風茜の冷えとり本
冷えとりで起こる不思議なこと

冷えとりと心の毒出しをして、占い依存をやめたこと

SPONSORED LINK

風家族は家族全員が冷えとりをしていますが、ここに至るまでは、いろいろな摩擦を乗り越えてきました。

自分がいつでも正しく、自己主張の激しいケンカが絶えない家族でした。

というのも、冷えとりはとても素晴らしいものだと心酔してしまった私と、冷えとりというものが一般常識からかけ離れたもので、常識的に育った夫がなかなかそれを受け入れられなかったからです。

お互いの主義主張から起こるバトルについて、お話ししていきたいと思います。

私はかなりの占い依存者でした。占いでスケジュールを決めたり、仕事の前に神社祈願したりと、他人からみるとおかしいくらい目に見えない世界にハマっていました。占い依存だったときは、占いに振り回され、本末転倒な生活を送ってしまったこともありました。

そんな私が占い依存から抜け出すことができたのは、冷えとりのおかげだと思います。

今回は、冷えとりと心の毒から考える占い依存のことについてお話しします。

心が冷えていた時は占いに依存していた

小さい頃から私は目に見えない世界にとても関心があり、占いを結構信じていました。

特に依存の傾向が強かった時は、心のダメージが大きかった時のように、振り返ると思います。

  • 病気になった → 前世の行いが悪かったに違いない → 前世占いをする
  • 仕事がうまくいかない → 過去生をリーディングしてもらう
  • 毎日の指針 → 宿曜占星術の流れに従って、予定を調整していた

もうこうなると、ほとんどがんじがらめですね・・・

日が悪い日には、大切なミーティングさえ入れられませんでした(・・;)

そのため、仕事にも支障が起こることもありました。

冷えがとれてきた今、なぜそうなったのかを思い起こすと、何か悪いことが起こったら、全て占いのせいにすることができたからなのではないかと思います。

それは、つまり・・・

自分の頭で考えることを放棄していたからこそ、そうなってしまったのではないかと思います。

だって、物事がうまくいかなくなったら、この日は日が悪かったからだと占いのせいにすることができますから。

あくまで、自分のせいじゃないと思いたかったのですね。

占い依存は私の方が強かったので、占いに振り回されていると夫によく笑われたものでした。→ 占いは夫婦ともに好きだったのでバトルは起こりませんでした。

ただ、大きなお金を占いで使おうとすると、夫婦間でバトルが起きました。

夫は、無料の占いは好きでしたが、お金がかかる占いは無駄だと思っていたようです。

ある時期、家族旅行でさえも方角がいいところを選んでいたくらい、占い依存があったことは事実です。

占いに依存していたことで本当に運気が好転したのでしょうか?

冷えがとれてきて変わった占い依存

子供が生まれ、マンションを購入する時に風水師に見てもらったことがありました。

風水は、ダメなところがあれば改善できるのでガチガチにならなくて済むと思い、運気を好転させたいと考え、みてもらい、風水にしたがったインテリアコーディネートをしました。

でも、本当はこうしたいのに・・・

そう思うインテリア部分もかなり多かったことは事実です。

冷えとりをする前は、それでも運気を好転させたいから我慢して暮らしていました。

新しいマンションに越してから、子供のアトピーが発覚したり、いろいろな問題に遭遇しました。

なんだ、運気はちっとも好転しないじゃない・・・

そう思いました。

そう思ったのもありますが、このマンションに越してきて、子供のアトピーをきっかけに冷えとりを始めてきて、自分の頭で考えられるように私自身も変わりました。

風水にがんじがらめだったインテリアも、好きに変えていきました。

でも何も悪いことは起こりませんでした。

ただ平穏な毎日が過ぎていきました。

風水に縛られていたあのインテリアは一体なんだったんでしょうかね( ̄∇ ̄)

冷えがとれてきたからこその占い依存とサヨナラ

たまたま、占いを夫も強く信じる傾向があり、占いにはお金がかからなければ比較的好意的でしたので、占いでバトルが起こることはあまりなかったように思います。

冷えとり10年目の頃に、夫が仕事場の若い女子から石井ゆかりさんの占いがいいと聞いてきました。

石井ゆかりさんの占いはネットで無料で読むことができますが、読んでみたら、ポジティブ内容なので明るい気持ちになれます。

1年の占いも無料で読むことができたので、試しに1年通しで読んでみましたが、当たる部分と当たらない部分もありました。

(いいことが起こると書かれていたのに全く起こらなかったり・・・平凡な運勢の時にものすごくいいことが起こったり・・・)

それはそうですよね・・・。冷えとりのめんげんだって、一人一人生き方や生活習慣も違うのですから、全員に当てた占いがそうそう当たるわけもありません。

あんなに占いにハマっていた私も、石井ゆかりさんのポジティブな言葉や占いのおかげで、毎日の運勢が全く気にならなくなりました。

そんなある日、夫が石井ゆかりさんの3年占いが出たから、欲しかったら買ってあげるよと言われ、即座に、

「いらない。」

と言った自分に自分でも驚きました。

その時だけは、せっかく買ってあげるというのに!と夫と小さなケンカになりましたが、占い依存からは知らないうちに抜け出すことができるようになっていました。

自分でもかなり占いに依存していましたから、本当に驚きました。

冷えが取れてきて、心身ともに健康になったから、冷えとりで心の毒がかなり出てきたおかげだとも言えるのです。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

冷えとりをすると、心の毒がとれて、自分の頭で考え、人のせいにしなくなります。

占いや運勢に頼らなくても、自分で自分の未来を切り開くことができるようになります。

風茜(Kaze Akane)
この記事を書いている人

風 茜(Kaze akane)

 

冷えとりコーディネーター 冷えとり歴12年目。靴下8枚ばき、半身浴2時間、1年中湯たんぽをいれ、腹7分を心がけている。アラフィフを機に、冷えとりコーディネーターとして、冷えとりと人との間をつなぐ仕事をしたいと活動を決意。2015年6月より冷えとりブログを開始。冷えとりお得情報や、冷えとり家族の日常をお届けしています。

風茜の冷えとり本