絹の下着

冷えとり 下着について

スポンサードリンク

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜です?

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきましてありがとうございます?

5bfd9beeaaf1868a16d586d759ad2b0d_s

最近、ようやく冬らしくなってきましたね。

冷えとりをやっておられる方は、下半身は厚く、上半身を薄くされていると思います。

極端なお話ですが、冬でも上は半袖でも大丈夫ということなのですが・・・・。(下の部分をたくさん履いて厚くすればのお話です)

私は、さすがに半袖は無理なので、長袖のトップスとパーカーです。(以前はモコモコのセーターを着込んだり、はんてんを着込んでいました? そして暖房つけまくり! 現在は、こたつか床暖房のみです)

冷えとり仲間の方にどのくらい下を履いているのかを聞いてみたところ、多い方で、靴下は20枚、スパッツは5〜6枚履いているとのことでした。

私は、靴下は昨年末から6枚だったのを8枚に増やしました。

スパッツは相変わらず、絹とウールの二つだけです。

靴下は、枚数を増やすと、減らすことができなくなるので、靴を新調するときに枚数を増やすことにしています。

というのは、普段私の足のサイズは24.5センチなのですが、靴下を6枚の頃には25.5センチの靴しか足が入りませんでした。

8枚にしたら、一足しか足が入る靴がなくなりました。

ですから、靴を新調するときにサイズアップして購入するようにしております。

もともと足が大きいので、なかなか気に入った靴を見つけるのが難しいのです?

おしゃれもして、素敵に冷えとりをしていきたいですから、ここはひとつ頑張りたいと思っております。

 

494b764b989dcfd727074641aa0abef7_s

 

さてさて、今日は下着についてのことをお話ししていきたいと思います。

以前、「冷えとり 友達になるとき」で知り合いました方から、質問がありました。

(*詳細は、「冷えとり 仲間になるとき3  」をご覧くださいませ。)

肌に直接触れる服は、天然素材のものに徐々にかえているのですが、
お聞きしたいことがありまして。
下着なのですが、どうされていますか?綿100%や絹のものだとすごく限られてきますよね。ほんとに気持ち悪く感じてきていて、ブラジャーとか(笑、全部替えたいのですが、どこで販売されているのでしょう?)
ネットには探したのですが、実店舗ってないんでしょうか。

 

実は、下着につきましては、私も冷えとりを始めた頃は悩みの種でした。

それでは、どうぞお付き合いくださいませ。

下着について

 

冷えとりをやっていると、だんだん化繊の素材を身につけることが嫌になってきて、下着に困るというケースが出てきます。

私もそうでした。

もともとブラなどは寄せて上げるものは窮屈で苦しくて嫌だったのですが、外見的にラインを美しく見せるために、致し方がなく着用しておりました。

冷えとりをやっていない時は、窮屈さにも慣れてしまって気にならなかったのですが、冷えとりを始めて冷えが取れてくると、痒みが出てきました。

(痒みはかいて、傷口を広げ、そこから毒を出すということも言われています。一時的にひどくはなりますが、それを過ぎると綺麗な肌になるということなのです。私も冷えとりの初期の頃に足首が猛烈に痒くなって、かきまくり、血まみれになって、ああ”〜どうしよう?と思っていましたが、酷い状態を脱したら、綺麗な皮膚に戻った経験がありました。)

乳首のあたりが痒いのです。

でも、まさか、乳首をかきむしり、血まみれにさせるわけには・・・・、どうしよう???

痒みは、冷えとりのめんげんに起こる現象のひとつということですので、今では静観していられますが、わからないときにはかなり焦りました。

何か変な病気ではないのか?

もともと私は乳腺が張りやすく、生理前には胸が張りまくります。

出産時のおっぱいが少し残っているということを婦人科の先生から聞きました。

(もう子供を産んでから10年も経っているのに未だにおっぱいが残っているというのも不思議な話です。確かに音はおっぱいを飲むよりも、哺乳瓶の方が楽に出てくるので、おっぱいはあまり飲まなかったので、絞って飲ませていたのです。最初にあまりに飲まなくて、自分で飲むようになるまでほっておいてという指導があり、それに従っていたら、栄養不良で黄疸が出てしまったので、怖くなり、それから絞ってでも飲ませるようにしてしまったのがいけなかったのかもしれませんが、全ては後の祭でした。)

なんとか、この痒みを止めるものはないものか・・・・。

そう考えてキャミソール型のブラ付きの下着を着用するようにしました。ブラがきつくてイヤだったので、市販の下着を購入していましたが、化繊混合でした。

それでも痒みは止まりませんし、乳首のあたりの布が汁のようなもので黒く染まります。(おそらくおっぱいがそこから少しづつ出ていて、布を染めて色を濃くしているのだと思いました)

思い余って、下着もシルクにしてみようとしました。

ネットで検索すると、健康絹物語・しらはたさん841さんでシルクの下着が見つかり、購入してみました。

IMG_0889しらはたさんで購入したもの。かわいいデザインのものがあります。以前水玉のものもありましたが、もう廃盤で残念です。

 

こちらはブラタイプのものですが、そんなにきつくなく着用できました。

サイズは漠然とM、Lというくくりですので、ぴったりとは合いません。サイズを合わせたい場合は、今日のポイントの1をご参照くださいね!

シルクの下着に変えてから、相変わらず汁のようなものは少しづつ出てくるのですが、痒みはだいぶ治まりました。

すると、今度はシルクの生地がない部分(お腹の部分)が寒くて仕方がなくなってきました。

もともとブラ着用後にコットンのタンクトップを着ていました。

「これが一体化しているものにすれば、ぴったりと体にフィットして温かいかも!」

そう思い、次に購入したのは、ブラキャミでした。

 

IMG_0887こちらは841さんで購入したものですが、きつすぎず私にはちょうどいいです。色の展開もたくさんあります。

私のような小さい胸の人にはブラキャミは最適です。

大きい胸の人はしっかりとは固定できませんので、胸の肉が流れる感じがして嫌だという方もおられるかもしれません。

これは人によって感覚がそれぞれですので、自分に合うものを探していくのがよろしいかと思います。

私はとにかく締め付けがとても不快なので、つけているかわからないという状態が一番ベストなので、こちらのブラキャミはとても気に入りました。

シルクの洗濯は難しいんじゃないの?と思われる方もいますが、私も最初は「別洗いか・・・面倒だなあ」と思っていましたが、今では洗濯機にネットに入れて他のものと一緒に洗ってしまっています。

シルクの風合いは落ちますが、効果は変わらないので、面倒よりも楽で長く続けられる方を選びました。

もちろん、別洗いで手洗いをすれば、なおいいとは、思います。

ただ、毒が出ていて、洗濯機で風合いが落ちる頃には、シルクが破れて使い物にならなくなってしまうということを何回も経験して、「どうせ破れるなら、最初から洗濯機で洗っちゃおう!」と思うようになりました。

IMG_0888

私は下着は上下色が揃っているのが好きですが、痒みがなければパンティだけシルクでも全然よろしいかと思います。

パンティをシルクに変えたら、劇的に生理の具合が良くなったという冷えとり仲間がいました。

おりものシートが販売されるほど、おりものに悩まれている方も多いですが、シルクのパンティにするとおりものの量も劇的に減ってきたように思います。(コットンの下着の股にあたる部分にシルクの布を当てている方もいるそうですよ)

べっとり、ねっとりというおりものが、おりものが出ていると感じられないくらいの量になったという冷えとり仲間もいました。

おりものも量が多く出るときは、食べ過ぎているということを聞きました。

婦人科系の疾患があるときは、腎臓が悪いということが多いようです。

腎臓が悪いと、男性は前立腺、女性は子宮に毒の肩代わりをさせます)

IMG_0523五臓の相関図

 

腎臓は肝臓の親に当たりますから、子である肝臓の毒を引き受けます

飲み過ぎで肝臓を酷使していると、親である腎臓がその毒を肩代わりして受け、腎臓が機能しなくなると体の毒が排出できなくなるので、その毒を同じくくりの膀胱に当たる前立腺や子宮が肩代わりします

基本的に臓がつくもの(心臓、肺臓、腎臓、脾臓・膵臓、肝臓)が失われると、人は死んでしまうので、それぞれ同じくくりに臓がつかない臓器がありますので、そこに毒の肩代わりをさせて毒を出すのです。

私もおりものがひどい時を思い出してみると、毎夜お酒を飲んでいたことを思い出しました。(肝臓酷使?)

お酒(アルコール)は体を冷やしますので、飲まないに越したことはありません。

実験的に、お酒を飲まないことをしてみたことがありましたが、この時は嘘のようにおりものを感じることがありませんでした。

やはり本当なのですね〜。

ですが、私はワイン一杯でも飲みたい派なので、毎晩はお酒を飲むのはやめましたが、週末やお酒に合う料理の日には我慢せずにお酒をいただくことにしています。

それが私にとって心の毒をためないことだからです。

何事もやりすぎは良くありませんから!

 

3a527b968e9f6b81d7cdda3141cef5f2_s

 

いかがでしたでしょうか?

痒み、痛みが起こると、焦ってしまうことも多いかもしれません。

でも、そういう症状が出ているのであれば、毒がたまらず出ていると考えてありがたいと思えるのではないでしょうか?

なかなかこのような心境になるのは難しいかもしれません。

私もいまだに焦る時もたくさんあります・・・・?

でも、それを乗り越えて楽しく冷えとりをやっていきたいと思っております。

これで下着のお話はおしまいです。

 

 

冷えとり・下着/今日のポイント

e0069a59a4d6a9062c465775fac2ba17_s

1 

下着を全部取り替えてしまうことは、なかなか難しいと思います。

そんな時は、毒が出て破れて使えなくなった靴下を活用しましょう。

小さく正方形に切って、かゆい部分に当てると効果的です。

安上がりですし、破れた靴下の使える部分も再利用できますので、ぜひお試しくださいませ。

2 

下着を買うときには、試着しないと・・・・。

そう思われる方は、コットンでしたら、無印良品でブラキャミがあります。(ユニクロにもありました)

また、デパートなどの下着売り場にも、オーガニックコットンの取り扱いのあるところがありますので、

試着してお買い求めになることをおすすめします。

 

皆様からのご意見、ご感想をお待ちしています。





お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

性別(必須)
 男性女性

年代(必須)
20代30代40代50代60代70代子供

冷えとりのお悩み(必須)
からだのめんげんこころのめんげん冷えとりのやり方冷えとり茶話会

冷えとりのお悩み&感想など