アトピー

冷えとり子供のアトピー39脱ステロイドへの道㊲3年1ヶ月 〜新生活とアトピー

SPONSORED LINK

こんにちは。

冷えとりコーディネーターの風茜( @kazeakane1)です!

いつもたくさんのブログの中より、ご訪問いただきまして誠にありがとうございます。

二学期が始まりました。

秋になって、空気が乾燥するにつれて、アトピーの肌がむけはじめました。

すると、その下から綺麗な肌が!

めんげんの目安は3年といわれていますが、やはりそうなの?

さて、我が家の冷えとりっこの様子をみていきましょう。

いよいよ脱ステロイド3年とひと月です。

どうぞご覧くださいませ。

冷えとりアトピー脱ステロイド3年とひと月目

いよいよ症状の改善の目安の3年目に入りました。

  • これから回復へむかっていくのか、
  • やはり薬を使用した時間と同じくらいの時間が回復にかかるのか

どちらなのかは神のみぞ知るです。

では3年とひと月目をみていきましょう。

脱ステロイド145週目

先週はかき氷を食べすぎました。

少しづつ秋に近づいてきて、この週は朝晩冷房をかけて眠らなくても大丈夫になるくらい涼しくなってきましたので、そろそろ冷えにご用心です。

肩のところにアトピーが出始めました。

ここは食べ過ぎると毒出しの症状が出る場所です。

体は正直ですよね!

脱ステロイド146週目

今週で夏休みも終わり。

この週は部活も学校の夏期講習も終わり、比較的のんびり過ごしました。

秋の毒出しに入って、皮膚の毒出しが始まり、かさかさと皮が剥けてきました。

この皮がむけると、あたらしいきれいな肌がでてくるので期待したいところです。

左が夏休み前です。右が現在です。

ずいぶんきれいになりました。これは期待したいです!

脱ステロイド147週目

暑かったので、この夏はア脱ステロイドイスや凍らせた麦茶をがぶ飲みして過ごすことが多かった子供。

秋の毒出しが始まって、少し咳がでるようになってきました。

この週は台風が来て、少し涼しくなったおかげで皮膚の状態がだいぶ落ち着いています。

ところが台風が去って、暑さが戻り、学校が始まって部活も始まるとまたもや体に小さなぶつぶつが出始めました。

さすが秋の毒出しです!

皮膚から毒が出始めました。

ところが今回のアトピーは、じくじくしたものではなく、小さなぶつぶつなのです。

これも秋の皮膚の毒出しの特徴なのかもしれません。

脱ステロイド148週目

学校が始まり、文化祭の準備や部活の発表会でほぼ朝から晩まで家にいない生活が始まりました。

すると、アトピーがまたでてきました。

とくにあごにぽつりとニキビが!

この週には、食欲の秋でたくさん食べていたせいかと思っていましたら、生理になりました。

そして生理とともに、すっと肌が落ち着きました。

こういうのを見ていると、体の神秘を感じます。

まだまだアトピーとのおつきあいは続きそうですが、確実に1年前よりはよくなっているという手応えは感じています。

(執筆者:冷えとりコーディネーター 風茜)

まとめ

  1. 子供の症状に一喜一憂しないことは、とても大切です。
    子供はお母さんのことをみていないようでも、しっかり見ています。
    お母さんがどんとかまえていれば、大変なことも大丈夫と思えるようになり、心の毒がたまらなくなります。
  2. 秋は皮膚の毒出しの季節なので、アトピーは秋の毒出しで一時的に悪化することもありますが、次の毒出しのシーズンには気がついたらよくなっていることもあるので、気にしないようにしましょう。

お母さんと子供のつながりにつきましては、こちらの本がとても参考になります。

冷えとりと子供とのつながりどんな人でも、親がいたからこそ、子供として、生まれてきたということは皆同じです。今、子供を持っていない方もいずれは子供がやってくるかもしれませんし、子供を得る機会がなかったとしても、その方も誰かの子供です。今回のブログは、親と子供の不思議なつながりを冷えとりから探っていきたいと思います。...
風茜の提供するサービス