冷えとりと食

下痢をすると分かっているのに辛いものが食べたい理由:冷えとりからみる体の声と病気

SPONSORED LINK

こんにちは。
冷えとりコーディネーターの風茜(instagram kazeakane)です。

辛いものを食べると汗をたくさんかいたり、胃が痛くなったり、下痢をすることがあります。辛いものって体には良くないのでしょうか?
辛いものがどうしても食べたい!下痢をすると分かっているのにやめられない理由とは?
今日の記事は、辛いものが食べたい時に体の中でどのようなことが起こっているのかについて冷えとり的視点から考えてみたいと思います。

辛いものが好きな人は味覚が鈍っている

動物は辛いものは死をイメージするので絶対に食べません。それなのに、同じ動物の人は、なぜ辛いものを食べるのでしょうか?

辛いものとは、からしやコショウなどの香辛料です。辛いものを好む人は、香辛料の刺激を優先させた食事を求めていることが多いのです。
しかしながら、香辛料の強い食事はどんどん満足できなくなっていくので、エスカレートしていきます。まずは味覚を取り戻すことが先決です。
もちろん、食べ過ぎでなければカレーを食べたり、キムチを食べるのは悪いことではありません。

茜
何事も行き過ぎはNG

辛いものを食べ過ぎて夫は痔になった

夫は2回痔の手術をしています。これは原因がきちんとあります。夫はアルコールとキムチが大好きで寝る前によく食べていました。

宏
もともと便秘気味で、キムチを食べると排便があったんだよね〜。キムチを食べると排便があるって思って…

茜
キムチには乳酸菌があるからね。だったらお漬物にすればよかったのに。

宏
あのからさがたまらない!←エスカレートの元です。

音
私も小さい頃には食べられなかったけれど、今は少し食べれるようになった。たくさんは無理。

夫は便秘を治すために、辛いキムチをたくさん食べていたのです。もともと九州の人なので、辛子明太子文化があり、辛いものには慣れた環境にいたというのも大きな原因でした。

便を出したい→キムチを食べる→便が出なくなりキムチの量をアップ→下痢→痔主になる→便が出ない→便を出したい→キムチを食べる…のループへ

を繰り返し、痔が出血して手術となりました。

茜
痔の方は刺激物はご法度ですよ。

宏
便秘にいいと思って食べていたのに!逆効果だったとは!

それでも辛いものを食べてしまったら、牛乳かラッシーで

というわけで、夫はできるだけ辛いものをとってはいけない体になってしまったのですが、一度辛いものに慣れてしまった味覚を取り戻すことはそう簡単ではありませんでした。
それでも少しづつ正常な量に戻していくことにやったことは、辛いものをとったら、牛乳を飲むようにしました。ヨーグルトの時もありました。

宏
インドカレーの後にラッシーが出てくるから乳製品がいいと思って。

すると、辛いものの量を減らすことに成功できたのです。

冷えとりでは辛いものは肺や大腸を悪くする


冷えとりでは辛いものが好きな人は肺や大腸が悪く、肺や大腸が悪い人は辛いものが好きという傾向があります。

下痢

辛いものを食べると、汗をかいたり、下痢をしします。冷えとりでは汗は体の表面の毒を、胃は体の中に入る前の毒を、下痢は体の奥の毒を出すということで、奨励されていますが、辛いものを食べるたびに下痢をするようでしたら、それは控えた方が良いということになります。

喘息や痔

辛いものが好きな人は辛いものの食べ過ぎで、体の粘膜を傷めている場合があります。香辛料が粘膜を傷つけるからなのです。

辛いものは体にとっての毒なので、早く排出しようと体は働きます。そのため、排出を司る臓器(大腸、肺)は辛いものの刺激を受け続けると、より働かなければならなくなり、病気になる場合があります。特にカプサイシンは気管支を収縮させるので喘息や咳がひどくなるので、気をつけなければなりません。

宏
だから痔になったのか!

消化器が悪い人は欲が深い人が多い

冷えとりでは、消化器が悪い人は強欲と言われています。

【冷えとりとめんげん】心の毒④「強欲」と肺&大腸&肌こんにちは。 冷えとり コーディネーターの風茜です? いつもたくさんのブログの中よりご訪問いただきまして、誠にありがとうございます。...

強欲というのは出すのを拒む傾向があります。そのような人は、排出する臓器さえも強欲なので、吸った空気、食べていらなくなった不要物さえも出すのを嫌がるのです。

辛いものが無性に食べたい時には、消化器が悪いことが多いのですが、心の観点からは自分が強欲になっていないか見直す必要もあるのです。

茜
私は強欲だからまさにこれだわ

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

たまに食べる辛いものはオーケーですが、辛い物好きは味覚が鈍っていることがありますので、気をつけましょう。

辛いものが好きな人は消化器が悪く、消化器は悪い人は辛いものが好き。

大腸、痔、胃、咳、喘息などの症状があるときは、辛いものをとりすぎていないか食生活を見直してみましょう。

こちらの記事もどうぞご覧くださいませ。

甘いものがやめられない、食べたくなる理由:冷えとりから知る体の声と病気女子なら誰でも大好きなスィーツ。食べている時はとても幸せです。ところが甘いものは、体を冷やすことはご存知ですよね! シュガーカットなら大丈夫。和菓子はカロリーが低いし、フルーツはお菓子じゃないから大丈夫。 な〜んて、思っていませんか? 実は、こういうものも甘いものに変わりはないのです。 今日の記事は、甘いものがどうして食べたくなるのかについて、冷えとりから知る味覚と病気について探っていきます。 私はこうして甘いものを減らすことに成功しました!...
塩分控えめな食事が大切な理由:冷えとりからみる体の声と病気スーパーやCMでよく見かける“塩分控えめ”食品。味付けが濃いのが好きな方も多いですが、実は塩分の摂りすぎは、高血圧、腎臓疾患、不整脈など様々な病気を引き起こします。 お料理を食べる前に信じられないくらいソースや醤油をかけてしまう人! 減塩だから大丈夫と思っていませんか? 実は減塩食品だからといって、かけすぎるのも良くないのです。だって、減塩だって塩が入っていることに変わりはありませんから! 今日の記事は、塩分を欲しているときにどのような状態になっているのかを冷えとり的視点から考えてみたいと思います。...
酸っぱいものが欲しいときは疲労のサイン!冷えとりからみる体の声と病気妊娠すると酸っぱいものが欲しくなります。 疲れている時にはビタミンCがいいよ〜とみかんを食べたりしませんか? 自然界では、動物は酸っぱいものを食べません。 なぜならば、動物は、酸味=腐ったものと本能的に知っているからです。 では、なぜ私たちは疲れているときに酸味を欲するのでしょうか? 疲れている時に酸っぱいものを摂ったほうがいいのでしょうか? 今日の記事は、酸っぱいものを欲するときの体の声について、冷えとり的に考えてみたいと思います。...
苦味は心臓と関係している!コーヒーを無性に飲みたい時は?冷えとりからみる体の声と病気人間には苦いコーヒーをおいしくいただく味覚がありますが、苦味は子供も動物も避ける味覚です。本来ならば、生きている私たちにとって危険な味ではないでしょうか? 大人になると苦味が好きになるのは一体どういうわけでしょう? 実は食後に必ずコーヒーを飲みたくなるのは、消化を助けるためでした。冷えとり的にみても、苦味を欲するのにはちゃんとした理由があったのです。 今日の記事は、苦味が好きな場合、冷えとり的な体の声はどういうものなのかについて考えるものです。...

辛いものを食べた後には牛乳やヨーグルトも良いですが、もっと体調が悪いときはこちらの
乳酸菌が良いです。うちの子はひどい喘息の症状がありましたが、これでずいぶん改善されました。アトピーにも効果がありました。

風茜の提供するサービス