-アトピー
-,

執筆者:


  1. […] (*これまでのお話は、「冷えとり 子供のアトピー1 アレルギー 2アレルギーマーチ 3冷えとりor薬? 4脱ステロイドへの道① 5脱ステロイドへの道②1ヶ月目 6脱ステロイドへの道③2ヶ月目 7脱ステロイドへの道④3ヶ月目 8脱ステロイドへの道⑤4ヶ月目 9脱ステロイドへの道⑥5ヶ月目 10脱ステロイドへの道⑦6ヶ月目 11脱ステロイドへの道⑧7ヶ月目 12脱ステロイドへの道⑨8ヶ月目」をご覧くださいませ。) […]

  2. […] (*前回までのブログは、「冷えとり 子供のアトピー1アレルギー 2アレルギーマーチ 3 冷えとりor薬? 4脱ステロイドへの道① 5脱ステロイドへの道②1ヶ月目 6脱ステロイドへの道③2ヶ月目 7脱ステロイドへの道④3ヶ月目 8脱ステロイドへの道⑤4ヶ月目 8脱ステロイドへの道⑥4ヶ月目 9脱ステロイドへの道⑦5ヶ月目 10脱ステロイドへの道⑧6ヶ月目 11脱ステロイドへの道➇7ヶ月目 」をご覧くださいませ。) […]

関連記事

冷えとりっこの受験 9・小学6年生 過去問から傾向を知る

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。 冷えとりっこが受験するとどうなるかを備忘録としてつづっています。 ( …

冷えとりっこの受験 10・小学6年生 受験やめろと言う親 VS どうしても受験したい子供

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。 冷えとりっこが受験するとどうなるかを備忘録としてつづっています。 ( …

冷えとり 子供のアトピー19  脱ステロイドへの道⑯1年目と3ヶ月

こんにちは。 冷えとりコーディネーターの風茜です🍃 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。 子供のアトピーの脱ステロイドを始めて、季節が一巡しました。 10年ス …

子供がアトピーになった! 〜闘うアトピーvol4〜

アトピー性皮膚炎治療における光明    2015年4月21日、慶応大学病院医学部が、「皮膚の炎症を引き起こす原因を解明した」と発表しました。 これまでアトピーは、ぜん息や食物アレルギーを併発 …

冷えとり 子供のアトピー23 脱ステロイドへの道㉑ 1年目と7ヶ月

こんにちは。 冷えとり歴8年生の風茜です。 いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきありがとうございます。 しばらく、新規のブログを書くのをやめて、昔のブログをUPすることを続けていました。 冷 …

無料メルマガ

『冷えとり100の声  無料メールマガジン』

ご登録いただいた方に、【冷えとりのお悩み100の声】のカタログ目録をプレゼントいたします。


メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須





ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

72人の購読者に加わりましょう

風茜のプロフィール


風茜のプロフィール

冷えとりコーディネーター。
大学卒業後、美術館学芸員を経て、不況、夫の大病のため、転職を8回経験する。仕事のストレスから体が冷え切っていて、ようやく30代後半で妊娠するも、冷えのため切迫早産しそうになる。子供のアトピーをきっかけに冷えとり健康法を知り、靴下2枚ばきから始める。ずっと体が弱く、入院、手術を繰り返していたが、冷えとりで体質が改善されて、健康を取り戻した。現在冷えとり歴10年目。どんどん体の毒出しが起こり、体の冷えがとれて思う通りの幸せな毎日を送ることができるようになった。現在、靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。
冷えとり歴11年まであと2018年7月1日
あと36日です。