インテリア衣食住のあれこれ

冷えとり衣食住 袖口の汚れは固形石鹸と歯ブラシで簡単にキレイに!

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

中学生になって制服を着るようになり、我が家の冷えとりっ子も、自然素材の服から化繊の制服を着ることが多くなりました。生まれてからあまり化繊の洋服を着たことがなかった冷えとりっ子も、学校指定の化繊のブラウスを着るようになり、袖口が黒ずむように…
どうやら鉛筆の汚れがついてしまうようです。

今日の記事は、制服のブラウスの袖口と襟汚れを簡単にキレイにする方法をお伝えします。

化繊の服は汚れが取れにくい

学校指定だから仕方がないのですが、校章入りのブラウスはほぼ毎日フル活動です。2枚持っていているのですが、4月から今日まで1日ごとにほぼ毎日着用しています。最初は白かったブラウスもうっすら黒ずんできました。

まずは漂白してみましたが、全く鉛筆の汚れは取れず、次によく汚れが落ちるというオキシクリーンを使ってみましたが、こちらも効果がありませんでした。

宏
袖口が汚いっ!クリーニングでシミ抜きしてもらったら? 

制服ブラウスをクリーニングに出すという発想がなかった私ですが、自分の力では取りきれないと観念し、クリーニングに出すことにしました。

下町のクリーニング屋さんは親切

クリーニング屋さんで袖口の汚れが取れるかどうか聞いてみました。

茜
袖口に鉛筆の汚れがついて、漂白しても取れないんですけれど、シミ抜きしたら取れますか?

クリーニング屋さん
クリーニング屋さん
う〜ん、この汚れは取れないと思うわ。どうしてもね〜、こういう、うっすらとした汚れって完全に取れないのよ〜。ブラウスクリーニングで500円、シミ抜きで1000円くらいかかっちゃうし、取れるという保証もないし、ブラウスいくらなの?しみ抜き代を考えたら、新しく買い直したほうがお得かもよ。

茜
ブラウスは2000円くらいです。どうしたものか…

クリーニング屋さん
クリーニング屋さん
じゃあ、落ちるかどうか保証はないけれど、固形石鹸を袖口につけて、歯ブラシでこすってみて。もしかしたら落ちるかも。クリーニングは勿体無いからやめときな!

さすが下町です!

クリーニングをやめて、帰宅しました。

固形石鹸と歯ブラシで汚れを落としてみました

家にブラウスを持ち帰り、クリーニング屋さんで言われた通りに、固形石鹸を袖口に塗りたくり、歯ブラシでこすってみました。

すると、なんということでしょう!

こちらはbeforeです。

 

どんなにやっても取れなかった汚れがこんなに原始的な方法で取れました!

みるみる汚れは落ちました。

茜
まあ、1500円浮いたわ!

ブラウスは長年の汚れで真っ白とはいきませんが、だいぶ汚れは取れました。

意外と原始的な方法で汚れは取れるものですね。

茜
鉛筆使うとき気をつけてね!袖まくって書くとか…

音
え〜!寒いしやだよ

冷えとりっ子は手首からも毒出しがあるので、もしかしたら袖口は普通のお子さんに比べて汚れやすいのかもしれません。

少しよくなりましたが、やはり化繊のものは半年が限界のようです。そう考えると進藤先生が冷えとりしていると化繊の服が着たくなくなるとおっしゃっているのはよくわかります。

音
天然素材は着れば着るほど味が出てくるものね

 

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

汚れはこするのが一番落ちます。←冷えとりの毒出しに似ている。

全体的な薄汚れはオキシクリーンが一番よく落ちました。

オキシクリーンはいろいろな場面で使えるので、あると便利です。

オキシクリーンは日本製よりも外国製の方がよく汚れが落ちました。