肩、腕、手

【冷えとりとめんげん】いぼのできる場所でわかる悪いところ

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(@kazeakane)です!

コロナ禍でおうちタイムが増えて、お腹も減らないので、冷えとり家族はいい具合に食べ過ぎになることもなくなりました。

気がつくと、娘ちゃんのひじのところに大きなイボができていました。

アトピーの娘は、小さい頃から、ひじの部分にアトピーの症状が出ることも多く、よくかいていました。

もしかしたらばい菌が入ったのかもしれません。
いぼはめんげんなのでしょうか?

今日の記事は、いぼのめんげんについて考えてみたいと思います。

いぼ、ほくろも内臓の毒出し

冷えとり提唱者の進藤義晴先生によれば、

いぼ、ほくろ、吹き出物などは全て内臓に関係しています。特に「冷えとり」をしますと、下痢、湿疹、頭痛など、すぐ毒出しと分かる症状から、いぼ、ほくろなど見過ごしやすい症状まで、大小さまざまな形で毒が出てきます。もちろん、症状について心配はいらないのですが、逆の見方を変えると、症状の出る場所や出方で、体(内臓)の悪いところが分かってきます。           『医者知らず「冷えとり」で完全健康人生』

とあります。

たぶん、このことを知らなければ、びっくりして、すぐに除去しなければと思ったかもしれませんが、以前参加した冷えとりお話会で冷えとり歴30年の柳沢さんからも同じようなことを聞いていたので大きく構えていられました。

冷えとりおはなし会@繭結「冷えとりの色といぼ、胃は3日、小腸は1日、皮膚は28日、身体は3年」5-2冷えとりおはなし会は、冷えが取れてくると起こってくるめんげんや、自分の不調の原因、冷えとりの正しいやり方などを、たくさんの方と共有することが目的とされている会です。目からウロコなことばかり・・・。私もこの会に来て、シルクパウダーの存在を知りました!お悩みのシェアです。...

いぼは、毒出しで、その部分に出ているところに関係のある臓器を治せば、ぽろりととれてしまうとのこと。

子供の場合、ひじに出ているいぼのめんげんは、食べ過ぎの毒。

だいぶ食べなくなったからこそ、今までの毒が出始めてきたのかもしれません。

いぼができたときは、あまり凹凸がありませんでしたが、気になっていじるので、ぷくっと膨れてしまいました。

いぼ

途中、血が出たりして、現在は乾燥しつつあり、もうすぐとれそうです。

音
このいぼがでてきたときは、最初は、にきびみたいに小さかったけれど、気になっていじっているうちにおおきくなってきた。
ちょうど、去年の夏に腕や手首のアトピーがよくなってきたころに、でてきたかも。

いぼってなに?

そもそもいぼってどうできるんでしょうか?

学術的には、

いぼとは、難治性ウイルス性疣贅
ウイルス性疣贅はヒトパピローマウイルスの感染症.人に感染する代表的なDNA腫瘍ウィルスでその型は300もある

と言われています。

また、いぼは、

子供にできやすく、小児から10代に多く手足によくできる

24~28週(約半年)で24%が自然治癒しますが、なかなか治らないことも多いとのこと。

自然に治ることも多いのですが、その治癒は、いぼの持ち主の免疫力にもよるのです。

いぼのできる場所

いぼは、いろいろなところにできますが、主にできるのは、手の指や足、首などです。

そして、いぼのできる場所によって、内臓のどこが悪いのかもわかるのです。

いぼのできる場所

イボとり地蔵もあるくらい、昔から、人は、いぼに悩まされてきました。

老人性のいぼは、首にできている人を多くみかけます。

意外にもあの、イボ痔もいぼ。

いぼのできる場所によって、大元のどの内臓が悪いのかをよく見つめ直すことが必要です。

いぼの出てくる場所がその臓器の毒出しの場所なので、その大元が治ると、いぼもぽろっととれてしまうのかもしれません。

音
最近食べ過ぎてないのにな

宏
ようやく毒が出せるようになったんだよ

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

冷えとりでは、いぼは内臓のめんげんのひとつです。大元の内臓の具合がよくなれば、自然ととれてしまうこともあります。

いぼは、いぼの持ち主の免疫力を高めると、早く回復する場合がありますが、気になる人は皮膚科でみてもらって、安心すると心の毒がとれますよ。

風茜の提供するサービス
冷えとり100の声
風茜の本